【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryujiが語る3rdアルバム「Adam」 「一生の思い出に残るぐらいの作品に」

2019年10月28日 / 12:00

-改めて、今回のアルバムへの思いをお聞かせください。

Ryuji 今回、3rdアルバムを作るにあたって、3作目だからこそ一生の思い出に残るぐらいの作品にしたいとHAKUEIさんに相談させてもらいました。音楽に限らず、映画も3作目というのは意外と落ちがちなので、そうならないようにという思いを持って臨んだアルバムです。今、出来上がったものを自分で見ても、今までに負けてない作品が出来上がっていると思うので、世に出るのが楽しみです。

HAKUEI 今回、いい意味で落ち着きがないものができたんじゃないかなと感じています。でも、それこそが、僕らが目指しているバンドのスタイルだと思います。アンサンブルやリズムなどにはこだわりまくってはいるのですが、聞いた印象としては躍動感があるロックバンドのサウンド。いい進化をしていると思っているので、早くみんなに聞いてもらいたいですし、反応が楽しみです。

-そして、Zeppツアー、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)での2daysに向けての思いは?

Ryuji 今までとテイストの違うライブ、全く新しいThe Brow Beatを見せていきたいと思うので、ぜひ皆さん、新鮮な気持ちで見に来ていただければ。今回、なんでツインの曲が多いのかという真意もライブに来ていただければ分かると思うので!

HAKUEI The Brow Beatの今のスタイルは、既製にない新しいスタイルだと思います。なので、自分たちでもやっていくうちにどんどん新しい表現が出てくることを楽しんでやっているのですが、それが3作目にして理想に近いものにチャレンジできたと思っています。これまでのツアーを見た方も、1回、リセットして、また新しいThe Brow Beatを見に来てもらえればと思います。

(取材・文/嶋田真己)

Ryuji

HAKUEI

 3rdアルバム「Adam」は2020年1月1日発売。3rdツアー The Brow Beat Live Tour 2020 “Adam”は1月10日にZepp Divercity Tokyoほか大阪、名古屋、福岡、札幌で開催。1月17日には「Ryuji BIRTHDAY LIVE」をSENDAI GIGSで、2月21日・22日には東京凱旋ライブをLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催。詳細は公式サイトで。
公式サイト https://thebrowbeat.jp

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top