現役アニメーターが語る制作裏話とアニメーション業界の知られざる現状 舘野仁美・刈谷仁美【「なつぞら」インタビュー】

2019年8月21日 / 15:09

 日本のアニメーションの草創期を舞台にした「なつぞら」で、重要かつ、これまでの朝ドラにはなかった多彩な演出で視聴者を楽しませているアニメーションパート。 少女が森の動物たちと戯れるタイトルバックに始まり、初回の戦災孤児のなつたちが逃げまどう「東京大空襲」、なつの父が描いた家族の絵が動き出すさま、漫画映画『白蛇姫』『わんぱく牛若丸』など、さまざまなアニメーションを手掛けている制作チームの中で、アニメーション監修・キャストの作画指導などを務める舘野仁美、題字や絵画制作、タイトルバックなどの演出・原画・キャラクターデザインを務める刈谷仁美に、制作の裏話やアニメーション業界の知られざる現状を聞いた。

(C)NHK

-まず、お二人の仕事の内容を教えてください。

舘野 タイトルバックや、劇中のアニメーション、原画などの小道具の制作をはじめ、アニメーターを演じる役者がパラパラと原稿をめくる“指パラ”といった所作や、道具の扱い方などを指導しています。ほかにも、台本を読んで現実の現場との相違に関するアドバイスなどをさせていただいています。

-舘野さんは長年、「スタジオジブリ」で活躍されていていたアニメーターですが、今回、本作の肝となる題字やタイトルバックの制作に22歳のフレッシュな刈谷さんを起用したのはなぜでしょうか。

舘野 直感です(笑)。彼女の目が大きくてキラキラしていて、元気で生命力があふれている姿や、素直だけど頑固さも持ち合わせているところなどはヒロインのなつ(広瀬すず)みたいですよね。アニメーターの素養は絵に出ると思っているので、あたかもなつが描いたようなアニメーションになれば、ドラマもさらにすてきになると思いました。

-この抜てきをどう受け止めましたか。

刈谷 まさか自分が朝ドラにかかわるとは夢にも思わず、本当に驚きました。ドラマの中でアニメを作る機会はあっても、アニメーターのドラマにアニメーターとして参加するなんて一生に一度のことでしょうから、これも何かの縁だと思って快諾しました。

-実際にドラマに携わると大変なこともあるのでは?

刈谷 昔の絵は洗練されていてシンプルだけど、柔らかい中に立体感があったり、独特の品もあったりするので、それを当時のアニメーターの画集を見てまねをする努力をしています。ただ、絵の雰囲気をつかめても、自分が描くと、やはり今風になってしまうので苦労しています。

-北海道原産の野ばらであるハマナス 、小鳥をあしらった題字のカリグラフィ(飾り文字)はかわいいらしくて好評ですが、どのようないきさつで誕生しましたか。

舘野 ディズニーアニメーションでは「一番すてきな字」として、『シンデレラ』や『白雪姫』などのタイトルにカリグラフィが使われているのですが、そこでカリグラフィには品格と風格があるという考え方にたどり着きました。普通にレタリングするよりも、アニメーションが題材のドラマにぴったり合うとも思いました。

刈谷 最初は明朝体(フォントの種類の一つ)で書いた「なつぞら」の周りに装飾を施しましたが、舘野さんに「『なつぞら』のフォントにしてほしい」「みんながびっくりするような“刈谷フォント”を目指すんだ」と駄目出しをされました。それでディズニーの要素を取り入れたりして今のフォントができました。タイトルが動く演出になるだろうという想定もあったので、派手にし過ぎず、かといって素朴になり過ぎないように注意しました。

-技術指導をされているキャストの様子はいかがですか。

舘野 広瀬さんは挑戦して獲得していく方です。やり方を少し教えると、自分なりに工夫しながら楽しそうに覚えていかれます。集中力がすごくて、どんなこともそうやってこなされるのかな?と思います。天才アニメーター猿渡竜男役の新名基浩さんは、最初の登場シーンにある線を引く動きは、こちらが驚くほどたくさん練習をされていました。本番ではシュッと自然にできて、猿渡の優秀な雰囲気が出ていました。

-ドラマに対する業界の反応はどうでしょうか。

舘野 初回に関しては冒頭から3種類のアニメが差し込まれていて、実写ではないとの拒否反応を危惧しておりましたが、周囲の反応はよかったです。「アニメーターという存在を日の当たる場所に持ってきてくれてありがとう」と言ってくれた方もいました。でも、たいていは遠巻きで見守ってくださっている感じです。

刈谷 アニメーター仲間は、ライバルでもあるので、ひっそり裏で見ている感じです。

-今回、アニメーターにフォーカスが当たることで期待することはありますか。

舘野 この仕事を目指す方は増えるでしょうけれど、アニメーション業界の待遇は昔からよくないです。なつが働いている東洋動画みたいな大手の会社でなければ生活は大変で、私も名の知れた会社に入りましたが、最初は家賃を払うだけでいっぱいいっぱいでした。今、「神」と呼ばれるようなアニメーターは極貧時代を乗り越えてきた方々です。だから、アニメーターの待遇改善は永遠のテーマです。日本が誇る文化として「ジャパニメーション」と言われていますが、それを生み出す人たちにお金がわたらず、一体、どこに消えているのか…という不思議は常にあります。アニメーターを目指す方が増えることで、今回こそ業界が変わるきっかけになることを願います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top