【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

2019年7月22日 / 17:29

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビーを演じた新木優子に、本作の魅力やシリーズに対する思い入れなどを聞いた。

アンティーク人形のギャビー・ギャビーを演じた新木優子

-本作が吹き替え初挑戦ということですが、役作りで心掛けたことなどはありましたか。

 ギャビー・ギャビーというキャラクターは1950年代に作られたアンティークのおもちゃなので、監督からは「昔の海外の女優をモデルに表現してほしい」と指示がありました。声質については、もともと落ち着いていると言われることが多かったので、大きく変えるというよりは、自分の声を生かして、なるべく口調を落ち着かせて雰囲気を出せるように努力しました。

-ギャビー・ギャビーを演じるに当たって役作りなどで苦労した部分はありましたか。

 全てが難しく、新鮮でした。特に声だけの表現が難しくて、自分が想像して出している声と、映像の中で自分の声が芝居をしているのを見ると、ちょっと違うと思うことがすごくあって、最初はとても不安でした。けれど、監督からの指示を受けて工夫をしていくことで自分の中でしっくりくるようになりました。

-ギャビー・ギャビーは製造不良で声が出ないことにとても強いコンプレックスを持っていましたが、新木さんにコンプレックスなどはありますか。

 今までは自分のハスキーな声がとてもコンプレックスで、もっと女の子っぽい、かわいい声がいいなと憧れを持っていましたが、今回、声のお仕事をさせていただいたことで、声を褒めてもらう機会が多くなり、この声が強みだと、ギャビー・ギャビーを通して自信につながりました。

-新木さんにとって『トイ・ストーリー』とはどういう作品でしょうか。

 物心がついたときからそばにあって、当たり前のように見ていた作品です。子どもの頃は映像美や色彩に目を輝かせながら見ていましたが、大人になってから見ると「こんなに深い作品だったんだ」って改めて実感しました。楽しいだけではなく人間関係やおもちゃの大切さを実感させてくれる作品だと思います。

新木優子

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top