【インタビュー】『二ノ国』新田真剣佑「“命の大切さ”について、改めて考えるいい機会になりました」永野芽郁「色鮮やかな世界観。自分がその世界に行ったら…と想像しながら楽しんでください」

2019年8月21日 / 14:48

 8月23日から全国公開されるアニメーション映画『二ノ国』は、「妖怪ウォッチ」を送り出したレベルファイブの人気ゲーム「二ノ国」の世界観を基に、オリジナルストーリーで展開する青春ファンタジー。現実世界と、命のつながりを持つ魔法の世界「二ノ国」を舞台に繰り広げられる少年たちの壮大な冒険を、色鮮やかな世界観の中に描き出す。豪華キャストが声の出演に名を連ねる本作で、親友のユウ(山崎賢人)と共に冒険を繰り広げる高校生ハル役に起用されたのが新田真剣佑。そして、ハルの幼なじみコトナと二ノ国のエスタバニア王国のお姫様アーシャの二役を演じるのが永野芽郁。アニメーションの声優初挑戦の2人に、その舞台裏や作品の見どころなどを聞いた。

永野芽郁(左)と新田真剣佑

-アニメーションの声優初挑戦の感想を。

新田 今までアニメーションはいろいろ見ていましたが、今回初めて声優をやらせていただき、普段何げなく見ている声優の方々のお仕事がいかに難しいものか、思い知りました。感覚だけでは演じられない、深いお仕事なんだな…と。

永野 すごく難しかったです。普段私たちがやっているお芝居は、周りの風景やセット、自分の体など、いろんなものを使って表現することができますが、声優は声だけで表現しなければいけないので、声の幅がすごく重要。慣れるまで時間がかかりましたが、とてもいい経験になりました。

-永野さんは二役を演じましたが、その点はいかがでしたか。

永野 最初はいろいろ考えました。二役をやるには、声を変えないといけないのかな、とか…。でも、収録のときは、現場で皆さんのアドバイスを聞きながら、自分の中で低くしたり、高くしたり…と変えていった感じです。自分一人では絶対にできなかったと思います。

-監督やスタッフの方からは、どんなアドバイスがありましたか。

永野 細かく指示を頂くというよりも、自分の感情に乗せてやっていく中で、「もうちょっと抑えようか」とか「もうちょっと声を張ろうか」みたいな感じで、アドバイスを頂きました。

新田 自分たちが用意してきたものを一度やってみて、監督から意見を頂いて微調整をしていく…という感じでした。

-新田さんは普段、テレビドラマや映画ではクールな印象がありますが、今回のハルという役は、はつらつとした感じで新鮮でした。

新田 元気な高校生を演じようと思っていたので、テンションを上げるのが大変でした。僕、朝が弱いので…。

永野 朝弱いよね(笑)。

新田 芽郁ちゃんはいつもニコニコしているけど…(笑)。なので、朝からシャワー中、歌ってからスタジオに入ったり、収録の前に飛び跳ねたりして、テンションを上げました。

-永野さんは演じる上で苦労した点などは?

永野 アーシャ姫が二ノ国について説明するせりふを、自分の中に落とし込んで言うまでに少し時間がかかりました。やっぱり、普段私たちが暮らしているのとは違う世界でなじみがない分、どんなことを言っているのか、きちんと理解しないと言葉としてうまく出てこないので…。だから、難しい言葉は意味を調べて、家で読み上げたりしていました。

-お二人はこれまでもドラマなどで共演した経験がありますが、今回改めて共演してみた感想は?

新田 芽郁ちゃんは天使です。太陽です。

永野 やったー!(笑)。

新田 おかげで元気になりました。

永野 会うたびに褒めてくれるので、一緒にいると「ああ、私は女の子なんだ」と思えるんです(笑)。今回は現場で一緒になる機会はありませんでしたが、また今度、お芝居を一緒にできたらいいな…と改めて思いました。

新田 (初めて会ったのは)16歳とか17歳の頃だよね。

永野 高校1年生のときからだもんね…。お互い、少し大人になりました(笑)。

-新田さんが演じるハルは、慎重なユウとは対照的な行動派ですが、ご自身はハルとユウ、どちらに近いでしょうか。

新田 僕はすぐ行動に移すタイプなので、ハルの方が近いと思います。演じているときはあまり意識していませんでしたが、改めて振り返ってみると、ハルだな…と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」第30回「全成の確率」“権力闘争”の血生臭いイメージを払拭する鮮やかな脚本と役者陣の好演【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月10日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最 … 続きを読む

夏の甲子園たけなわの今だからこそ心に響くものがある『野球部に花束を』【映画コラム】

映画2022年8月10日

『野球部に花束を』(8月11日公開)  中学時代の野球部生活に別れを告げ、青春をおう歌するため、長い茶髪にして高校に入学した黒田鉄平(醍醐虎汰朗)。ところが、夢に見たバラ色の高校生活は、うっかり野球部の見学に行ってしまったおかげで、早くもゲ … 続きを読む

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top