【インタビュー】映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆“20代の代表作”にする気概で真っ向勝負!「自分をさらけ出す挑戦でもあった」

2019年10月10日 / 14:27

 「今までで一番やりたい役に出会えた」。夏帆が充実感にあふれた表情を見せる作品は、いつの間にか大人になってしまい、いろいろな葛藤を抱えながらも懸命に生きる全ての人たちに送る、共感度MAXの映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(10月11日公開)。しかし夏帆といえば、『天然コケッコー』(07)、『海街diary』(15)など、過去にもさまざまな素晴らしい作品や役と巡り合ってきている。本作に特別な思いを寄せる理由とはなんだろうか…?

 上手に生きているように見えて、実は不器用で、心は完全にすさみ切ったCMディレクター砂田(夏帆)が、自由奔放な“秘密”の友達・清浦(シム・ウンギョン)を連れて、祖母の見舞いのために大嫌いな地元・茨城に帰り、本当の自分を見つけて成長していく姿を描いた本作は、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『ルームロンダリング』(18/片桐健滋監督)など、新進気鋭の若手映像作家を生み出すプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」で、2016年審査員特別賞に輝いた。CMディレクターとして活躍する箱田優子の第1回監督作だ。

CMディレクターの砂田を演じた夏帆

-「今までで一番やりたい役に出会えた」と感じたそうですが、その真意を聞かせてください。

 今の自分で真っ向から勝負して、20代の代表作になるような作品を作りたいと考えていたときにこの映画と出会いました。オファーを受けた当時というよりは、演じているうちに砂田と自分に重なる部分が多いと感じて他人とは思えず、徐々に「こういう役をやりたかったのかもしれない…」と思うようになりました。

-重なる部分とは?

 いろいろあります。自分ではうまくやっているつもりでも、実はできていない不器用なところや、子どもの頃に思い描いた自分になれているのか? という葛藤、気がつけば自分も親も年を取り、祖父母は死に向かっていて、その時間の流れを止められないことに焦っているところなどが重なります。

-人生や仕事に対しても迷いや悩みはありますか。

 そうですね。20代になってからずっと、この先どう生きるべきか? と考えているし、どういうふうに仕事と向き合い、どんな役をすべきか、そして自分に合うものは何だろう、自分にしかできないものは何だろう、などと考えています。そんな迷いを抱えているからこそ、砂田は今の自分にしか演じられなかったのかもしれません。

-演じる中で、ご自身と砂田がシンクロする瞬間もあったのでしょうか。

 今回は他人を演じるというよりは、自分をどれだけさらけ出せるか、という挑戦でもありましたが、やはり重なるところが多いからか、だんだんと砂田と自分の境目があいまいになっている感じはありました。

-ロケハンにも同行されたと聞きました。力の入れようを感じますね。

 ロケハンには、ただ付いていっただけです(笑)。というのも、砂田という役は箱田さんが投影されているし、最初は撮影で箱田さんのご実家を使うかもしれないという話があったので、箱田さんと一緒に地元に行って、そこの空気を感じたいと思いました。結局、撮影でご実家は使いませんでしたが、クランクイン前に箱田さんのプライベートの顔を見ることで役作りにつながったのでよかったです。

-共感性が高く、心にしみるせりふもたくさんありますが、夏帆さんにとって印象的なものはどれでしょうか。

 砂田が愛想笑いをしているときに、スナックのママに「かわいいって言われるかもしれないけど、ブスだかんね」と言われるシーンは印象的でした。たまに、初対面なのに、こちらがハッとするような確信づいたことを言ってくる人っていますよね。自分はうまく立ち振る舞っているつもりでも、実はそれとは裏腹の心がバレている…みたいな。皆さん見ていてドキッとするかもしれませんね。

-“韓国の至宝”と呼ばれるシムさんとの共演はいかがでしたか。

 とてもすてきな方でした。役への理解が深く、それでいて自由に演技をされている姿が素晴らしかったです。アドリブの入れ方も絶妙で勉強になりました。今回は全編通してアドリブが多かったので、掛け合いも楽しかったです。

-砂田は地元に戻ることで人生の転機を迎えますが、夏帆さんにとって女優としての転機となった作品は何でしょうか。

 10代の頃に出演した『天然コケッコー』です。もともと女優を目指して芸能界に入ったわけではなかったけど、この作品を通して演じることが好きになりました。今でも「あの作品はいいよね」と言ってもらうことも多くて、そういう評価をしてもらえる作品は少ないので、転機になった作品と言えます。

-順風満帆の女優人生に見えますが、挫折しそうになったときもあるのでしょうか。

 大きな失敗をしたとか、誰かに何かを言われたとかではないですが、数年前にいろいろなことが重なり、仕事を続けることが難しいな…と挫折しそうになったことはあります。でも、10代からこの仕事をしてきて、学歴も職歴もないし、この世界以外のことは何もできないし、やりたいことも見付からなくて、だったらもうちょっとここで頑張ってみようと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top