「100年前にオリンピックが行われた競技場に立ったとき、『このために一生懸命頑張ってきたんだ』という思いが湧きました」生田斗真(三島弥彦)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年3月17日 / 20:50

 いよいよストックホルムオリンピックが開幕し、日本初のオリンピック選手の1人、三島弥彦は、マラソンの金栗四三(中村勘九郎)に先駆けて短距離競技に出場した。ところが結果は惨敗。最後は棄権という選択をすることとなった。とはいえ、持てる力を出し切ったそのすがすがしい姿に、心打たれた視聴者も多かったはず。第11回で入魂の演技を披露した三島役の生田斗真が、ストックホルムロケの思い出や作品の舞台裏を語ってくれた。

三島弥彦役の生田斗真

-第11回のクライマックス、400メートル走のシーンは素晴らしかったですね。

 今までの撮影で最も苦労したのがこのシーンです。ドキュメンタリータッチで、実際に400メートルを走り、そのまま走り切った後のお芝居に流れていくという撮影で、本当に大変でした。でも、それだけの苦労をして余りあるいいシーンになったと思います。

-最終的に棄権という選択をした三島を演じてみて、どんなことを感じましたか。

 僕も実際にストックホルムに行き、外国の俳優の方と一緒に仕事をさせてもらいましたが、やっぱり皆さん、ものすごく体も大きくて足も速い。もちろん、そういう方を集めているからではあるのですが、外国の方を見慣れていて、触れ合ったことのある現代人の僕ですら、そう感じるわけです。それを考えると、100年前、たった2人で初めて外国を訪れた金栗さんや三島さんはきっと、「とんでもないところに来てしまった」と思ったのではないでしょうか。そのときに味わった敗北感や屈辱は、尋常ではなかっただろうなと…。

-ストックホルムロケの感想は?

 ストックホルムに行かせていただいたことは、何ものにも代え難い貴重な経験でした。100年前、実際にオリンピックが行われたスタジアムに行き、三島さんが走ったトラックを走ることができたわけですから。撮影が始まったのは昨年の春ですが、トレーニングはもっと前から続けていたので、ストックホルムの地に立ち、トラックの土を踏みしめたときは、「このときのために一生懸命頑張ってきたんだ」という思いが心から湧いてきました。それと同時に、実際にオリンピックに出場する選手たちには、僕らには計り知れないプレッシャーや思いがあるんだろうな…ということも実感しました。

-一緒にストックホルムへ行ったことで、実際の三島さんと金栗さんのように、生田さんと中村勘九郎さんの絆も強くなったのでは?

 そうですね。撮影自体が、本当にストックホルムオリンピックに出場したと錯覚するぐらい大規模なものだったので、僕らもどこか、物語の世界に紛れ込んだような気持ちになりました。撮影が終わると毎日のように勘九郎さんと一緒に夕食を取り、空き時間には美術館を回ったり、買い物に出掛けたりしていましたし…。おかげで、僕と勘九郎さんも、三島さんと金栗さんのように強い絆で結ばれたと思っています。今でも、「夢のような時間だった」と2人で話しています。

-撮影以外で印象に残っていることは?

 最も印象に残っているのは、遊園地に行ったときのことです。昼過ぎに撮影が終わったある日、街中に遊園地があったので、勘九郎さんと「行ってみよう」という話になって。スタッフ数人を誘った後、思い切って声を掛けてみたら、竹野内(豊/大森兵蔵役)さんも来てくれたんです。遊園地では、みんなで大きな落下する絶叫マシンに乗ったのですが、動き出したときに隣の勘九郎さんが「怖い、怖い…」と言っている反対側で、竹野内さんがあの美声で「ハッハッハ…」と笑っていて…(笑)。この2人に挟まれた状況が、ものすごく楽しかったです。まさか竹野内さんと一緒に遊園地に行くとは、思ってもいませんでした(笑)。

-それでは改めて、三島弥彦を演じる上で心掛けていることは?

 「痛快男子」と呼ばれる三島さんですが、「痛快」の「痛」は現代的には「イタい」と読むこともできます。そういう意味で、空回りする三島さんの「イタさ」も、ほんの少し香るといいなと思いながら演じています。「痛快さ」と「イタさ」が混在する感じですね。その一方で、お金持ちの上に勉強もスポーツも万能、スーパーマンのように思われがちな三島さんも、実はお兄さんに対する劣等感や母親から認めてもらえない悲しみを秘めている。そういう、みんなと変わらない悩みや孤独感を抱えた人間だということも、重くなり過ぎずに表現できたら…と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top