【インタビュー】『赤い雪 Red Snow』永瀬正敏「『この世界に身を置きたい』と思える素晴らしい脚本でした」菜葉菜「一生に一度出会えるか出会えないかという作品」

2019年2月2日 / 14:28

 ある雪の日、1人の少年が突然姿を消す。その行方は不明のまま30年が経過。事件の責任は弟を見失った自分にあると、自責の念にとらわれたまま大人になった少年の兄・白川一希と、少年誘拐の容疑者の娘として育った江藤早百合。被害者の兄と容疑者の娘である2人の周囲で再び事件が動き出し、思わぬ真実が明らかになっていく…。これが長編デビュー作となる甲斐さやか監督が、自身のオリジナル脚本を映画化した重厚なミステリー『赤い雪 Red Snow』が、2月1日に全国公開された。ダブル主演を務めた白川一希役の永瀬正敏と江藤早百合役の菜葉菜が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

永瀬正敏(左)と菜葉菜

-オファーを受けたときに感じた作品の魅力は?

永瀬 何といっても、脚本が素晴らしかった。こんなに重厚な雰囲気のある作品に出会ったのは久しぶりです。まるで映画を見ているように、「どうなるんだろう?」と興味を引かれたまま読み終えてしまい、「ぜひ、この世界に身を置かせていただきたい」と。

菜葉菜 永瀬さんがおっしゃったように、重厚な雰囲気のある脚本で「これぞ映画だな」と。早百合という役はものすごく強烈ですが、その分やりがいもあって魅力的。そういう役を甲斐監督が「私に」と言ってくださったからには、何かあるんだろうと。そういう知らない自分を知りたいという気持ちもあり、「ぜひやらせてください」と答えました。こんなふうに思える作品は、一生に一度出会えるか出会えないか。私にとっては、それがまさに『赤い雪』でした。

-甲斐さやか監督はこれが長編デビュー作ですが、初対面の印象は?

永瀬 小柄でかわいらしい方だったので、「この人がこんなに鋭い脚本を書くの?」と驚きました。話をしても、作品に漂うアンニュイな雰囲気は全く感じられず、とても素直。ただ、じっくり聞いていると、節々に「なるほど」と納得できるものがある。だから、「この監督には、きっとまだ何かがあるはずだ」と。ますます「身を預けてみたい」と思うようになりました。

菜葉菜 以前、甲斐監督の短編を見る機会があったんです。そのときから、その世界観に魅了され、「この監督と一緒にお仕事をしたい」と思っていました。実際にお話をしてみると、自分のことを見抜かれていると感じることがあったり、自分でも感じていた「役者として足りない部分がある」ということを指摘してくださったり…。役者に対する愛がないと、普通はそこまで見てくれません。そういう意味で、ものすごく愛情を感じたので、「監督の世界に入りたい」とより素直に思うことができました。

-役作りはどのように?

永瀬 僕も幼い頃に弟を亡くしているので、身内を亡くすという点では、一希に通じるものがありました。とはいえ、基本的には甲斐監督に委ねた感じです。どんな作品でもその姿勢は変わりませんが、今回は監督が「この人は、絶対に何かある」と思わせてくれた分、いつも以上に委ねる気持ちが強かった気がします。

菜葉菜 撮影に入る前、監督とディスカッションして早百合像を掘り下げる機会があったので、事前にある程度は共有できていました。ただ、監督から「せりふが少ない分、たたずまいで見せないと」と言われていたこともあり、自分なりに彼女の生い立ちや背景を調べた上で、現場に臨みました。

-一希と早百合が雪の中で対峙(たいじ)する場面は、お二人のお芝居に圧倒されました。

永瀬 菜葉菜さんの顔が、それまでとは全く違いました。撮影が始まると、一希に追い駆けられた早百合が逃げる途中、自転車で思い切り転倒したのに、全く気にせず芝居を続けていて…。

-転倒は芝居ではなかった?

菜葉菜 本気で転びました…(笑)。

永瀬 普通だったらカット(の声)が掛かって、心配したスタッフが集まってくるはずなんです。でも、それをさせない気迫がありました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『アラジン』中村倫也「大人になったから納得するようなせりふも数々ある」 木下晴香「年齢を重ねることで魅力を感じるところが変わっていく」

映画2019年6月17日

 ディズニーアニメーション映画の不朽の名作『アラジン』が実写となって公開され、大きな盛り上がりを見せている。本作のプレミアム吹き替え版でアラジン役を演じた中村倫也とジャスミン役の木下晴香に吹き替えでの苦労や“運命の出会い”について聞いた。 … 続きを読む

【インタビュー】『ある町の高い煙突』渡辺大「異なる立場の人々の共生を描くことは、とてもすてきな試みだと思いました」

映画2019年6月17日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が6月22日から公開される。本作で、鉱山の庶務係で地元住民との補償交渉にあたる加屋淳平役を … 続きを読む

【映画コラム】女性の主張や生き方の変化を象徴する実写映画化『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

page top