【インタビュー】映画『AI崩壊』大沢たかお 休業中に俳優をやめる覚悟…覆したのは“スリル”の再燃

2020年1月30日 / 18:21

 2019年に公開された大人気漫画の実写映画『キングダム』で将軍・王騎役を演じるに当たり、体重を15キロも増やす肉体改造など、徹底した役作りで話題を集めた大沢たかお。ミドル世代の人気俳優として仕事は引きも切らず、数々の作品に携わっている印象だが、実は2016年から約2年間にわたって俳優活動を休業しており、芸能界に復帰する気持ちも薄れていたのだとか。その気持ちを覆したのは…“スリル”だ。

大沢たかお

 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に出演後、人知れず2年間も俳優活動を休んでいた大沢。当時を思い返し、「極端に言うと、戻ってくる気はありませんでした。自分の中に明快なものがない限り、作品作りに携わっても、いい結果が出ないと思っていました」と吐露する。

 芸能界デビューはモデルで、芝居の世界に飛び込んだのは26歳の頃。「ものすごいスリリングなことを求めていて、作品を一本やったらやめる気持ちでいました。実際、なんの経験もなかったから大変なことばかりで、だからこそ徹底的に準備をして臨んだので、後の二十数年間と比較しても、あれだけ頑張ったスリリングな1年はないです」と回顧する。

 その感覚が忘れられないことや、「経験はマイナス。新しい発想が生まれなくなるし、台本をもらっても、先が読めて、見ている人が感じることも予測できるから、だんだん息が詰まってきて、面白くなくなりました」と仕事に対する意欲が薄れたことを告白した。

 大沢にとっての「明快なもの」とは、作品に携わる“意義”と“スリル”だ。そもそも「演技愛があるわけではない」ため、「日常的なストーリーや家族の物語、ラブストーリーといったリスクを伴わない無難な作品は、いいとか悪いとかではなく僕がやる必要はない」と断言する。そのため、休業中は「スリルを感じられる作品に出会えるなら、それだけをやって俳優をやめよう」という覚悟もしていた。

 その中で出会ったのが、映画『キングダム』や、英・ロンドンのウエスト・エンドで上演されたミュージカル「王様と私」、そして『AI崩壊』だ。これらを選んだ共通の理由は、「今までの自分の経験が全く通用しないし、誰もが簡単に思いつくイメージで関わったら大失敗する。行けるところのギリギリまで行って勝負しないと評価されない」こと。

 『AI崩壊』は、全国民の個人情報、健康を完全に管理する医療AI<のぞみ>が突如、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴等から合理的に人間の生きる価値を選別して殺りくを開始。パニックに陥る10年後の日本を舞台に、AIを暴走させたテロリストと断定された天才科学者の桐生浩介(大沢)が決死の逃亡劇を図るサスペンス超大作映画。

 数年前から講演会に赴くほどAIに興味を持ち、「社会の構造が変わるような革命的なものになると感じていた」と話す大沢は、「AIが自分の仕事に直接かかってくるとは考えもしなかった」と驚きつつ、「入江悠監督の作品も好きだったし、今の日本には珍しいオリジナル脚本のエンターテイメント作」に食指が動いたことを説明する。

 過酷な役作りで挑んだ『キングダム』の王騎役、芝居の本場イギリスに単身渡り、全編英語のせりふに挑んだ「王様と私」のクララホム首相役や王様役。では、桐生役における“勝負”とは? 

 大沢は「オリジナル作品だからこそ話をどんどん変えていけるし、AIによる人類の殺りくという挑戦的な作品だからこそ、ルールに縛られないアプローチができました」と語ると、入江監督やプロデューサーと意見交換を重ね、「エンターテイメント大作にもかかわらず、桐生がスーパーヒーローではなく普通の人間だったらどうだろうか? という考えにたどりつきました」と振り返る。

 逃走シーンでも、「アクション映画の中のトム・クルーズみたいな走りでは駄目。だって、皆さんの旦那さんや彼氏が急に走ることになったときにスマートに走れますか? しかも桐生は科学者で、走ることを必要とする生活をしていないから、突然ダッシュなんてしたら疲れるし、ボロボロになりますよね」と見解を示す。

 「だから、頭はいいけど、それ以外は欠落して、もがき苦しむような人間を演じようと思いました。そういう主人公は今まで演じたことがなかったので、自分としては挑戦でした」と充実した表情をのぞかせる。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top