【インタビュー】映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆“20代の代表作”にする気概で真っ向勝負!「自分をさらけ出す挑戦でもあった」

2019年10月10日 / 14:27

 「今までで一番やりたい役に出会えた」。夏帆が充実感にあふれた表情を見せる作品は、いつの間にか大人になってしまい、いろいろな葛藤を抱えながらも懸命に生きる全ての人たちに送る、共感度MAXの映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(10月11日公開)。しかし夏帆といえば、『天然コケッコー』(07)、『海街diary』(15)など、過去にもさまざまな素晴らしい作品や役と巡り合ってきている。本作に特別な思いを寄せる理由とはなんだろうか…?

 上手に生きているように見えて、実は不器用で、心は完全にすさみ切ったCMディレクター砂田(夏帆)が、自由奔放な“秘密”の友達・清浦(シム・ウンギョン)を連れて、祖母の見舞いのために大嫌いな地元・茨城に帰り、本当の自分を見つけて成長していく姿を描いた本作は、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『ルームロンダリング』(18/片桐健滋監督)など、新進気鋭の若手映像作家を生み出すプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」で、2016年審査員特別賞に輝いた。CMディレクターとして活躍する箱田優子の第1回監督作だ。

CMディレクターの砂田を演じた夏帆

-「今までで一番やりたい役に出会えた」と感じたそうですが、その真意を聞かせてください。

 今の自分で真っ向から勝負して、20代の代表作になるような作品を作りたいと考えていたときにこの映画と出会いました。オファーを受けた当時というよりは、演じているうちに砂田と自分に重なる部分が多いと感じて他人とは思えず、徐々に「こういう役をやりたかったのかもしれない…」と思うようになりました。

-重なる部分とは?

 いろいろあります。自分ではうまくやっているつもりでも、実はできていない不器用なところや、子どもの頃に思い描いた自分になれているのか? という葛藤、気がつけば自分も親も年を取り、祖父母は死に向かっていて、その時間の流れを止められないことに焦っているところなどが重なります。

-人生や仕事に対しても迷いや悩みはありますか。

 そうですね。20代になってからずっと、この先どう生きるべきか? と考えているし、どういうふうに仕事と向き合い、どんな役をすべきか、そして自分に合うものは何だろう、自分にしかできないものは何だろう、などと考えています。そんな迷いを抱えているからこそ、砂田は今の自分にしか演じられなかったのかもしれません。

-演じる中で、ご自身と砂田がシンクロする瞬間もあったのでしょうか。

 今回は他人を演じるというよりは、自分をどれだけさらけ出せるか、という挑戦でもありましたが、やはり重なるところが多いからか、だんだんと砂田と自分の境目があいまいになっている感じはありました。

-ロケハンにも同行されたと聞きました。力の入れようを感じますね。

 ロケハンには、ただ付いていっただけです(笑)。というのも、砂田という役は箱田さんが投影されているし、最初は撮影で箱田さんのご実家を使うかもしれないという話があったので、箱田さんと一緒に地元に行って、そこの空気を感じたいと思いました。結局、撮影でご実家は使いませんでしたが、クランクイン前に箱田さんのプライベートの顔を見ることで役作りにつながったのでよかったです。

-共感性が高く、心にしみるせりふもたくさんありますが、夏帆さんにとって印象的なものはどれでしょうか。

 砂田が愛想笑いをしているときに、スナックのママに「かわいいって言われるかもしれないけど、ブスだかんね」と言われるシーンは印象的でした。たまに、初対面なのに、こちらがハッとするような確信づいたことを言ってくる人っていますよね。自分はうまく立ち振る舞っているつもりでも、実はそれとは裏腹の心がバレている…みたいな。皆さん見ていてドキッとするかもしれませんね。

-“韓国の至宝”と呼ばれるシムさんとの共演はいかがでしたか。

 とてもすてきな方でした。役への理解が深く、それでいて自由に演技をされている姿が素晴らしかったです。アドリブの入れ方も絶妙で勉強になりました。今回は全編通してアドリブが多かったので、掛け合いも楽しかったです。

-砂田は地元に戻ることで人生の転機を迎えますが、夏帆さんにとって女優としての転機となった作品は何でしょうか。

 10代の頃に出演した『天然コケッコー』です。もともと女優を目指して芸能界に入ったわけではなかったけど、この作品を通して演じることが好きになりました。今でも「あの作品はいいよね」と言ってもらうことも多くて、そういう評価をしてもらえる作品は少ないので、転機になった作品と言えます。

-順風満帆の女優人生に見えますが、挫折しそうになったときもあるのでしょうか。

 大きな失敗をしたとか、誰かに何かを言われたとかではないですが、数年前にいろいろなことが重なり、仕事を続けることが難しいな…と挫折しそうになったことはあります。でも、10代からこの仕事をしてきて、学歴も職歴もないし、この世界以外のことは何もできないし、やりたいことも見付からなくて、だったらもうちょっとここで頑張ってみようと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」脚本・岡田惠和「この父母の間で生きてきたから、あの寅さんになるんだなと思いました」

ドラマ2019年10月18日

 映画『男はつらいよ』シリーズの主人公といえば、誰もが知っている車寅次郎。その生みの親である山田洋次監督が小説で描いた寅さんの少年時代をドラマ化した「少年寅次郎」が10月19日(土)からNHK総合で放送開始となる。寅次郎出生の秘密から、戦争 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、陸奥守吉行役・蒼木 陣インタビュー 「人生を懸けて挑みたい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成するシミュレーションゲームを原案とした舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)の最新作が11月22日からTOKYO DOME CITY … 続きを読む

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top