「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年2月10日 / 20:50

-円喬と孝蔵の関係で楽しみにしていることは?

 森山くん演じる孝蔵が、いずれビートたけしさん演じる名人・古今亭志ん生になる…。最初はそのつながりが想像しづらかったのですが、若い頃の志ん生の写真を見ると、痩せてキリッとしていて、森山くん的な部分も感じられる。「なるほど」と。そういう流れを踏まえて、僕がたけしさんの師匠になるのは“おいしい”ですね(笑)。円喬はやがて亡くなりますが、できればその後も、たけしさん演じる志ん生の回想シーンに僕がたくさん登場することを期待しています(笑)。

-脚本を手掛けるのは、松尾さんが主宰する「大人計画」の宮藤官九郎さんです。演じる中で、ご自身と宮藤さんの関係を連想することは?

 宮藤くんから聞いたわけではありませんが、もしかしたら円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ね合わせている部分もあるのかな…と感じることもあります。円喬が孝蔵に具体的な仕事を与えないまま、身の回りでぶらぶらさせていたように、僕と宮藤くんも“師匠と弟子”といった堅苦しい関係にならず、いつの間にか一緒にやっていたようなところがあるので…。もしそうだったらうれしいですね。僕としては、“伝説の名人”役に選んでくれた宮藤くんに恥をかかせてはいけないと思って、落語の練習に一層熱が入りました。

-後半の主人公・田畑政治を演じる阿部サダヲさんも、大人計画の所属ですね。

 宮藤くんの脚本に阿部くんが主演するのは、テレビドラマでは今まであまりなかったので、とても良かったと思っています。2人がこれまで積み重ねてきたものが、いい形で結実したのではないかと。お互いに付き合いも長いので、宮藤くんは「このセリフを、阿部くんがどんなふうにしゃべるか」分かって書いているでしょうし。最強の組み合わせではないでしょうか。

(取材・文/井上健一)

橘家円喬役の松尾スズキ

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

【インタビュー】『洗骨』照屋年之監督「現場に芸人のゴリは一切なく、ただ汗まみれで無精ひげで、一生懸命演出している素の僕がいました」

映画2019年2月8日

 沖縄の一部の島に残る“洗骨”。文字通り一度、土葬(または風葬)された遺体が骨になった後、その骨を洗って再び埋葬する風習である。この洗骨を題材に、ユーモアを交えて家族の絆を描いた『洗骨』が、2月9日から全国公開される。監督・脚本を担当したの … 続きを読む

page top