「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年7月16日 / 16:32

-おりんは普通では考えられないほどの貧乏暮らしを送りますが、演じてみた感想は?

 なかなかしんどい生活ですよね(笑)。あんな暮らしをしていたら、箱入り娘だったおりんさんも、さすがにたくましくならざるを得ないだろうなと、納得しました(笑)。でも、文句を言ってはいても、楽しそうなんですよね。そこがすごくいいな…と。しかも、逃げ出さずにちゃんと家庭を守っている。本当にすごい女性だと思います。

-初出演となった大河ドラマの印象は?

 これだけ長期間撮影する作品はめったにありませんし、キャストもそうそうたる方がそろっていて。そういう豪華さは、やはり大河ドラマならではです。今までNHKさんにはあまりご縁がなかったので、スタジオに来るたびに、新鮮な気持ちになります。10代の頃からこの仕事をしているので、最近は新しい経験をすることもなかなかありませんが、今は何もかもが新鮮で、毎回緊張しています(笑)。

-これからのおりんと孝蔵の見どころは?

 これから物語は戦争の時代に突入していきますが、その激動の時代の中でおりんと孝蔵の夫婦の絆がどんなふうに深まり、どんなふうに変わっていくのか。その点にぜひ注目していただければと思います。

(取材・文/井上健一)

おりん役の夏帆

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

page top