【インタビュー】ミュージカル「ドン・ジュアン」蓮佛美沙子「そこまでドン・ジュアンを愛しきることができるのはちょっとうらやましい」

2019年8月22日 / 12:00

 ヨーロッパを中心に広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を、フェリックス・グレイ作曲による情熱あふれる名曲でミュージカル化した「ドン・ジュアン」。世界各国でフレンチミュージカルとして大好評を博し、2016年には本作でも潤色・演出を務める生田大和の演出により宝塚歌劇で日本初上演されて大きな話題を呼んだ。物語の舞台はスペイン。ドン・ジュアンは女と酒、そして快楽を求め続け、数多の女たちを魅了していくが、やがて「愛の呪い」に苦しんでいく…。ドン・ジュアンを演じるのは初ミュージカルとなるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔。そして、ドン・ジュアンが一瞬にして恋に落ちるヒロインのマリアを蓮佛美沙子が演じる。今回は、蓮佛に本作に懸ける思いや、演じる役についてなどを語ってもらった。

マリア役の蓮佛美沙子

-ミュージカルは2018年の「リトル・ナイト・ミュージック」以来の2回目となりますが、本作への出演が決まったときの心境は?

 ここまでのラブストーリーを映像のお仕事でもやったことがなくて、それにスペインの人たちのように情熱的に動いていく役をやったことがなかったですし、フラメンコなどのダンス経験があまりないので、大変そうだなと思いました。

-稽古前からフラメンコのレッスンを受けていたそうですが。

 単純な動きは覚えればできるんですけど、やっぱり先生が踊ると手首のしなやかさとか、内からあふれ出る情熱がすごかったです。フラメンコは悲しみを忘れるための踊りだったそうなんですけど、そういう根本的なことも教えていただきました。もちろん振りも大事ですけど、パッションなどの気持ちを大事にすべきだとレッスンで感じました。

-レッスンを始めた頃に比べて今の手応えは?

 ダンスは大変だけれど、家でも勉強したり、なんとか付いていくようにしています。共演者の方々がいい人たちなので、体を動かすことが楽しいというのが救いです(笑)。稽古で、みんなとコミュニケーションを取るようになるにつれて、より良いクオリティーのものにできるように頑張りたいという気持ちになってきています。

-この作品に懸ける思いは気合十分のようですね。

 もう気合しかないぐらいです(笑)。本読みでも、生田さんが「挑戦できる人たちと一緒に新しい『ドン・ジュアン』を作りたかった」とおっしゃっていて、藤ヶ谷さんも初めてのミュージカルで、彼にとっても挑戦だし、私にとっても挑戦です。みんなそれぞれ越えなきゃいけないものがあることで、より勇気づけられていますし、本当に素晴らしい作品なのでその良さがそのままお客さまに届けられるように頑張らなきゃいけないという気合はあります。

-芸術家で、婚約者がいるにも関わらすドン・ジュアンに引かれていくマリアという役をどのように捉えていますか。

 ラファエルという婚約者がありながら、ひどい女性だなと思いながら見ていました(笑)。亡霊の呪いによって、マリアもそうなってしまったという解釈もできますけど、そこまでドン・ジュアンを愛しきることができるのはちょっとうらやましいです。芸術家として自立した女性という印象を受けたので、今までドン・ジュアンが出会ってきた女性たちとは違う、母と子の関係にも見えなくもない、それぐらい自立した女性というところは大事にしたいです。

-蓮佛さんから見てドン・ジュアンとはどんな男性ですか。

 彼の根っこにある寂しさとか、本当は甘えたかった気持ちとか、本人すら気付いていない愛を渇望している感じに引かれてしまうのは分からなくもないです。「本当はそんな人じゃないのかな?」と思うことがあるんですけど、その時点で私はだまされるタイプだなと思います(笑)。頭では拒絶するけど、ありとあらゆる女性が求めにいってしまう男性としてそれぐらい魅力的で、踏み入れたくなる何かはあると思います。

-藤ヶ谷さんとの共演はいかがですか。

 藤ヶ谷さんとは連ドラで2回共演していて、人となりも分かっていたつもりなんですけど、稽古を一緒にやってみると、ものすごくピュアなんです。好青年で真面目だし、プレッシャーを感じているそうなんですけど、稽古場では全然そんなふうには見えなくて、軽やかに悩んでいる感じが座長として頼れる存在です。

-好青年の藤ヶ谷さんがドン・ジュアンという役を演じることをどう思いますか。

藤ヶ谷さんは形容しがたい色気がある人だなと思っていましたけど、そういう天性の、出そうと思って出せるものじゃない色気みたいなものが、それこそ立ち姿みたいなものからある方です。いろんな女性に囲まれるシーンの稽古ではすごくうれしそうにしていて、「全然、プレーボーイじゃないじゃん」と思いましたけど(笑)。でも、役に入ったときには色気や孤高さが出ていてすてきです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top