【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

2019年2月14日 / 12:52

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新しい自分を語ってくれた。

歯科技工士を演じた高杉真宙

 

-医療関係の作品は初めてで、しかも、あまりなじみのない歯科技工士の役でしたが、どのような役作りをされましたか。

 「歯科技工士」というものを初めて知ったので、まずはどういう職業なのか調べるところから始まりました。

-歯科技工士は、入れ歯や差し歯などの製作を行う技術者ですが、作業中のシーンは手元がアップになることも多いので練習は大変だったのではないですか。

 動画を見たり、ネットで調べたり、現場では歯科技工士の方に指導していただいたり、かなり濃厚な時間を過ごさせてもらいました。“慣れ”は絶対にスクリーンに映るので、時間があれば器具に触れていました。でも、黙々とする作業は嫌いではないので楽しかったです。

-漫画を基にしたアウトローな役から、ヒロインが憧れる王道のイケメン役など、さまざまな役を演じていますが、リアルな世界での、いわゆる“普通”の青年を演じることは難しいのでしょうか。

 普通の役はすごく好きなので、難しいというより楽しいです。もちろん、特殊な役も面白いですけど、最初から変わっている人よりも、周りの影響を受けて徐々に変わっていく過程を演じるところにやりがいを感じます。今回は、若さゆえの独りよがりなところが目立つ大地が、幼なじみで歯科衛生士の真夏(安田聖愛)をはじめとした仕事関係の人や、おばあちゃん(松原智恵子)たち家族と接する中で変わっていくので、その心の機微を意識して演じました。

-前回のインタビューでは「どの役も悩んで作るもの」とおっしゃっていましたが、今回は何に悩まれましたか。

 大地に共感する部分があまりなく、彼自身を理解できないところがあったので、お互いの気持ちを繋ぐことが大変でした。だから、「大地はこういう子だからこういうことをする」と台本にはない部分も想像して、納得して、大地に寄り添っていきました。

-劇中、大地は「自分に足りないもの」に気付きますが、高杉さんは同作を通して、自身に対する新しい発見はありましたか。

 安田さんとは高校の同級生ですが、同級生と共演するとこんなに気恥ずかしいんだ…と思い知らされました(笑)。真夏と大地の間には恋愛の要素も入ってくるので余計に恥ずかしかったです。

-松原さんをはじめ、藤田朋子さん、秋吉久美子さん、池田鉄洋さんなど、ベテラン役者勢とご一緒の撮影はいかがでしたか。

 初めてご一緒する方々ばかりでずっと緊張していましたが、先輩方の存在だけでも心強く、寄りかかってもいいんだ…という安心感もありました。特に共演シーンが多かった松原さんは温和ですてきな方で、そんな松原さん演じるおばあちゃんの孫だから、大地はあんな風に変われたんだな…と思えました。松原さんとおばあちゃんがリンクして、僕も大地もそれに導かれたような気がしました。

-同作は、第16回モナコ国際映画祭で最優秀作品賞(エンジェルピースアワード)を受賞したほか、大地が義歯を提供する患者役の丹古母鬼馬二さんも助演男優賞を受賞されましたが、報告を受けた時の感想は?

 映画祭には出席できなかったので、日本でマネジャーさんから電話連絡を受けましたが、その時は舞台の公演終わりで燃え尽きていたので、「あ、そうですか」とあっさり返してしまいました(笑)。でも後日、トロフィーを持たせてもらうと、重さと共に喜びを実感しました。公開前にいいスタートを切れてよかったです。

-高杉さん自身は海外進出の夢を持たれていますか。

 英語が話せるようになればな…というくらいの夢なら持っています(笑)。以前、関西弁を話す役を演じた時に、方言というだけで感情移入することが難しくて、とても不自由だったので、外国語になるとより厳しいと思います。なので、まずは日本でちゃんと役者としてのスキルを身に付けたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top