【インタビュー】「サギデカ」木村文乃「特殊詐欺がなぜなくならないのか。その理由が分かると思います」

2019年8月30日 / 17:00

 振り込め詐欺や還付金詐欺など、近年、大きな社会問題となっている特殊詐欺。そんな特殊詐欺を取り締まる警視庁捜査二課の活躍を通じて、その実態に迫る土曜ドラマ「サギデカ」が、8月31日からNHK総合で放送開始(毎週土曜午後9時~全5回)となる。脚本を担当したのは、「透明なゆりかご」(18)を始め、数々の話題作を手掛ける安達奈緒子。放送を前に、主人公の刑事・今宮夏蓮を演じる木村文乃が、ドラマの見どころ、撮影の舞台裏について語ってくれた。

刑事・今宮夏蓮役の木村文乃

-出演オファーを受けたときのお気持ちは?

 刑事役はこれまでも経験ありますが、捜査二課は初めて。よく知らなかったので、1人の人間として台本を読ませていただきました。そうしたら、小説かと思うぐらい人物像がはっきりしていて、気持ちの動きにうそがない。たちまち安達さんの脚本の魔力に魅せられました。それぐらいよく練られた台本だったので、「これは受けるしかない」と。

-魅力を感じたのは、どんな部分でしょうか。

 主演ということに加え、感情の振り幅も大きな面白い役柄だったので、挑戦になるな…と。何より、原作のないオリジナル作品をやらせていただくのも貴重な機会ですし、綿密に練り上げられた題材ということで、この作品に懸ける大人たちの意気込みに乗っかりたいと思いました。

-捜査二課の刑事を演じるために、どんな準備を?

 資料をたくさんいただきました。そこには、実際に特殊詐欺の被害に遭われた方々の声や、関係者に取材したインタビューがまとめられていて、読んでいるだけで「これは知らなければいけない」と思わせるものがありました。特殊詐欺を扱ったNHKの番組も見せていただきましたが、一筋縄ではいかない難しい問題だな…と。これだけ厳しく取り締まっているのに、なぜなくならないのか、疑問を持つ方も多いでしょうが、見ていただければその理由が分かると思います。

-そういう準備は、お芝居にどんな影響が?

 今回は、詐欺をする側の事情も細かく描かれているので、聞けば聞くほど、知れば知るほど、迷いが生じてきました。だから、私の中でも、答えが出ないまま、苦しみながらの撮影になり…。そういう生の声を知らずにやっていれば、自分の中で正解を持ち、もっとはっきりしたお芝居になっていたはずです。ただ、その迷いも今宮の葛藤として描かれているので、「正解が分からなくていい。物語を進めながら、自分なりの答えを見つけていこう」と考えました。

-今宮を演じる上で心掛けたことは?

 顔合わせのとき、西谷(真一)監督が「(映像の)つながりは気にしなくていいです」とおっしゃってくれたんです。これまで、どちらかというと「毎回、同じことをしなさい」という環境でお芝居をしてきたので、「その場で生まれてくるものを一番大事にしてください。後は僕たちが何とかします」と力強く言ってくださったことが、涙が出るぐらいうれしくて…。ならば、私も今宮を演じながら、縦横無尽に駆け回ろうと。だから、普段は「この人はこう」と決めてお芝居をしがちですが、「さっきはこうだったけど、ここは今のこういう感情で、このテンションでいい」と、ちょっと肩の荷が下りた感じでやることができました。

-今宮は一度逮捕した詐欺グループの一員・加地颯人(高杉真宙)と深く関わっていくようですが、2人の関係について教えてください。安達さんが「今宮がヒーローで、加地がヒロイン」とおっしゃったそうですが。

 安達さんからまず、「最初から犯罪者で生まれてくる人はいない。犯罪に手を染める人は、絶対に何らかの理由がある。だから、そこを愛してほしい。加地くんを愛してほしい」という話がありました。そう言われると、加地くんは守るべき対象になってくる。そうすると、加地くんを守る今宮はヒーローかな…と(笑)。でもそれは、みんながそう望んだから、自然にそういう空気が出来上がっていったんだと思います。

-次第に2人は信頼関係で結ばれていくようですね。

 そうです。その展開に無理やりな部分がないのが、安達さんのすてきなところ。自分が信じたものを貫くため、今宮は次々と行動を起こしていく。そのきっかけを作るのが、加地くんの役割になります。その中で、次第に憎むべき対象が見えてくるのですが、思っていたものとは違っていたり、100パーセントの悪とも言い切れなかったりと、深いものがあって…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

page top