【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎スペシャル」井上真央(車光子)「このドラマには、相手を思うことの大切さが込められています」

2020年12月3日 / 06:00

 最愛の妹さくらに見送られて葛飾・柴又を旅立った寅次郎(井上優吏)が1年ぶりに柴又に帰ってくるが…。昨年放送されたドラマ「少年寅次郎」のスペシャル版である「少年寅次郎スペシャル」が、12月4日と11日の午後10時からNHK総合で放送される。前回に続いて、寅次郎の育ての親・光子を演じた井上真央に今回の見どころや役柄について聞いた。

車光子役の井上真央

-1年ぶりの撮影の感想は?

 前回のドラマが終わったときに、本当にみんなが家族のように仲良くなって、この作品が大好きだったので、「また再会できたらいいね」なんて言っていました。それで「もし続きができたら、どんな感じの話になるんだろう」と。寅ちゃんが悪さをしようとすると、幽霊になった光子が出てきて「寅ちゃん!」って叱るという…。そんな浅い妄想をみんなでしたりしていました。その後、私の周りでも反響が大きくて、もしかしたら新たな形でやれるかもしれないということを耳にして、すごく楽しみにしていました。ただ、コロナで、どうなるのだろうというのがあったので、本当にやれるのかな、みんなと会えたらいいなと、そわそわしていました。少し状況が落ち着いて撮影が再開できることになり、岡田(惠和)さんの脚本が届いたときに、「なるほど。寅ちゃんが柴又に帰ってきて、私は回想という形で出るんだ」と。前後編の2回だけですけど、その続きが読みたくなるような脚本だったので、うれしかったです。最初のリハーサルのときに、皆さんホッとした感じでした。こういう大変な状況の中で“家族”に会えたことはすごく心強かったです。

-寅次郎を演じた子役たちと再会した印象は?

 「変わってないな」と思うことが多くてホッとしました。ただ、やっぱり会話をしていると、「あっ、ちょっと成長したな」というところもありました。大寅ちゃん(井上優吏)はすごく背も高くなって、大人に近づいているな、立派な子に成長しているな、という感じがしました。もともとシャイな子ですが、人見知り度が増していまして、今回も10回話し掛けて、やっと1回答えが返ってくるという感じで、「ちょっと、お母ちゃん寂しい」と思いました。ただ今回は、大寅ちゃんはお芝居的にもとても大変なシーンがあっただったので、彼なりに、前回よりも頑張らなくては、と思っている感じはしました。小寅ちゃん(藤原颯音)に関しては、ほとんど変わっていませんでしたが、若干口が達者になっていました。今回も彼の明るさに助けられました。「口が達者になったわ」と思ったのは、私がまだ私服を着ていたときに、「お母ちゃん、そんな恰好で来たの」と言うから、「何で、かわいいでしょ」と言ったら、「まあいいや。おいらお母ちゃんの顔しか見ていないから」って(笑)。そんなことを言うようになったのかと思いました。

-では“家族”と再会した気持ちは?

 今回は、車家の家族が全員そろう場面があまりありませんでした。特に私は回想という形なので、みんなと会話をする場面もなかったのですが、多くを語リ合わなくても、そこにいるだけでホッとする感じがしました。それはみんなも感じていたと思います。私は寅ちゃんと、おいちゃん(泉澤祐希)とおばちゃん(岸井ゆきの)はさくらちゃんとのシーンが多くて、お互いに「さくらちゃんどうだった。変わってなかった」とか、「今日、こんなことを言っていたんだよ」みたいな会話を結構していました。子どもの成長を見守るのを、みんなで共有し合っている感じでした。

-光子を演じる上で意識したことはありますか。

 前回も今回も、私の中で光子は結構難しい役です。もちろん、岡田さんとは何度も一緒にお仕事をしていますし、台本を読むと愛情も感じますが、自分の知らない時代ですし、3人の子どもを持った経験もないので、自分の中に共通するものがなかなか見付かりません。それなのに、光子のような、大きくて肝の据わったお母ちゃんを演じられるのだろうか、という不安が常にありました。前回は『男はつらいよ』の寅さん、渥美清さんが小さい頃のお話しで、その世界観を大事にしたいという思いがあったので、私もずっと映画を見ていましたし、ドラマを見た人が懐かしくなったり、映画を見返したくなるようになればいいなと思っていました。だから、ちょっとしたしぐさをまねしたり、取り入れたりもしました。今回は、どちらかと言えば、そういうものに自分がはまりに行こうとするのではなく、目の前にいる子どもに対して、自然に湧き上がる感情を大事にしたいと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top