【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

2019年4月23日 / 12:00

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」のうちはサスケなどの2.5次元ミュージカルをはじめ、舞台、映像作品で活躍する佐藤流司。世界的なダンサーとしても知られる仲万美をジュリエット役に、これまでにない“ロミオとジュリエット”を見せる。今回、佐藤に出演の意気込みや見どころ、さらにはロックについて語ってもらった。

ロミオ役の佐藤流司 スタイリスト 鍛冶古 翔三(Yolken)/ヘアメイク 蔵本優花

-恋愛がテーマの作品に出演されるのは珍しいことだと思いますが、作品の話がきたときはどのように感じましたか。

 俺の人生でロミオ役をやることはないだろうなと思っていたので、意外でした。俺でいいのかなって。でも “ロックオペラ”だってことを聞いて、やっと「なるほど、そういうことか」と。恋愛がテーマとはいっても異色な作品になると思うので、一般的な甘い恋愛ものとはまた違うとは思います。

-女性とがっつりお芝居をされることも佐藤さんにとってはあまりないことですよね。

 そうなんです。だから、ニンニクを食べないとか、香りに気を付けないといけないなと思っています(笑)。それから、稽古の早い段階から羞恥心を拭えたらいいなって。

-ジュリエット役の仲さんの印象は?

 ビジュアル撮影でご一緒して、それからも何度かお会いしてますが、意外と早く仲良くなれそうだなと思っています。世界的なダンサーの方なので、高飛車な感じの方なのかなって思っていたんですが(笑)、すごく気さくで、いつもニコニコ笑ってらっしゃって、優しい方という印象です。俺は、人見知りするタイプですが、すごく話しやすかったですね。

-“ロミオとジュリエット”という作品に対しては、どんなイメージを持っていらっしゃいますか?

 良知(真次)さんが出演されていた、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は見させていただいたことがありますが、あの作品はまさしくミュージカルの王道ですよね。俺は、そういった王道のミュージカルには縁がないんじゃないかと思っていました。

-佐藤さんは、意外にも「ミュージカルは苦手」とおっしゃっていますよね。今回は“ロックオペラ”ということなので、お気持ちは変わりますか?

 ミュージカルはアウェーですが、ロックは俺のフィールドだと思っているので、いけるんじゃないかなって思ってます。ミュージカルに出演するときは、制約のある中できれいな伸びのいい声で歌うことを意識してるんですが、ロックだったら自分の歌いたいように歌えるので、気持ち的に楽ではありますね。そもそも、声がハスキーなので、ミュージカルのきれいなメロディーとマッチしている気がしないんですよ(苦笑)。伸びのいい声を聞くと、うらやましいなって思います。

-演出の鈴木勝秀さんとはビジュアル撮影時にお会いしたとお聞きしていますが、どのようなお話をされましたか。

 「新しいロミジュリを作る」とおっしゃっていたので、俺もこれまでのロミオ像をぶっ壊す気満々でいます(笑)。それから、スズカツさん(鈴木)がThe Brow Beat(佐藤がRyujiとして活動するバンドプロジェクト)のライブを見て、俺のシャウトを気に入って「本編中にも使いたい」とおっしゃってくださったんで、俺の好きなタイプの音楽が劇中でも歌えるのかなって、それも楽しみですね。

-本作のロミオは、「未来を信じていない」「刹那主義」「一目ぼれれこそが最高」というキャラクター設定があるそうですが、佐藤さんと共通点はありますか?

 刹那主義ではないかな。でも、俺っぽいと言われればそうかもしれないですね。

-一目ぼれは?

 一目ぼれは絶対にしないですね(笑)。そこはちょっと違います。一目ぼれってすごいですよね。その人のことを何にも知らないで好きになるって。俺は経験ないですね。

-本作が“ロックオペラ”ということにちなんで、ロックへの思いについてもお聞かせください。佐藤さんがロックに目覚めたきっかけは?

 子どもの頃から親と一緒に「THE MODS」というバンドのライブに行ってたんです。多分、それが一番最初のきっかけだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top