東出昌大、憧れの三島作品に舞台で挑む 「原作を全く汚すことなく」と手応え

2018年11月7日 / 22:36

美青年・松枝清顕を演じる東出昌大

 舞台「豊饒の海」の初日前会見が7日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、首藤康之、笈田ヨシほかが登場した。

 三島由紀夫が死の直前に完成させた、「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部から成る大作小説『豊饒の海』を舞台化。これまでに第1部「春の雪」が映画や舞台になったことはあったが、今回は4部すべてを再構築し、1つの作品として上演するという初の試みに挑む。

 20歳で命を落とした美青年・松枝清顕を演じるのは、3年ぶり2度目の舞台出演となる東出。3日間のプレビュー公演を経て「いい感触を感じている。僕自身、三島文学ファンですが、今回、三島作品というものを全く汚すことなく舞台上に表出させることができるという思いは、確信となりました」と手応えをにじませた。さらに「最後まで胸を張って舞台に立ち続けたい」と意気込みを語った。

 一方で東出は、4部作を1作品にまとめ上げると知った当初、「正直、恐れを感じました。この小説はあまりにも長い人の一生、それに関わる人たちの物語なので…」と戸惑いを感じたことを吐露。しかし、長田育恵氏が書き上げた脚本を読み、「原作の魅力を損なうことなく、かつ文学に触れて来なかった人にも魅力が伝わる内容で、『なんて、うまくできているんだ』と思った。俳優部としてはあとは『やるだけだ』と思い、突き進んできた次第です」と笑顔で振り返った。

 清顕の影を追い続ける男・本多繁邦の老齢時代を演じるのは、生前の三島由紀夫と交流があった笈田ヨシ。「11月という先生の命日の月にこの舞台をやらせていただくのは、感無量です」としみじみ語っていた。

 舞台は7日~12月2日、都内の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演。

(前列左から)宮沢氷魚、東出昌大、上杉柊平、(後列左から)演出のマックス・ウェブスター、大鶴佐助、笈田ヨシ、首藤康之

 


芸能ニュースNEWS

五郎丸歩、日本代表に期待するのは「優勝」 間近に迫ったラグビーW杯に「興奮しています」

トレンド2019年8月16日

 「キッカー ベア カプセルコレクション」発表会が16日、東京都内で行われ、元ラグビー日本代表の五郎丸歩、女優の山崎紘菜が出席した。 続きを読む

タロン・エガートン「エルトンとの間に絆と友情が生まれた」 「魔法のような経験でした」

映画2019年8月16日

 映画『ロケットマン』ジャパンプレミアが15日、東京都内で行われ、主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が登壇した。  本作は、伝説的ミュージシャンのエルトン・ジョンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレッチャー監督が描 … 続きを読む

八村塁「ドラフトされたときと同じぐらいうれしい」 ゲーム内にキャラクターとして登場

イベント2019年8月15日

 NBA公認バスケットボールゲームソフト「NBA 2K20」日本オフィシャルアンバサダー発表会が15日、東京都内で行われ、NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手が出席した。  ゲームのオフィシャルアンバサダーに就任した八村選手は「小さい頃 … 続きを読む

山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が恋愛観を披露 「親友と同じ人を好きになったら」に回答

映画2019年8月15日

 映画『二ノ国』公開直前・中高生限定スペシャルトークイベントが14日、東京都内で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇した。  高校生の青春や葛藤を描いた本作にちなみ、「自身の高校時代」について尋ねられた山崎は「何をやって … 続きを読む

田中圭と林遣都、お泊まりロケの思い出を語る 「平成最後の満月の夜だった」

映画2019年8月14日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』プレミアムトークイベントが13日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top