【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

2019年6月12日 / 12:00

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれながらも、今は情熱を失いかけた高校教師・小渕隆(堤真一)は、ある日、一人の教え子と再会する。それは、野球の素質に恵まれながらも、挫折して高校を中退した“ゴルゴ”こと斎藤智之だった。立派に成長し、家族を持ったゴルゴの姿に安堵(あんど)する赤鬼。だが、ゴルゴの体は不治の病に侵されていた…。ゴルゴ役の柳楽優弥、その妻・雪乃を演じた川栄李奈に、撮影の舞台裏、作品を通じて感じたことなどを聞いた。

柳楽優弥(左)と川栄李奈

-夫婦役で共演が決まったときの感想は?

柳楽 うれしかったです。以前、テレビドラマで夫婦役をやったことがあり、今回が2回目。川栄さんは親しみやすい方ですし、ワンクール一緒にやって、気心も知れていたので。とてもやりやすかったです。

川栄 私は人見知りなので、初対面の方と距離を詰めることが苦手なんです。だから、共演したことがある柳楽さんとの夫婦役は、うれしかったです。しかも、前回は最後に夫婦になったので、その後は描かれていません。今回ようやく、きちんとした夫婦を演じることができました。

-共演する中で、お互いに助けられた部分は?

柳楽 川栄さんは、赤ちゃんの扱い方がものすごく上手。赤ちゃんがずっと泣いていたら、普通は心が折れそうになるんですが、まったく折れない(笑)。「大丈夫だよ」と言いながら、ずっとあやしている。撮影ではつらい気持ちになることも多かったのですが、そういう川栄さんの姿を見ていたら、僕も落ち着くことができました。

川栄 今回は堤真一さんやキムラ緑子(ゴルゴの母・智美役)さんなど、そうそうたる先輩方に囲まれてお芝居をするので、緊張していました。でも、柳楽さんがお芝居だけでなく、空気感的にも引っ張ってくださったおかげで、とても居心地がよかったです。

-赤鬼先生役の堤真一さんと共演した感想は?

柳楽 最高です(笑)。堤さんはみんなが緊張し過ぎない空気を作ってくださって、堤さん自身もそれを楽しんでいる雰囲気がありました。たくさんいる高校球児役の人たちを食事に誘うなど、とてもいい現場にしてくれました。

川栄 堤さんのサバサバした感じがすごく良かったです。病院で撮影する場面もあり、緊張するシーンも多かったのですが、たわいない話でみんなを和ませてくれたり…。

-堤さんとの共演で得たものはありますか。

柳楽 僕も最近、主演の機会が増える中で、先輩方がどういうモチベーションで挑んでいるのか気になっていたので、「主演は緊張しませんか」と聞いたことがあります。そうしたら、「主演だと思って主演したことがない」と。その言葉がとても印象的でした。「俺は主演だから、頑張るぞ」というモチベーションでないからこそ、いい空気感になる。僕もそういう意識で挑めるようになりたいな、と。勉強になりました。

川栄 柳楽さんがおっしゃる通り、堤さんには「自分が主演だから」という圧がないんです。お芝居には真剣に向き合いながらも、近寄りがたい空気が一切なく、とても話しかけやすい。そういう空気感がすてきだなと。おかげで、すごくいい雰囲気で撮影に臨めました。

-物語について伺います。本作では、赤鬼先生と教え子のゴルゴが、お互いに影響を与え合っていくのが見どころですね。

柳楽 先生と生徒という関係は一見、生徒の方が一方的に教わっているように見えますが、実は先生も生徒から学んでいるんだなと。僕にも子どもがいるので、お互いを成長させるそういう関係性には、グッとくるものがありました。

川栄 赤鬼先生には、厳しくて怖い一面もありますが、病気になった教え子の見舞いに来て号泣するなど、ものすごく人間味がある。そういうところはすてきですよね。

-ゴルゴは「努力は報われる」と言う赤鬼先生に対して、「みんな努力したら、みんなレギュラーになれるのか」と反論し、野球に挫折した過去があります。そのあたり、どんなことを感じましたか。

柳楽 ゴルゴの気持ちはよく分かります。先生が言っていることは正しい。少なくとも、努力はしないと報われないわけですから。でも、それに対して「分かっているけど、できないんですよ」と。結果が形として見えると、やりがいを感じて努力の大切さに気付けるのでしょうが、結果が見えないと「努力と言われても、どうすればいいの?」となる。そうすると、すぐに満足感を得られる目の前のものに飛びついてしまう。僕も十代の頃、そういう時期がありました。今振り返ると、「知らないことが多かったな」と思いますが…。そういう意味でも、ゴルゴにはものすごく共感しました。

川栄 みんなその人なりに努力はしているんですよね。その中で、拾い上げてもらえるのは、運があるかないかの差だけなのかな…と。だから、諦めてしまう気持ちも分からなくはないので、難しいですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top