【インタビュー】『よこがお』筒井真理子「深田監督の幹が、どんどん太くなっていく様子を頼もしく見ていました」 深田晃司監督「溝口健二監督の名作『西鶴一代女』をイメージしました」

2019年7月24日 / 12:00

 第69回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受賞し、世界の注目を集めた『淵に立つ』(16)から3年。深田晃司監督が、同作で名演を披露した筒井真理子を主演に迎えたヒューマンサスペンス『よこがお』が7月26日から全国ロードショーとなる。訪問看護師として真面目に生きてきた女性・白川市子の転落と復讐(ふくしゅう)を、磨き上げられた脚本と演出、卓越した演技でつづった見応えたっぷりの衝撃作だ。2度目の顔合わせとなった2人が、公開を前に作品の舞台裏を語ってくれた。

深田晃司監督(左)と筒井真理子(ヘアメーク:在間亜希子〔MARVEE〕/スタイリスト:齋藤ますみ)

-この作品が生まれた経緯を教えてください。

深田 最初にプロデューサーと話していたのは、女性3人を主人公にした群像劇でした。ただ、僕の中に筒井さんとやりたいという思いがあったので、やっぱり1人の女性にフォーカスした物語にしようと。それからシノプシス(あらすじ)を書き始め、ある程度出来上がった時点で、筒井さんに読んでいただいたところ、「一度会いましょう」ということになりました。雑談を交えて感想を話し合い、筒井さんの実体験から脚本に取り入れたアイデアもあります。

筒井 事前にお話ができると、作品の空気が捕まえやすいので、役者としては助かりました。深田監督とは、『淵に立つ』でカンヌ(国際映画祭)に行ったときも、「これがゴールじゃないよね」と言っていたので、お話を頂いてうれしかったです。

深田 僕は当て書きが多い方ですが、脚本を書く前に役者さんと会える機会はなかなかありません。そのためには、お互いの信頼関係もなければいけませんから。とてもぜいたくな時間を頂いたと思っています。脚本を書く上では、あらかじめ筒井さんに決まっていたことも大きかった。映画の脚本の場合、小説や漫画と違い、その役を第三者に演じてもらわなければいけません。そのため、「ここまで書くと、難しいかも…」とブレーキがかかってしまうことがある。でも、筒井さんには「ここまで演じていただけるはず」という信頼感がありました。だから、筒井さんというモチーフを、いかに魅力的に見せるかという方向で脚本を膨らませていくことができました。

筒井 出来上がった台本を読んでみたら、とても珍しいアクションがあったので、「面白い!」と。でも、すぐに「そうか、私がやらなきゃいけないんだ」と思って(笑)。そこに関しては、挑戦する気持ちで臨みました。一応、「世界初の女優のアクション」という触れ込みになっているので、楽しみにしていただければ(笑)。

-主人公・市子の感情の微妙な揺らぎを捉えた筒井さんの演技に引きつけられました。演じる際に、深田監督ならではだなと感じた部分はありますか。

筒井 安心感がありますね。「深田監督だったら、深いところまで掘っていっても大丈夫」という。『淵に立つ』のときに、「これは監督が撮りたいもの」という部分と、「この辺は泳がせてくれるだろう」という部分のさじ加減が分かったので、今回はさらに安心して遠くに行けるようにもなりました。

深田 そう言っていただけるとうれしいです。ただ、僕としては安心できる現場を作ることはもちろんですが、それ以上に意識していることは、安心できる脚本を書くことです。

-安心できる脚本とは?

深田 映画やテレビドラマを見ていて、「演技がよくない」と感じるときは、脚本で失敗していることが多いんです。そうすると、俳優がそれを何とか成り立たせようとして、演技が過剰になる。それが見る人に、「演技が下手」と映ってしまう。そういう状態を、僕は「俳優の荷物が増える」という言い方をしていますが、俳優にはできるだけ荷物がない状態で、自由にカメラの前で演じてもらいたい。よくできた脚本であれば、一から十まで説明しなくても、物語の構成や人物関係の変化の中で、その人が喜んでいるのか、悲しんでいるのか、お客さんに想像させることができますから。常に、そういう脚本を目指しています。

筒井 確かに、深田監督の脚本には「言いづらい」と感じるせりふは、ほとんどありませんね。ト書きも、とても丁寧ですし。

深田 逆に言えば、言いづらいせりふがあったとき、「言いづらい」と言えるのが、俳優と監督の関係としては理想です。俳優は“炭鉱のカナリア”のような存在で、身体化して演じる際に、監督が見過ごしている脚本の問題点、つまり、言いづらいせりふややりづらい芝居に、一番最初に気付くはずなんです。だから、率直に話し合える関係でいたいな…と。

筒井 深田監督とは、そういう関係が出来上がっていました。気になることがあったときは、何でも言い合える安心感がありました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top