【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

2019年7月16日 / 18:56

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチコピーとともに、ベッドの下にはいつくばって女性の足に目をやる、不気味な中に寂し気を漂わせた高良健吾の姿があった。その瞬間、これぞ高良の真骨頂!と思わずニヤリ…。本作主演を「ご褒美」と喜ぶ高良に、その胸中を聞いた。

高良健吾

 高良といえば、『蛇にピアス』『ソラニン』『横道世之介』『多十郎殉愛記』など、代表作は多ジャンルにわたるが、2年前、29歳のときのインタビューでは、10代後半から20代前半は「自殺」「犯す」「殺す」など暴力や死を伴う役が比較的多く、「キツくて嫌だった」と漏らしていた。一方で30代を目前にして、「同じような役に20代とは違うやり方で再挑戦したい」と意気込んでいた。

 そして30歳(撮影時)で迎えた本作は、11年前にたった一度だけ名前を呼んでくれた女性に執着する孤独な男の“狂気の愛”を描いた物語。男・三井直人は、彼女の家の近所に引っ越すだけではなく、自宅に侵入、監視、盗撮、盗聴を繰り返し、オムツまでして彼女のベッドの下で数時間を過ごすという、かなり“ヤバい”男。しかしその狂気は、幼い頃から存在感がなく、誰からも名前すら呼ばれたことがない寂しい過去に起因する…。

 自身も納得する「暗い」「ミステリアス」といったパブリックイメージにハマる役で、キャスティングの際、安里監督もプロデューサーも「これ以上の俳優はいない」と即決したという。もちろん、難役をこなす演技力も期待されてのことではあるが、高良は「役者なのでどういうイメージを持たれてもいいですけど、ストーカー役ですよね。複雑ですね…」と苦笑い。

 とはいえ、「30代最初の年にいろいろな役を頂いた中で、久しぶりに、苦しくてヒリヒリした痛みが伴う役がもらえたことはご褒美だと思いました。純粋に楽しかったです」と心の底からの笑顔も見せた。

 「キツくて嫌だった」ハードな役が、いつの間にか「ご褒美」に変わっていた。その理由を問うと、「若い頃は役に成り切ることで、その役が抱えている問題を自分の問題にし過ぎて、役がイエスと言えば、自分がノーと思っていてもイエスにしなきゃいけないと考えていたのでキツかったです。でも、僕は役に成り切るより、役として作品の中に存在したいので、そのためには役と自分の間にフィルターがあってもいいと思うようになりました」と返答。本作では、「役の問題を自分の問題にし過ぎず、一定の距離感を持って向き合えました」とうれしそうに話した。

 演じ方を変えようとしたきっかけは、お人好しの青年役で主演した6年前の映画『横道世之介』(13)までさかのぼる。試写を見たとき、高良は「この役はもうできない…」と感じると同時に、過去の作品のどのキャラクターも、身を削るような“成り切る”作業をしていたため、「二度とできないと思う役だらけで、それではいけない、身が持たない」と痛感したという。

 では、なぜそこまで自分を追い込んでいたのか? それは、「役者の寿命を短く考えていた」から。だが、「体力に限界があるスポーツ選手などと違い、役者は死ぬまで続けられるから、もっと長いスパンで考えていいと思ったときに気持ちが楽になりました」と打ち明けた。

 「20代のうちに何でもできるようにしないといけないとか、1~2年かけてできないことは諦めるしかないとか思っていたけど、5~10年かけてもいいし、20代でできないことは30代で、30代でできないことは40代でできるようになればいいと考えられるようになりました。白黒をつけたがる方だったけど、グレーゾーンを許せるようになったかな」と続ける。今回の変化は、『横道世之介』を発端に、約6年もの歳月をかけてようやく体現できたことなのだ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「笑ゥせぇるすまん」THE STAGE 佐藤流司「令和の時代に喪黒福造を演じたらこうなるというものを作り上げられたら」

舞台・ミュージカル2020年3月27日

 「忍者ハットリくん」や「怪物くん」などで知られる藤子不二雄(A)原作のブラックユーモア漫画『笑ゥせぇるすまん』が舞台化され、4月23日から上演される。主人公の喪黒福造を演じるのは、佐藤流司。全身黒づくめで不気味な雰囲気を漂わせる喪黒福造を … 続きを読む

【インタビュー】宇宙Sixトライアル#1『実験室』作・演出マギー「キラキラしたがむしゃらさが宇宙Sixの一番の魅力」

舞台・ミュージカル2020年3月26日

 ジャニーズJr.内のユニット・宇宙Sixのために、俳優・脚本家・演出家で、6人組ユニット「ジョビジョバ」のリーダーとしても活躍するマギーが、新作として書き下ろした新しいエンターテインメント「宇宙Sixトライアル#1『実験室』」が4月10日 … 続きを読む

「ドラマの顔は二階堂ふみちゃん」窪田正孝(古山裕一)【「エール」インタビュー】

ドラマ2020年3月26日

 「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など昭和の音楽史を代表する楽曲を生み出した作曲家・古関裕而と妻で声楽家の金子をモデルに、激動の昭和の時代を音楽とともに生きた夫婦の姿を描く連続テレビ小説「エール」。主演の窪田正孝は「ドラマの顔はふみちゃん」 … 続きを読む

【2.5次元】アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』長妻怜央インタビュー 「ダンクシュートできるように稽古で頑張ります!」

舞台・ミュージカル2020年3月23日

 2020年4月3日からアグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』が上演される。原作は『月刊少年マガジン』(講談社刊)に連載中の、八神ひろきの人気バスケットボール漫画。1989年から連載が開始され、バスケットボールを題材とした漫画 … 続きを読む

「『こいつは何をするのか?』と皆さんに悩みながらご覧いただけたら」尾野真千子(伊呂波太夫)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年3月22日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」に、また一人、個性的な登場人物が加わった。派手な衣装とメークが一際目を引く旅芸人一座の女座長・伊呂波太夫だ。戦災孤児だった幼い頃の駒(門脇麦)を育てた縁があり、各地の有力者に顔が利くことから今後、主人公 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top