「金栗さんの走り方は、ストックホルムオリンピックに向けて洗練されていくように考えました」金哲彦(マラソン指導)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年2月4日 / 15:47

 見事、羽田で行われたオリンピック予選に勝利した金栗四三(中村勘九郎)。いよいよ日本初のオリンピック出場に向けて物語は動き出していく。その中で大きな見どころとなるのが、四三たちがマラソンを走る場面だ。本作のマラソン指導を担当するのは、市民ランナーからプロのアスリートまで幅広く指導を行う一方、NHK BS1で放送中のランニング情報番組「ラン×スマ ~街の風になれ~」にも出演するプロ・ランニングコーチの金哲彦氏。主演の中村勘九郎に対するマラソン指導など、撮影の裏話を語ってくれた。

マラソン指導の金哲彦氏

-中村勘九郎さんへのマラソン指導はいつごろから始めましたか。

 初めてお会いしたのは、2017年の6月です。トレーニングを始める前に体を見せていただいたら、歌舞伎で重い衣装を着たり、足を踏み鳴らしたりするせいか、太ももも太く、思ったよりがっしりしている印象を受けました。歌舞伎役者の方は、皆さんそんな感じだそうですね。ただ、マラソン選手らしい体つきではなかったので、歌舞伎のスケジュールや、普段の食生活などを伺った上で、体作りから始めました。

-具体的な走り方はどのように指導されましたか。

 体作りがある程度進んだところで、長距離を走るための基本的なランニングフォームの指導から入りました。練習を始めてみて分かったのが、勘九郎さんは運動能力が非常に高いということ。筋肉の質がいいんです。だから、短距離を走ると速いし、ジャンプ力もある。陸上競技をやっていれば、跳躍の選手にしたいぐらいです。理解力も抜群で、一度教えたことは、次に会ったときには完全に覚えている。だから、長距離のランニングフォームもすぐにマスターしてしまいました。同じことを何回も言わなくていいので、指導するのは非常に楽でした。

-勘九郎さんが演じる金栗さんの走り方について教えてください。

 金栗さんは、残っている資料が少ないんです。若い頃の写真とストックホルムより後のオリンピックのスタート直後の一瞬の映像と、子どもたちと一緒に走っている70歳頃の映像ぐらい。ただ、それらを見ると、体幹が非常にしっかりして、きちんとした前傾姿勢が取れており、全くぶれていないことが分かります。また、金栗さんは足袋で走っていたので、僕も勘九郎さんが使う足袋を履いてみました。そうすると、ランニングシューズを履いた現代の弾むような走り方とは違って、スリ足に近くなる。地面も、今のようにアスファルトではなく土です。そういった点を考慮し、「恐らくこうだったはず」という走り方を作り上げました。

-勘九郎さんは、その走り方で演じているのですね。

 そうですね。とはいえ、金栗さんのピークはストックホルムオリンピックです。それを踏まえて、演出家の方とも相談しながら、少年時代の粗削りな走りから次第に洗練されていくように、段階を踏む形でいくつかの走り方を考えました。勘九郎さんも、走るシーンがちょうどいいトレーニングになっているらしく、撮影が進むにつれ、マラソン選手らしい脚になってきています。ストックホルムロケのときは「いい脚になってきていませんか?」とうれしそうに語っていました(笑)。

-指導する上で、テレビドラマならではの苦労は?

 普段、僕がランニング指導をするときは、選手が実際に走っている姿を見て、「いいか、悪いか」を判断します。テレビドラマの場合、走るシーンは単調になりがちなので、並走したり、ドローンを使ったりと、演出の方がカメラワークを工夫するのですが、撮り方によってスピード感がかなり変わってきます。だから、僕が問題ないと思っても、画面で見ると監督が思い描くものになっていないことがあるんです。そんなとき、「何とかなりませんか?」と相談されるので、例えば足元のアップであれば、多少デフォルメして足の動きを強調する…といったことが必要な場合もあります。僕も知らなかったので、勉強になりました。

-他にもありますか。

 フルマラソンを走るシーンが何度もありますが、実際の撮影では時系列が前後します。その中で、走行距離に応じた疲労具合を表現しなければなりません。ただ、勘九郎さんは実際に走ったことがないので、相談を受けて「30キロ地点では、足の力が入らなくなってきます」といったアドバイスをすることもあります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top