【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

2020年10月17日 / 06:43

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽茉梨(ひまり)と、エリート国家公務員の心(しん)が、徐々に心を開き、家族になっていく姿を描く“ほわキュン”ラブストーリーだ。家族に先立たれ、ひとりぼっちのニートになってしまった主人公・陽茉梨を久間田が、「結婚しない主義」を自称しながらも陽茉梨の夫となる心を瀬戸が演じる。夫婦役の2人に、演じた感想や、撮影現場の雰囲気、作品を通して感じた「結婚観の変化」などを聞いた。

夫婦役を演じる瀬戸利樹(左)と久間田琳加

-久間田さんは、本作が連ドラ初出演&初主演となりますが、オファーを受けたときの気持ちを聞かせてください。

久間田 お話を頂いたときは、すごくうれしかったです。ドラマの現場を経験したことがなかったので、不安もあったのですが、現場では瀬戸さんが盛り上げてくださったので、リラックスして撮影に臨むことができました。

-台本を読んだときの感想は?

久間田 キュンキュンが詰まっていて、本当に面白いなと思いました。こんなラブストーリーを演じるのは恥ずかしいなってドキドキしました。

瀬戸 結婚してからストーリーが始まる作品なのですが、2人がすごく初々しいので、付き合う前のドキドキ感や恋愛要素が多く詰まっていて、演じるのが楽しみになりました。

-それぞれ、役を演じる上で意識したことは?

久間田 陽茉梨はニートなのですが、心さんと結婚して、一つ屋根の下で暮らしていく過程を積み重ねていって、昔の明るい陽茉梨に戻っていくので、そういう変化に気を付けて演じました。

瀬戸 僕は国家公務員の役だったので、厚生労働省の仕事について調べたり、いろんな発見をしながらキャラクターを作りました。初々しさはこの作品の肝だと思っていたので、仕事のときはパキッと、陽茉梨といるときは、むずむずするような二面性を出せるように心掛けました。

-演じた役柄で、自分と似ているなと感じる部分はありますか。

久間田 好奇心が旺盛なところです。陽茉梨は結婚をきっかけに、食べ物や、いろんなことに興味を持っていくのですが、私も、まだ経験していないことがたくさんあって、いろんなことを知ったり、経験してみたいと思っているので、そういう部分は演じる上でも重なりました。

瀬戸 僕はあまり人に興味がないというか、干渉しないところが似ているなと思いました。心は高スペックですてきな男性なので、それ以外は、僕とは似ても似つかなかったです(笑)。

-お二人は初共演ですが、お互いの印象は?

久間田 瀬戸さんは、最初にお会いしたときはクールな印象があったのですが、ふとした言葉が面白くて、ムードメーカー的な存在です。現場では引っ張ってくれて頼りにできる先輩でした。

瀬戸 僕も、最初は久間田さんはクールな方なのかなと思いましたが、撮影を通して仲良くなると、僕の物まねをしてくれたり、すごくおちゃめな方だなという印象に変わりました。

-久間田さん自身は、心のような男性についてどう思いますか。また、瀬戸さんは、陽茉梨みたいな女性をどう思いますか?

久間田 心さんはすごくすてきな男性で、本当に全女子がメロメロになっちゃうんじゃないかなと思います。優しい王子様ですね。

瀬戸 陽茉梨ちゃんは、これほど守ってあげたくなる女性はなかなかいないんじゃないかなって思いました。すごく魅力的だなと思います。

-共演者との間で、印象に残っているエピソードは?

瀬戸 僕はゴールデンボンバーの喜矢武豊さんとゲームの話で盛り上がりました。2人ともゲームが大好きなので、お会いした初日に連絡先を交換して、一緒にゲームをするぐらい仲良くなりました。

久間田 喜矢武さんはめちゃくちゃボケるんですよね(笑)。それに瀬戸さんも乗っかって、面白くて楽しい人たちが集まっている現場でした。

-本作のテーマでもある、癒やしの胸キュン、“ほわキュン”の世界観を表現するために、こだわったところは?

瀬戸 ハグをしたり手をつなぐシーンはこだわりました。腕枕をするシーンでは、どうも僕の腕枕がぎこちなかったようで(笑)、劇中ではしっかりとした腕枕ができるように、見せ方なども指導していただきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top