現役アニメーターが語る制作裏話とアニメーション業界の知られざる現状 舘野仁美・刈谷仁美【「なつぞら」インタビュー】

2019年8月21日 / 15:09

-刈谷さんも苦労されているのでしょうか。

刈谷 今はある程度食べていけるようになりました。でも、新人アニメーターは正社員ではなく、個人事業主として出来高制で入社する人がほとんどで、動画1枚200円程度です。だから、ほとんどの人は一人暮らしなんてできません。そんな人たちのためにクラウドファンディングで成り立っている新人アニメーター用の寮があって、私も半年前まではそこに住み、支援してくれる方々にリターンとして絵を描いたり、WEB上の日記を更新したりしていました。

-それでも目指す人はいると思いますが、アニメーターにとって最も必要なことはなんでしょうか。

舘野 アニメーターは不器用な人が多く、絵だけ描ければ幸せという人が多いけど、歴史や地理など、いろいろなや知識や雑学は持っていた方がいいと思います。私の尊敬する先輩は何でも知っていました。絵が上手だと、アニメーターとしてヒエラルキーの高い方に行けるけど、そこに知性がプラスされればさらに上に行けるので、若い人にはいろんなことに興味を持ち、知性を磨いてほしいです。

-アニメ草創期になつたちがこだわった「アニメーションにしかできない表現」。お二人はどう考えますか。

舘野 あらゆるすてきなアニメーション表現はディズニーがやり尽くしていると思います。画力と教養のあるアニメーターが描く白雪姫やシンデレラは、美しくて品があって完璧で、そんな女性は実際にはいないですよね。でも、アニメーションの中にはいるんです。そういう面白い動きや、あり得ない場面設定も含めて、頭に描いた理想のキャラクターを生き生きと動かすことだと思います。

刈谷 実写ではできないことがアニメーションでは実現できることですかね。タイトルバックで少女が野生動物と仲良くすることも普通はあり得ないですよね。う~ん、でも難しい質問です。私はまだ研究中なので、これから答えを見つけていきたいです(笑)。

(取材・文/錦怜那)

(C)NHK

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」脚本・岡田惠和「この父母の間で生きてきたから、あの寅さんになるんだなと思いました」

ドラマ2019年10月18日

 映画『男はつらいよ』シリーズの主人公といえば、誰もが知っている車寅次郎。その生みの親である山田洋次監督が小説で描いた寅さんの少年時代をドラマ化した「少年寅次郎」が10月19日(土)からNHK総合で放送開始となる。寅次郎出生の秘密から、戦争 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、陸奥守吉行役・蒼木 陣インタビュー 「人生を懸けて挑みたい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成するシミュレーションゲームを原案とした舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)の最新作が11月22日からTOKYO DOME CITY … 続きを読む

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top