【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

2019年4月23日 / 12:00

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」のうちはサスケなどの2.5次元ミュージカルをはじめ、舞台、映像作品で活躍する佐藤流司。世界的なダンサーとしても知られる仲万美をジュリエット役に、これまでにない“ロミオとジュリエット”を見せる。今回、佐藤に出演の意気込みや見どころ、さらにはロックについて語ってもらった。

ロミオ役の佐藤流司 スタイリスト 鍛冶古 翔三(Yolken)/ヘアメイク 蔵本優花

-恋愛がテーマの作品に出演されるのは珍しいことだと思いますが、作品の話がきたときはどのように感じましたか。

 俺の人生でロミオ役をやることはないだろうなと思っていたので、意外でした。俺でいいのかなって。でも “ロックオペラ”だってことを聞いて、やっと「なるほど、そういうことか」と。恋愛がテーマとはいっても異色な作品になると思うので、一般的な甘い恋愛ものとはまた違うとは思います。

-女性とがっつりお芝居をされることも佐藤さんにとってはあまりないことですよね。

 そうなんです。だから、ニンニクを食べないとか、香りに気を付けないといけないなと思っています(笑)。それから、稽古の早い段階から羞恥心を拭えたらいいなって。

-ジュリエット役の仲さんの印象は?

 ビジュアル撮影でご一緒して、それからも何度かお会いしてますが、意外と早く仲良くなれそうだなと思っています。世界的なダンサーの方なので、高飛車な感じの方なのかなって思っていたんですが(笑)、すごく気さくで、いつもニコニコ笑ってらっしゃって、優しい方という印象です。俺は、人見知りするタイプですが、すごく話しやすかったですね。

-“ロミオとジュリエット”という作品に対しては、どんなイメージを持っていらっしゃいますか?

 良知(真次)さんが出演されていた、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」は見させていただいたことがありますが、あの作品はまさしくミュージカルの王道ですよね。俺は、そういった王道のミュージカルには縁がないんじゃないかと思っていました。

-佐藤さんは、意外にも「ミュージカルは苦手」とおっしゃっていますよね。今回は“ロックオペラ”ということなので、お気持ちは変わりますか?

 ミュージカルはアウェーですが、ロックは俺のフィールドだと思っているので、いけるんじゃないかなって思ってます。ミュージカルに出演するときは、制約のある中できれいな伸びのいい声で歌うことを意識してるんですが、ロックだったら自分の歌いたいように歌えるので、気持ち的に楽ではありますね。そもそも、声がハスキーなので、ミュージカルのきれいなメロディーとマッチしている気がしないんですよ(苦笑)。伸びのいい声を聞くと、うらやましいなって思います。

-演出の鈴木勝秀さんとはビジュアル撮影時にお会いしたとお聞きしていますが、どのようなお話をされましたか。

 「新しいロミジュリを作る」とおっしゃっていたので、俺もこれまでのロミオ像をぶっ壊す気満々でいます(笑)。それから、スズカツさん(鈴木)がThe Brow Beat(佐藤がRyujiとして活動するバンドプロジェクト)のライブを見て、俺のシャウトを気に入って「本編中にも使いたい」とおっしゃってくださったんで、俺の好きなタイプの音楽が劇中でも歌えるのかなって、それも楽しみですね。

-本作のロミオは、「未来を信じていない」「刹那主義」「一目ぼれれこそが最高」というキャラクター設定があるそうですが、佐藤さんと共通点はありますか?

 刹那主義ではないかな。でも、俺っぽいと言われればそうかもしれないですね。

-一目ぼれは?

 一目ぼれは絶対にしないですね(笑)。そこはちょっと違います。一目ぼれってすごいですよね。その人のことを何にも知らないで好きになるって。俺は経験ないですね。

-本作が“ロックオペラ”ということにちなんで、ロックへの思いについてもお聞かせください。佐藤さんがロックに目覚めたきっかけは?

 子どもの頃から親と一緒に「THE MODS」というバンドのライブに行ってたんです。多分、それが一番最初のきっかけだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

【インタビュー】『雪子さんの足音』寛一郎、“映画人”として生きる覚悟… 父・佐藤浩市とはねたみ合う「ライバルでいたい」

映画2019年5月17日

 名優・三國連太郎を祖父に、佐藤浩市を父に持ち、彼らと同じ映画俳優の道を歩きはじめた寛一郎。計り知れないプレッシャーがのしかかるその胸には、2人の偉大な役者の「3世」ゆえの覚悟が秘められていた…。  映画『心が叫びたがってるんだ。』(17) … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top