【インタビュー】『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』白洲迅、自己不信から脱却!イケメン枠でブレイクの兆し

2019年2月8日 / 12:00

 連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(17)で福士蒼汰演じる主人公・奥森黎の友人・安達虎太郎役を演じ、「あのイケメンは誰?」と人目を引いた白洲迅。当の本人も「反響は大きく、転機になった作品です」と笑みをこぼす。今後ますます活躍の場を広げるであろう白洲が、芝居を続ける上での心構えや、目指す役者像、主演映画撮影時のエピソードなどを語ってくれた。

白洲迅

 芸能界に入るきっかけは高校在学中に受けた第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト(10)。母の友人の長年の勧めで渋々応募するも、ファイナルまで進めなかったことが負けず嫌いのハートに火をつけ、声を掛けてくれた芸能事務所に所属することを決意。だが、当初は役者業に対してそれほどの気概はなく、「やりたいこともないし、取りあえず、今の自分とかけ離れた世界に足を踏み入れてみようかな」という好奇心が強かったことを打ち明ける。

 デビュー作は、城田優、斎藤工、瀬戸康史ら、数々の人気俳優を輩出した大ヒット舞台シリーズのミュージカル『テニスの王子様』(11)。「芸能界一本にするのは怖かった」ということもあり、入学したばかりの大学を休学して稽古に通うが、やがて「役者の仕事に楽しさや、やりがいを見いだせた」と歩むべき人生の道を一本に絞った。

 それからはコンスタントに映画、ドラマ、舞台に出演し続け、おととしの「愛ある」でついにプチブレーク。しかし浮足立つことなく、「福士くんや川口春奈ちゃんなど同年代の役者と共演することがあまりなかったので、その環境や、誰が主人公を追い詰めている犯人なのかが分からないまま展開するミステリードラマだったから、視聴者の関心が虎太郎にも寄せられたんじゃないかな」と、注目された理由を冷静に分析した。

 とはいえ、同ドラマが転機となり、この頃に心境の変化があったことも吐露。「それまではどんなに話題の作品に出ても、自分が注目されても、自信につながらなくて、どうしたらいいのか悩んでいたけど、考え過ぎなのかなぁと思うようになって…。そうしたら気持ちが楽になりました。最近は自分の芝居が自由になっている気がして、今、すごく楽しいです」と爽やかな笑顔を見せた。

 自己不信から脱却した白洲は、芝居に向ける情熱をたぎらせる。その要因は昨年の舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」、ドラマ「刑事7人」で共演した名優・吉田剛太郎との出会い。吉田について、「芝居が大好きで命を懸けていて、技術もすごくてポテンシャルも高い。こんな人っているんだ…と思いました」と感激しつつ、「得るものが大きすぎてそしゃくし切れていない」と悔しさものぞかせた。

 また「舞台と映像では瞬発力や演じ方に違いはあるけど根本は一緒。ただ、人と人とのやり取りであることにも気付かされました」とうれしそうに話すと、今後は「舞台と映像を両立してやっていきたい」と言葉に力を込めた。とりわけ、舞台は「好き嫌いではなくて修行の場。ちゃんと芝居の勉強をしたいから、舞台がないと不安になる」と特別な思いも明かした。

 そんな白洲が今回主演を務めるのは、漫画『Back Street Girls』(ジャスミン・ギュ作)を実写映画化した『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』(2月8日公開)。ある事件で不始末を起こした3人のやくざが、組長の命により、やむなくタイで性転換&全身整形してアイドル活動をする姿を描いたピンキーバイオレンス映画。白洲(健太郎)、花沢将人(リョウ)、柾木玲弥(和彦)がやくざパートを、対になるアイドルパートを岡本夏美(アイリ)、松田るか(マリ)、坂ノ上茜(チカ)が演じており、男性陣はアイドルになっても消えない男としての幻影としても登場する。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top