【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

2019年6月14日 / 12:00

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6月21日からは待望の舞台「アンフェアな月」第2弾~刑事 雪平夏見シリーズ~「殺してもいい命」が開幕する。前作に引き続き、雪平役を演じる篠田に作品への思いを聞いた。

雪平夏見役の篠田麻里子(メイク:奥川 哲也/スタイリスト:根岸 豪)

-続編が決まったときのお気持ちは?

 うれしかったです! 第1弾の千秋楽を迎えたときは達成感もありましたが、課題もたくさんあって、ぜひもう1回、雪平役に挑戦してみたいと思っていたので、今回のお話を頂いてまた頑張れる、やっとぶつかっていけるって思いました。

-どんなところが課題だったのでしょうか。

 刑事ドラマを舞台でやる難しさを目の当たりにしました。(前作は)映像だと見せられることが見せられず、伝わりにくかった部分もあったと思います。でも本作は、原作の小説を舞台用にアレンジしているので、演出的にも見やすいものになっていると思います。

-篠田さんが演じる雪平は、原作はもちろん、テレビドラマや映画でも絶大な人気を誇ったキャラクターです。それだけに、役作りは大変だったのではないですか。

 影響を受けないためにも、映像作品は見ないようにしていました(笑)。映像をご覧になっていた方には、「雪平夏見」のイメージができあがっていると思いますが、本作は秦さんが原作で描いた雪平夏見像なので、映像とはまた違った人物になっていると思います。安藤との関係性も映像作品とは違いますし、別の作品として楽しんでいただけると思います。

-では、今、篠田さんが考えている雪平はどういった人物像ですか。

 正義に向かって真っすぐに生きる女性。そういう女性は、社会的には生きづらいし、素直になれない部分もあると思いますが、誰に何を言われても自分の生き方を貫いているかっこいい女性だと思います。

-雪平と似ていると思うところはありますか。

 白か黒ではっきりしている性格です。最近はさすがに大人になったので、グレーも必要だと思えるようになりましたが(笑)。雪平はすごくはっきりしていて、衝動的で、大人のようで大人じゃない。本能で生きている人に見えるので、そこは似ているなって思います。

-本作の脚本を読んでどこに魅力を感じましたか。

 前作は、母性や母親、女性がテーマでしたが、本作は、刑事ドラマの面白さがよく出た物語になっていると思います。「刑事 雪平夏見シリーズ」の良さは、刑事ドラマの中にある人間模様や刑事の生活背景まで描かれていることだと思いますが、今回はそこも丁寧に描かれているので、前回とは違った面白さのある作品になると思います。それぞれの命についても考えてもらえたらうれしいです。

-安藤役の松田凌さんとは本作が初共演ということですが、どんな印象を持っていますか。

 超真面目な人(笑)。いろいろな方と共演していると、真面目な方にもたくさんお会いしますが、「超」がつくほど真面目な人ってあまりいないんですが…真面目ですね。それでいて素直。いろいろな人からお芝居についてアドバイスを受けると、とりあえず、言われたことは全部やってみようとする人なので、ああ、素直なんだなって思いました。一緒にやっていて楽ですし、それでいて「こういう案はどう?」って提案もしてくれるので、パートナーとして最高です。

-篠田さんはドラマや映画、CM、ラジオと幅広く活躍されていますが、「演じる」ことにどんな思いがありますか。

 演じるというよりも、一人の人間の人生を感じていくって考えるようにしています。今は、たくさんの作品に出演させていただいていますが、もともと自分の中では女優は苦手分野だったんです。でも、こういう人生ももしかしたらあったかもしれないし、こういう人間だったらこうなったかもしれないって考えられるようになって、考え方の幅が広がった気がして、今は面白くなってきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top