【インタビュー】舞台「パタリロ!」最新作、加藤諒が語る“はまり役”パタリロへの思い「ずっと演じ続けられる役に出会えた」

2020年12月4日 / 08:00

 加藤諒が主演する、舞台「パタリロ!」~霧のロンドンエアポート~が、2021年1月21日から上演される。本作は、16年に初演、18年に第2弾「スターダスト計画」が上演され、19年には劇場版が上映された、人気シリーズの最新作。パタリロ以外のキャストを一新し、“シーズン2”として上演される。初演から主人公・パタリロを演じる加藤に、作品への思いや公演への意気込みを聞いた。

パタリロ役の加藤諒(ヘアメイク:伊熊美砂/スタイリスト:東正晃)

-まずは、またパタリロとして舞台に戻ってくることが決まったときの気持ちから聞かせてください。

 (渥美清が演じた)寅さんのように、ずっと演じ続けられる役に出会えたと思っていたので、今回、キャストが変わっても“シーズン2”として改めてスタートが切れることは、すごくうれしいです。正直にいうと、僕は初演のメンバーへの思い入れがすごく強いんです。僕が初めて主演をしたときに支えてくれたメンバーですので、彼らがいないことには不安もありましたが、新メンバーはみんな、フレッシュでかわいらしい子ばかりなので、このメンバーで「パタリロ!」を作れることを今は楽しみにしています。

-初演時から、パタリロは加藤さんのはまり役という声も大きかったと思いますが、加藤さん自身は、パタリロという役に出会ったときにどんなことを思いましたか。

 漫画をじっくりと読んだことがなかったので、僕の最初のパタリロのイメージは、(劇中でのパタリロの呼ばれ方である)「つぶれあんまん」だったんです。目が線で描かれている猫ちゃんのような姿だと思っていたので、僕で大丈夫なのかなと不安でした。でも、改めて原作を読んでみたら、目がキリッとした姿のパタリロが登場していたので、これならいけるんじゃないか、と。実際に、初演のビジュアルを解禁したときに、ファンの方からも「すごく似ている」というご意見を頂けたので安心しました。

 先日、ミーちゃん先生(原作者の魔夜峰央氏)から、パタリロが「つぶれあんまん」になったのは、重力に負けて押しつぶされたからだという話をお聞きしたんですよ。僕も初演から比べると肉付きが良くなっていますし、年齢を重ねてどんどん「つぶれあんまん」に近づいていくのかなと思うと、それも面白いことだと感じています。

-今回は、どんなところにポイントを置いて演じたいですか。

 新メンバーたちが若いということもあり、僕は貫禄を出していきたいと思っています。初演から5年がたち、「パタリロ!」の世界を築き上げてきた一員として、みんなを引っ張っていくというのが今回の目標です。

-初演から演出を担当している小林顕作さんの演出家としての印象は?

 2.5次元ミュージカル作品の稽古場には、原作がズラーっと並んでいて、それを見ながらシーンを作っていくことも多いのですが、顕作さんは現場では原作を読まないんです。原作に沿って作り上げるというよりは、原作を壊していったら、結果として原作に近いものができたという作り方をされるので、それがすてきだなと思います。それから、まさに「働き方改革」とでもいうように、17時には稽古が終わるので、ありがたいです(笑)。その代わり、途中に休憩はほとんど挟まずに、集中して稽古をするのですが、僕はそういったお稽古は顕作さんとしか経験したことがなかったので、印象的でした。

-加藤さんは、2.5次元作品が大好きだと公言していますが、自身が2.5次元作品に出演されるときにはどんなことを意識するのですか。それ以外の舞台と違うことはありますか。

 ベースは、あまり変えているつもりはないです。ただ、常に「自分らしさ」や「自分がやる意味」を考えながら演じています。2.5次元作品は、漫画やアニメといった原作があって、ある意味「正解」がある中で、その「正解」に向かって作り上げていくことができます。もちろん、作品によってはそうすることが大事な場合もあるのですが、僕は自分色を出して、その役の中にもちゃんと加藤諒が存在しているようにと考えて演じています。

-加藤さんが考える2.5次元作品の魅力は?

 自分が漫画やアニメで見ていたものが具現化されて、生身の人間が演じているということが2.5次元の魅力だと思います。今は、たくさんの作品が舞台化されているので、きっと、それぞれが慣れ親しんできた作品も舞台化されていると思います。ストレートプレーやグランドミュージカルを見に行くのは気が引けるという方も、知っている漫画やアニメの舞台ならば入っていきやすい。舞台を初めて見るきっかけにもなるのが2.5次元作品の魅力の一つなのかなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top