【インタビュー】ドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」SUMIRE テレビドラマ初出演で女優としての成長を実感 次は「ハッピーな役」を希望

2019年10月4日 / 20:13

 女性ファッション誌「装苑」の専属モデルであり、現在は女優としても活動し、映画『リバーズ・エッジ』では摂食障害を持つレズビアンの女子高校生・吉川こずえ役を演じて注目を集めたSUMIRE。映画の仕事が続く中、初めてテレビドラマに出演する彼女が、その喜びや撮影時のエピソード、今後の女優としての展望などを語ってくれた。

SUMIRE

 子どもの頃からファッション好きだったSUMIREは、中学生のときに母親の勧めもあり、もともと興味があったモデルとして雑誌の撮影に挑戦した。以降、本格的にモデルとして活躍するが、映画プロデューサーからオファーを受けると、『サラバ静寂』(18)のヒカリ役で女優デビュー。そのときは「演技も面白そうという興味本位でやってみた」そうだが、終わってみると気持ちは一転。「普段とは違う自分になれることが楽しい」と女優業を続けることを決意した。

 その後、岡崎京子の大ヒット漫画を実写化した二階堂ふみ主演の映画『リバーズ・エッジ』(18)で、前述した難役を演じて話題を集めると、本格的な芸能活動をするため、イベント会社から芸能事務所に移籍。女優として一歩前進したSUMIREは、『リバーズ・エッジ』撮影時を思い返し、「自分の人生では経験できないことを体験できたので面白かったけど、演じることに慣れていなかったから、今見たら、何この演技? と思っちゃうかも」とはにかんだ。

 そんな彼女が今回出演するのは、WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」。警視庁捜査一課の刑事・如月塔子(木村文乃)が仲間とともに難事件に立ち向かうサスペンスドラマシリーズ「殺人分析班」のスピンオフドラマで、知能犯トレミーこと八木沼雅人/野木直哉(古川雄輝)が冷酷な犯罪者になるまでを描いている。

 野木が住むアパートの隣人で、彼にひそかに思いを寄せる浅田吉佳を演じるSUMIREは、オファーをもらったときを振り返り、「まさか自分にこんな話がくるとは思っていなかったので驚きました」と目を丸くする一方、「新しいことにチャレンジできるからうれしくなりました」と笑顔も見せる。また、「事件の展開が早くて、人間それぞれの奥底にある感情が繊細に描かれているところが魅力的」と作品の見どころもアピールした。

 撮影中は、「吉佳の社交性はないけど、人とか物とか動物を大事にして、暴力をふるってくるお兄ちゃんのことも、秘密を抱えて生きる野木のことも大切に思っている部分は、家族や友達を大事にしている自分と似ている」と捉え、「普段の自分らしさも忘れずに自然に演技しようと思いました」と打ち明ける。

 その中で、シーンが変わるたびに監督とイメージのすり合わせをして本番に臨んだそうで、「脚本を読んで、吉佳と野木が寄り添い合っていく人間味のあるシーンは、作品の中でとても重要だと思ったので、野木と部屋で一緒にご飯を食べているところや、感情をむき出しにしてもめるところは、かなり意気込んで演じました」と自信ものぞかせた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top