東出昌大&瀬戸康史、恋愛質問に苦笑 「ふられたことは、あります」

2018年9月1日 / 15:34

東出昌大(左)と瀬戸康史

 映画『寝ても覚めても』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、渡辺大知、伊藤沙莉と濱口竜介監督が登壇した。

 柴崎友香氏の同名恋愛小説を映画化した本作は、同じ顔をした2人の男と、その間を揺れ動く女・朝子(唐田)の8年間を、丁寧にかつスリリングに描いた衝撃作。ミステリアスな自由人である麦と、実直なサラリーマンの亮平という、全く違う性格の2人を、東出が一人二役で演じた。

 この日は、映画の内容にちなみ「恋愛観」についての質問があった。司会者から「失恋したことはないのでは?」と聞かれた瀬戸は「いやいやいや。ありますよ」と苦笑し、「それこそ初めてお付き合いした彼女…。中学2年から高校1年まで付き合いましたが、彼女が本能のおもむくままに行動した結果、僕はふられまして。その日は『神様~、なぜこんな仕打ちを~!』と壁をたたいた経験があります」と語り、会場を盛り上げた。

 一方、既婚者の東出は「僕の恋愛観はいいんでないかな…」と話題をそらそうとしたが、司会者から「東出さんはきっとふられた経験はないでしょう」と突っ込まれると、「あります、あります。普通に告白してふられたことはあります」と明かした。

 また「いちずに朝子を思う亮平と、つかみどころのないミステリアスな麦、自分だったらどちらの男性を選ぶか?」という質問には、女性キャスト全員が「亮平」と回答した。

 唐田が「生涯を共にするなら亮平みたいな優しい人がいい」と理由を語ると、山下も「麦は危ない。心を持っていかれると、こっちの心も死んじゃう。それは嫌だな」とコメント。伊藤も「不安定な人とは付き合えない。やっぱり心身ともに安定していたいので」と続けた。

 ところが「どちらが実際の自分に近い?」と聞かれた東出は、「僕は完全に麦ですね」と即答。濱口監督が「会場がサーッと引いている」と観客の心を代弁して笑わせた。

舞台あいさつの登壇者たち


芸能ニュースNEWS

「知ってるワイフ」恐妻から激変の広瀬アリス 「かわい過ぎて私が幸せにしてやりたい」

ドラマ2021年1月15日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第2話が、14日に放送された。  謎の男、小池良治(生瀬勝久)からもらった平成22(2010)年の500円硬貨で2度目のタイムワープを試みた剣崎元春(大倉)は、建石澪(広瀬アリス)と … 続きを読む

戸田恵梨香「重さと同時に喜びを味わっています」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、30代部門で受賞した戸田恵梨香が出席した。  戸田は「素晴らしい賞を頂き、本当 … 続きを読む

横浜流星「女優の横浜流星です」 「日本ジュエリーベストドレッサー賞」受賞

授賞式2021年1月15日

 過去1年間を通じて、最も輝いている人、最もジュエリーが似合う人を世代別に表彰する「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が14日、東京都内で行われ、受賞者の横浜流星、森七菜、戸田恵梨香、小池栄子、斉藤由貴、田中美佐子、内田篤人 … 続きを読む

乃木坂46新内眞衣「全力で突っ走っていきたい」 「紀伊國屋ホール」改装前の最終公演でヒロイン役

舞台・ミュージカル2021年1月14日

 舞台「熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~」公開舞台稽古と舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の味方良介、荒井敦史、愛原実花、乃木坂46の新内眞衣、NON STYLEの石田明ほかが登場した。  紀伊國屋ホー … 続きを読む

菅野美穂&浜辺美波の母娘に「二大美女のドラマ」 「岡田健史も川上洋平もカッコ良さが増している」

ドラマ2021年1月14日

 菅野美穂が主演するドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、売れっ子恋愛小説家で一人娘を持つシングルマザーの水無瀬碧(菅野)と、オタクで非モテの大学生の娘・空(浜辺美波)のトモダチ母 … 続きを読む

page top