【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

2020年10月17日 / 06:43

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽茉梨(ひまり)と、エリート国家公務員の心(しん)が、徐々に心を開き、家族になっていく姿を描く“ほわキュン”ラブストーリーだ。家族に先立たれ、ひとりぼっちのニートになってしまった主人公・陽茉梨を久間田が、「結婚しない主義」を自称しながらも陽茉梨の夫となる心を瀬戸が演じる。夫婦役の2人に、演じた感想や、撮影現場の雰囲気、作品を通して感じた「結婚観の変化」などを聞いた。

夫婦役を演じる瀬戸利樹(左)と久間田琳加

-久間田さんは、本作が連ドラ初出演&初主演となりますが、オファーを受けたときの気持ちを聞かせてください。

久間田 お話を頂いたときは、すごくうれしかったです。ドラマの現場を経験したことがなかったので、不安もあったのですが、現場では瀬戸さんが盛り上げてくださったので、リラックスして撮影に臨むことができました。

-台本を読んだときの感想は?

久間田 キュンキュンが詰まっていて、本当に面白いなと思いました。こんなラブストーリーを演じるのは恥ずかしいなってドキドキしました。

瀬戸 結婚してからストーリーが始まる作品なのですが、2人がすごく初々しいので、付き合う前のドキドキ感や恋愛要素が多く詰まっていて、演じるのが楽しみになりました。

-それぞれ、役を演じる上で意識したことは?

久間田 陽茉梨はニートなのですが、心さんと結婚して、一つ屋根の下で暮らしていく過程を積み重ねていって、昔の明るい陽茉梨に戻っていくので、そういう変化に気を付けて演じました。

瀬戸 僕は国家公務員の役だったので、厚生労働省の仕事について調べたり、いろんな発見をしながらキャラクターを作りました。初々しさはこの作品の肝だと思っていたので、仕事のときはパキッと、陽茉梨といるときは、むずむずするような二面性を出せるように心掛けました。

-演じた役柄で、自分と似ているなと感じる部分はありますか。

久間田 好奇心が旺盛なところです。陽茉梨は結婚をきっかけに、食べ物や、いろんなことに興味を持っていくのですが、私も、まだ経験していないことがたくさんあって、いろんなことを知ったり、経験してみたいと思っているので、そういう部分は演じる上でも重なりました。

瀬戸 僕はあまり人に興味がないというか、干渉しないところが似ているなと思いました。心は高スペックですてきな男性なので、それ以外は、僕とは似ても似つかなかったです(笑)。

-お二人は初共演ですが、お互いの印象は?

久間田 瀬戸さんは、最初にお会いしたときはクールな印象があったのですが、ふとした言葉が面白くて、ムードメーカー的な存在です。現場では引っ張ってくれて頼りにできる先輩でした。

瀬戸 僕も、最初は久間田さんはクールな方なのかなと思いましたが、撮影を通して仲良くなると、僕の物まねをしてくれたり、すごくおちゃめな方だなという印象に変わりました。

-久間田さん自身は、心のような男性についてどう思いますか。また、瀬戸さんは、陽茉梨みたいな女性をどう思いますか?

久間田 心さんはすごくすてきな男性で、本当に全女子がメロメロになっちゃうんじゃないかなと思います。優しい王子様ですね。

瀬戸 陽茉梨ちゃんは、これほど守ってあげたくなる女性はなかなかいないんじゃないかなって思いました。すごく魅力的だなと思います。

-共演者との間で、印象に残っているエピソードは?

瀬戸 僕はゴールデンボンバーの喜矢武豊さんとゲームの話で盛り上がりました。2人ともゲームが大好きなので、お会いした初日に連絡先を交換して、一緒にゲームをするぐらい仲良くなりました。

久間田 喜矢武さんはめちゃくちゃボケるんですよね(笑)。それに瀬戸さんも乗っかって、面白くて楽しい人たちが集まっている現場でした。

-本作のテーマでもある、癒やしの胸キュン、“ほわキュン”の世界観を表現するために、こだわったところは?

瀬戸 ハグをしたり手をつなぐシーンはこだわりました。腕枕をするシーンでは、どうも僕の腕枕がぎこちなかったようで(笑)、劇中ではしっかりとした腕枕ができるように、見せ方なども指導していただきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

【映画コラム】ストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー『彼女は夢で踊る』

映画2020年10月24日

 新型コロナウイルスの影響で、東京での上映が延期されていた、広島発の映画『彼女は夢で踊る』が10月23日から公開された。  広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

舞台・ミュージカル2020年10月23日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口 … 続きを読む

page top