【インタビュー】「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」東出昌大「撮影は台本との戦いでした」瀬々敬久監督「東出くんのドキュメンタリーのような作品」

2019年5月11日 / 13:09

 少年時代、殺人事件で姉を失った過去を持つ元警官の探偵・佐伯修一。彼は、依頼に応じて社会復帰した犯罪加害者たちの現状を調査する中で葛藤を繰り返し、自らの心の傷と向き合うことになる…。薬丸岳の小説『悪党』を原作にしたサスペンス「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」が、5月12日からWOWOWで放送が開始される。主人公の佐伯を演じるのは、これが連続ドラマ初主演となる東出昌大。監督は『64-ロクヨン-(前編/後編)』(16)、『友罪』(18)の瀬々敬久。『菊とギロチン』(18)に続いて2度目の顔合わせとなる2人が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

東出昌大(左)と瀬々敬久監督

-脚本を読んだときの印象をお聞かせください。

東出 「ハードボイルドな作品」というのが台本を読んだときの印象でした。ただ、監督とお話ししたら、「あまりハードボイルドにはしたくない。佐伯は復讐(ふくしゅう)の鬼だが、日常も出していきたい」とおっしゃっていたんです。単にハードボイルドなだけなら、見えを切るような芝居をすれば、それらしいキャラクターとして見せることはできます。でも、それでは瀬々監督とやる意味がない。だから、撮影は台本との戦いでした。

瀬々 原作を基に、鈴木謙一さんと一緒に脚本を作っていきましたが、佐伯がさまざまな人と会う中で、次第に事件の真相が見えてくる、というのが物語の基本的な構造です。どうしてもせりふで説明しなければならないことが多かったので、そのあたりが難しいな…と初めは思っていました。でも、撮影が終わった今は、東出くんをはじめとする俳優たちの力もあり、登場人物それぞれのエモーションが渦巻いている作品になったな…と。期待以上の手応えを感じています。

-東出さんはこれが連続ドラマ初主演になりますが、お気持ちは?

東出 打ち上げの席で「初主演」と言われて「そうだったんだ」と思ったぐらいで、そういう気負いは一切なかったです。僕にとっては、「瀬々監督と一緒にやれる」ということが一番でした。

-撮影現場の様子は?

瀬々 撮影の面白さは、「現場に行かないと何が起こるか分からない」というところにあります。だから、演技について細かい指示はせず、東出くんの自由な演技をカメラで撮る、という方針で臨みました。結果的に、全6話の作品に東出くんが俳優としてどう挑んでいくか、というドキュメンタリー的な要素が濃厚に出た作品になったのではないかと。とても刺激的でした。

東出 俳優を信じて、「行ってこい」と大海原に投げ出すように背中を押してくださるあたりは、瀬々監督らしいですよね(笑)。もちろん、せりふはすべて覚えていましたが、瀬々監督が「気持ちが乗るように、せりふを変えてもいい」という姿勢でいてくれたので、途中からは台本を忘れて臨むようになりました。「台本は週刊誌だと思え」。これは若松孝二監督の言葉だそうですが、今回の現場ではこの言葉ついて、深く考えさせられました。でも、楽しかったです。

-瀬々監督から見た俳優・東出昌大の魅力は?

瀬々 何と言っても、他者との“コール&レスポンス”がすごい。共演者の芝居を受けて、投げ返す。そうすると、相手も輝くし、東出くん自身も輝く。大きなうねりがあるわけではないのに、ただ向き合っているだけで、感情と感情が積み重なり、どんどん高みに上っていく…。その化学反応がすごいなと。将棋の羽生善治さんを演じた『聖の青春』(16)がいい例ですが、今回もそういう見事な化学反応を何度も見せてくれました。

-東出さんは、演じる上でどんなことを心掛けましたか。

東出 僕は、何かを表現をしようとするよりも、“表現しない”ことの方が魅力的だと考えています。自分もそうありたいと思っていますが、どうしても雑念が生じ、「もっとこうした方がよく見えるのではないか」と考えてしまうことが多い。ただ今回は、『菊とギロチン』で一緒だった寛一郎を始め、多くの方が「何もしない」芝居を見せてくれました。そういう皆さんの力を借りて、探偵・佐伯として存在することができたのではないかと。撮影前半、瀬々監督が冗談交じりに「受け芝居が続くな」とおっしゃっていましたが、その通りだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

【インタビュー】『雪子さんの足音』寛一郎、“映画人”として生きる覚悟… 父・佐藤浩市とはねたみ合う「ライバルでいたい」

映画2019年5月17日

 名優・三國連太郎を祖父に、佐藤浩市を父に持ち、彼らと同じ映画俳優の道を歩きはじめた寛一郎。計り知れないプレッシャーがのしかかるその胸には、2人の偉大な役者の「3世」ゆえの覚悟が秘められていた…。  映画『心が叫びたがってるんだ。』(17) … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top