「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年6月23日 / 20:50

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動会開催に際して、外苑バラックの自治会長として活躍したのが清さん。ごく普通の庶民でありながら、主人公・金栗四三(中村勘九郎)と、語りを務める美濃部孝蔵(森山未來)をつなぐ役割を担い、明るく元気なキャラクターで物語を盛り上げてきた。演じるのは、ミュージシャンとしても活躍する峯田和伸。これまでの撮影を振り返ってくれた。

清さん役の峯田和伸

-ついに第1部が完結しました。ここまでで最も印象的だったシーンは?

 関東大震災の後、生き延びた清さんと小梅(橋本愛)が孝蔵を呼んで、バラックで夜、一緒に酒を飲むシーンです。とにかく、セットがすごかった。がれきの山とバラックが建っている中に、土煙まで上がって、ものすごくリアルな雰囲気。しかも、そこに暮らしている人たちのすすり泣きが聞こえたり、ハモニカを吹いていたりと、実際にこうだったんじゃないかと錯覚するほどで…。本当にその状況に置かれたような気持ちになり、ちょっと気を許すと泣いてしまいそうでした。だから、「どう演じよう…?」と考えるまでもなく、自然に感情が湧き上がってせりふを言うことができました。

-清さんが小梅と結婚したのは、意外な展開でした。

 台本を読んだときは、うれしかったですね。セットでは橋本愛さんと一緒にいることが多いので、よく世間話をしています。お互いの結婚観みたいな話もしました(笑)。ただ、現場では、橋本さんとしゃべっているというよりも、小梅としゃべっているような気がします。

-ここまで演じてきた感想は?

 放送を見て「こんな感じだったのか」と気付くことが多いですね。自分がどう映っているのかを見て、「もう少しこうした方がいいな」とよく考えています。その中でも大きいのが、音楽。「自分が出ているシーンには、こんな音楽がかかるから、そういう気分で演じてみよう…」と。関東大震災後の場面も、沈んだ雰囲気の中、清さんだけは逆境に負けず、明るく元気に演じてみましたが、それも音楽からインスピレーションを受けたもの。音楽を担当されている大友良英さんは、撮影現場にもよく来ているので、もしかしたら僕が演じているのを見て、そこからイメージして作曲しているのかもしれません。

-その大友さんの音楽に対する印象は?

 僕が初めて役者として出演した映画の音楽を担当していたのが大友さん。それ以来、何度か一緒に仕事をしていますが、音楽からイメージして演じている部分があるので、本当に助かっています。浅草の繁華街の場面では、大友さん自身がチンドン屋の格好をして、バンジョーを弾いていたことが何度かあるんです。そうすると、僕たちの気持ちもやっぱり盛り上がる。放送を見ると、エキストラの人たちもすごくいい顔をしている。それもきっと、音楽のおかげでしょうね。

-第24回にも大友さんたちが出演していましたね。

 大友さんたちが演奏していたのは、「復興節」という歌。震災の後ではやったそうです。ただそれは、「涙をこらえて、みんな頑張ろう」といった内容ではなく、震災自体を皮肉るような歌詞。そういうブラックな歌が生まれているところに、「ただじゃ終わんねえぞ!」という人間のたくましさを感じました。劇中でもその歌をみんなで歌いながら踊るシーンがありましたが、改めて音楽の力はすごいな…と。

-ところで、ご自身の役作りはどのように?

 僕は山形出身ですが、東京の人に比べて、東北の人はもっとしょっぱい感じです。でも、清さんはごく普通の東京の庶民。だから、僕のしょっぱい部分を薄味にして、庶民的な感じを出したいと思って、浅草の人をイメージしながら、(古今亭)志ん生や志ん朝など、昭和の落語家の落語を毎日聴いていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top