新木優子、中島裕翔との“キス”エピソードを語る 直前の食事がカレーで「すぐに歯磨きしなきゃ!」

2016年12月10日 / 13:44

小春を演じた新木優子

 映画『僕らのごはんは明日で待ってる』のトークイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の新木優子と市井昌秀監督が登壇した。

 本作で、中島裕翔演じる無口でネガティブな亮太と恋に落ちる明るい女性・小春を演じた新木は「撮影から1年がたつけど、忘れていないせりふもあって、まだ鮮明にあの時の記憶が残っている。お客さんにやっと見てもらえると思うとうれしい気持ちでいっぱいです」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 原作は瀬尾まいこ氏のロングセラー小説。性格は正反対だが恋人同士になった二人の純粋な恋愛が描かれており、新木自身「いちずに思い合うからこそぶつかってしまうというところに胸がキュッとした」と語った。

 役作りについては「最初、監督に、演じるよりも私の中に小春という存在が居るから『それを虫眼鏡で拡大してほしい』と言われたので共通点を探すことから始めました」と振り返った。

 共演した中島の印象については「すごく気さくな方。最初は私も結構、緊張していたのですが、初日がちょうど恵方巻きを食べる日で、みんなでお昼に食べたんです。あれって黙って食べなきゃいけないのに、中島さんは話し掛けてきてイジってくれて」とエピソードを披露。

 「ふざけ合えるというか、近い存在だと思っていいんだと、態度で示してくださったので、その後も小春と亮太のままで休憩時間も過ごせました」と明かした。

 また、中島は物まねが得意だそうで「特に『流れ星』という芸人さんが二人とも好きで、それを知った中島さんはロケバスが閉まるたびに『ウーパールーパー』のネタをやってくれた。私はそれを見て大爆笑でした」と振り返った。

 撮影では初めてのキスシーンに挑戦した新木。緊張もあって「正直、何も考えていなかった。真っ白な状態だった」と話すが、なんと撮影直前の昼食が仕出しのカレーだったという。

 新木は「何で次がキスシーンなのに、匂いの残るカレーなんだろうと思って『すぐに歯磨きしなきゃ』と私が目を血走らせていたら、中島さんは『いいじゃん、2人共カレーを食べているんだから』と言ってくれて」と明かし、「そういうあっけらかんとした中島さんのおかげでリラックスしてシーンに挑むことができました。無事に終えられて良かったです」と語り、ほほ笑んだ。

 映画は1月7日からTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。

市井昌秀監督(左)と新木優子

市井昌秀監督(左)と新木優子


芸能ニュースNEWS

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

page top