【インタビュー】「ドキュメンタル」霜降り明星・せいやがシーズン7に初参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた松本人志さんは、一番笑かさなあかん存在」

2019年5月23日 / 14:02

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1千万円を懸けて“笑わせ合う”密室サバイバル。
 最新作となるシーズン7には、「M-1グランプリ2018」王者の霜降り明星せいや、吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊、加藤歩(ザブングル)、みちお(トム・ブラウン)らが初参戦。リベンジ組の宮迫博之(雨上がり決死隊)、後藤輝基(フットボールアワー)、ノブ(千鳥)、ハリウッドザコシショウ らも集結し、し烈な“笑いの総合格闘技”を繰り広げている。初参戦の霜降り明星のせいやに、先輩芸人を相手にした感想や、今後対戦してみたい芸人、憧れの存在「松本人志」への思いなどを聞いた。

「ドキュメンタル」に初参戦した霜降り明星せいや

-まずは「ドキュメンタル」の招待状を受け取って、出演を知ったときの気持ちを教えてください。

 ついに来たかという感じです。最初は驚きもあったんですけど、お笑い芸人としての純粋な喜びというか、こういう笑い純度100パーセントの場で活躍するのが夢だったので、松本さんに認められたっていう感じがしてうれしかったです。でも、収録日がR-1グランプリに挑戦している真っ最中で、毎日M-1優勝でもらったボーナスの仕事もしていてワーッと忙しい中、前日の夜11時頃にR-1が準決勝で落ちたと分かって、そのあと夜中にR-1の敗者復活戦の打ち合わせとネタ作りがあって、「うわあ~明日は始発で『ドキュメンタル』やあ」っていう感じだったので、半泣きになりましたが、吹っ切れた感じもありました。

-収録時まで対戦相手が明かされない番組ですが、いざ現場に着いて対戦相手を見たときの心境は?

 僕が密室に入ったのが4番目で、最初にドアを開けたときに、まず後藤さんとノブさんの顔が見えたので、「やったー」って思いました。僕はボケなので、後藤さんとノブさんという、「うわ~!お笑い界のツッコミのこの2人がそろう!?」っていう喜びの中、加藤さんが見えたときには「最悪や!」って思いました(笑)。加藤さんはパワーがすごくてどんどん前に出られるタイプなのでやりづらいなと思って、さらに僕の後にザコシショウさんが入ってきたときは「あーあ、またや」ってなりました(笑)。加藤さんと同じでどんどん前に出られるタイプですし、絶対に笑っちゃうからやばいなと思いました。

-実際にその先輩方との間で激しい攻防を繰り広げた感想は?

 自分がイメージしていた「ドキュメンタル」の26倍ぐらい難しかったです。本当は25倍でいいところなんですけど、僕の予想していたものよりも、もう一個難しかった。みんな笑わないし、こっちは笑ってしまうし、「こんなのに、皆さん耐えてるの?!」っていう、笑ってしまいそうな危ないシーンがたくさんありました。自分が最終奥義として用意してきたネタも、開始10分でザコシショウさんに振られてやってしまい、一瞬で武器もなくなりました(笑)。

-一番印象に残っている場面を教えてください。

 僕が電話で出前を頼んでいるシーンがあるんですけど、そこである“二次災害”が起きて笑いが起こったんです。そこでは僕は一切ボケようとはしていなくて、ただ出前を取っていただけなんですけど、「笑いの神様」がほほ笑んでくれたので、ぜひそこは楽しみに見てほしいです。

-「ドキュメンタル」が配信されてから反響はありましたか。

 はい、やっぱり「ドキュメンタル」は男性人気がハンパないと感じましたね。お笑いのファンって劇場には女性の方が多いと思うんですけど、「ドキュメンタル」はエグいほどに男性が好きです。お笑いのコアな層の方がめちゃくちゃ楽しみにしてくれていたみたいで、たくさん反響を頂きました。

-相方の粗品さんや周りの芸人仲間の反応は?

 みんな声をそろえて「面白かった」って言ってくれました。M-1とかのネタ番組は悔しさもあるので同業者同士では「面白かった」って絶対に言わないんですけど、「ドキュメンタル」はなぜか「ほんまにオモロかったよ」って言うんですよね。「ドキュメンタル」はお笑い番組というよりも、ドラマを見ているような魅力があるのかなって思います。不思議ですよね、ドキュメンタルのパワーって。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

映画2022年1月27日

 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 … 続きを読む

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第2回「佐殿の腹」義時と頼朝、「奇妙なバディ」の鮮やかな船出

ドラマ2022年1月19日

 「おまえだけには話しておく。いずれわしは挙兵する。都に攻め上り、憎き清盛の首を取り、この世を正す」  突然、思いもよらない話を始めた頼朝に対して、義時は「お待ちください」と制止する。しかし頼朝は構わず、次のように続ける。  「法皇様をお支 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」竹財輝之助「すれ違ってしまい、うまくいかない恋愛を楽しんでいただけたら」

ドラマ2022年1月19日

 中村ゆりかと竹財輝之助が出演するドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」が放送中。志茂の同名コミックスを原作とした本作は、営業部に勤める、“社畜OL”のまるちゃんこと丸山真由美と、定時に帰ることで有名な総務部の部長・堤司が繰り広げ … 続きを読む

amazon

page top