【インタビュー】映画『前田建設ファンタジー営業部』高杉真宙「脚本がとにかく面白かった」岸井ゆきの「みんなで小木さんの決めポーズを作りました」

2020年1月30日 / 15:13

 「ロボットアニメ『マジンガーZ』の格納庫を作る!」そんな荒唐無稽な話に真剣に取り組み、現在の技術で実現の可能性を検証し、見積もりまで出すというプロジェクトが存在した。実在の企業・前田建設が広報活動の一環として実施したWEB企画が話題を呼び、書籍化、舞台化を経て、ついに映画化へ。それが、1月31日(金)からロードショーとなる『前田建設ファンタジー営業部』だ。映画化に当たっては、個性豊かなキャストが集結し、仕事に懸ける会社員たちの情熱を笑いで包んだ見事なエンターテインメントに仕上がった。公開を前に、ファンタジー営業部の若手社員、ドイを演じる高杉真宙と、エモト役の岸井ゆきのが、撮影の舞台裏を語ってくれた。

岸井ゆきの(左)と高杉真宙

-最初に台本を読んだときに感じた作品の魅力をお聞かせください。

高杉 上田(誠/脚本家)さんの脚本が、とにかく面白かったです。しかも、濃いキャラクターばかりだったので、僕の演じるドイくんが、そういう周りの人たちにもまれて、どう変化していくのか見てみたい…と。

岸井 小木(博明)さんとは以前、「SICKS」(「SICKS ~みんながみんな、何かの病気~」15)というコントドラマでご一緒したことがあり、すごく楽しかったので、「今回もきっと楽しいことになる!」と思って。でも、台本を読んでみたら、小木さんのせりふがものすごく多い(笑)。「大丈夫かな…?」と、ちょっと心配にはなりましたが、「小木さんなら、全体の空気まで巻き込んでやってくれるはず!」と!

-物語は、小木さん演じるアサガワの発案でファンタジー営業部が誕生し、ドイもエモトも無理やり参加させられ、徐々に興味を示して…という展開です。それぞれの役についてはどんな印象を?

高杉 すごく微妙で難しいんですよね、ドイくんは。全体的に引き気味で、時々突っ込みはするけど、そこに入り込み過ぎることはない…という感じなので。だから本読みのとき、1回目は引いてみて、2回目は皆さんにつられて思い切り入り込んでみたら、どっちも「違う」と言われてしまって(笑)。そのちょうどいいバランスを見つける作業がすごく大変で、(英勉)監督と何度も話し合ったことを覚えています。

岸井 真宙くんは、最後の最後まで一歩引いていないといけない役だったので、大変でしたよね。私は早いうちに、みんなと一緒に積極的に取り組む方に回れたので、楽しかったです(笑)。興味がなくて引いているときと、興味を持った後でお芝居のメリハリもつけられましたし。

-劇中では、アサガワがリーダーとしてファンタジー営業部を引っ張っていきますが、現場も小木さんが引っ張っていく感じだったのでしょうか。

高杉 ドイくんは一歩引いたところから見ていて、最後に輪の中に入っていくようなキャラクターだったので、皆さんにすごく引っ張ってもらったと思います。小木さんはもちろん、上地(雄輔/ベッショ役)さんにも、本多(力/チカダ役)さんにも、岸井さんにも。皆さんのおかげで、最後に無理なくそのテンションに合わせて入っていくことができた気がします。

岸井 小木さんは「お芝居は、あまり経験がないから」と言って、分からないことをいろいろ質問してくれたんです。「ここどうしたらいいかな?」「振り向いてから言った方がいいかな?」みたいな感じで。役者だと、そういうふうに聞いてくる人はなかなかいないんですけど。だから、みんなで一緒に「小木さんの決めポーズ」みたいなものも作りました(笑)。コントで見ている小木さんと全然違っていたので、すごく面白かったです。

高杉 僕は普段、バラエティー番組に出ている方とご一緒する機会が少ないんですけど、小木さんと一緒にお芝居してみて、すごく不思議な感じがしました。小木さんは、休憩時間もずっとしゃべっていて、黙っていると「しゃべりたくないの?」と言われたり…。おかげで楽しかったし、得るものも大きかったですけど、手に入らないぐらい強烈な部分もたくさんあって(笑)。「これ、どう頑張っても、僕には手に入れられないよな」みたいな(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「母を逃がす」瀬戸康史&三吉彩花が挑む、内面をえぐる人間ドラマ「『自分らしく生きる』ということを思い出させてくれる作品」

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 松尾スズキが旗揚げした「大人計画」で1999年に上演した話題作を、ノゾエ征爾の演出で送る「母を逃がす」が5月7日から上演される。本作は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」を舞台に、集落の頭目代 … 続きを読む

【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」生駒里奈 コンプレックスを強みに変えてくれた一言とは

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 俳優・脚本家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。本作は、量子力学をテーマに壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーで、四次元世界と超能力を“イリュージ … 続きを読む

【独占ニュース】クリス・サンダース監督が『野性の呼び声』の魅力を語る 「観客はソーントンとバックの中に自分を見ることができると思う」

映画2020年2月27日

 19世紀末の米カリフォルニア。裕福な判事の屋敷で暮らしていた犬のバックは、男たちにさらわれ、ゴールドラッシュに沸く極寒の地ユーコンへと送られる。高値で売られたバックは、郵便配達員(オマール・シー)のそり犬となり、その後は、貪欲な男(ダン・ … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat “Adam”ツアーファイナル「全部ぶっ壊して帰ろうぜ」

音楽2020年2月27日

 2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILLINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したThe Brow Beat。1月10日のZepp DiverCity(TOKY … 続きを読む

【インタビュー】映画『初恋』小西桜子 窪田正孝ら豪華キャスト出演作のヒロインに大抜てき「皆さんのお名前を知ったときは、びっくりして腰を抜かしました(笑)」

映画2020年2月27日

 話題作を続々と手掛ける名手・三池崇史監督の下、豪華キャストが集結した痛快エンターテインメント『初恋』が2月28日から全国ロードショーとなる。本作で、やくざ同士の抗争に巻き込まれ、主人公・葛城レオ(窪田正孝)と共に逃避行を繰り広げるヒロイン … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top