【インタビュー】舞台「フリムンシスターズ」松尾スズキ「人を前にして笑わせたい、ということにこだわっているんだと改めて思いました」

2020年10月18日 / 06:00

-シアターコクーンの芸術監督に就任後、時間を置かずに新型コロナウイルスの影響を受けて、大変な状況だったかと思いますが、演劇や舞台への思いに変化はありましたか。

 人前でやることは特別なことだと改めて感じました。今夏に、WOWOWさんが手を貸してくださり「劇場の灯を消すな!」という番組を立ち上げて、人前に立たないエンターテインメントを作るということもやってみたのですが、やはり苦しいんです。もちろん、その番組は番組として成立したと思いますし、新たなエンターテインメントができたと自負もしていますが、でも、その番組を作ったからこそ、やっぱりお客さんが目の前にいてほしいという思いが強くなりました。自分は人を前にして笑わせたいということにこだわっているんだと、改めて思いました。

-芸術監督としての新たなビジョンは?

 僕個人の仕事としては、まだ何も中止にはなっていないんです。なので、就任会見時に話していたことと変わりはないです。海外に行くと、キャバレーみたいなところでもショーをやっていますが、渋谷のど真ん中でそういったショーが展開されたら面白いだろうなと思っているので、そんなショーをお見せできたらと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)

COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」

 COCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」は、10月24日~11月23日、都内・Bunkamuraシアターコクーンで上演。
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_furimun/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

-直明の姉・寅子役の伊藤沙莉さんの印象は?  気さくで親しみやすいすてきな方です。伊藤さんのお兄さん(お笑いコンビ”オズワルド“の伊藤俊介)が僕たちのグループ(BE:FIRST)を応援してくださっている話や、沙莉さんのファンの僕の母が舞台を … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ブルー きみは大丈夫』(6月14日公開)  母を亡くし心に深い傷を抱える少女ビー(ケイリー・フレミング)は、巨大な謎の生き物ブルー(声:スティーブ・カレル)と出会う。ブルーと彼の仲間たちは、想像力豊かな子どもたちによって生み出された“空想 … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

-最近はミュージシャンの伝記映画も数多く作られていますが、劇映画ではなくドキュメンタリーだからこそ見えてくるものがあるとも感じました。  おっしゃる通りです。最初は、プリンスの周りにいたコミュニティーの人たちにインタビューをしたいと思ってい … 続きを読む

Willfriends

page top