【インタビュー】『検察側の罪人』原田眞人監督「サッカーに例えれば、木村さんはボランチで、二宮くんは足が速くて突っ込んでいくフォワード」

2019年2月18日 / 10:00

 都内・蒲田近辺で強盗殺人事件が発生。被疑者の一人として、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった松倉(酒向芳)の名が挙がる。事件を担当したベテラン検事の最上(木村拓哉)と新米検事の沖野(二宮和也)は、捜査方針をめぐって対立。やがて最上と松倉の過去の因縁が明らかになり、沖野は師である最上を「松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないか」と疑い始めるが…。昨年公開され、大きな話題を呼んだ『検察側の罪人』のBlu-ray&DVDが2月20日に発売される。本作の原田眞人監督に、主役の2人の印象や、映画に込めた思いなどを聞いた。

原田眞人監督

-『関ヶ原』(17)の岡田准一さんに続いて、今回もジャニーズ事務所の木村拓哉さんと二宮和也さんが出演していますが。彼らに共通するものは何かありますか。

 ジャニーズの人たちはみんなマナーがいいですし、役に対する取り組み方がとても真摯(しんし)です。脚本をきちんと読み込んでくるし、感性も鋭いので、細かいことを説明しなくても済みます。それに我が強くない。ちゃんと、そこに合わせて、という着地点をうまく見つけてきます。だから、役を一緒になって作り上げていくことができる。とてもやりやすいです。

-では、木村さんと二宮さんの違いは?

 サッカーに例えれば、木村さんはボランチで、視野の広い司令塔ですね。二宮くんは足が速くて突っ込んでいくフォワード。絶対誰にもパスをしないという(笑)。木村さんは積み重ねてきた経験値がものを言うタイプ。それに対して、二宮くんは天才的な反射神経で処理をしていくタイプで、切り替えが早いです。だから細かいことは考えないで、現場に入って、僕や共演者と話をしたり、リハーサルを通して出てきた発想を大事にしていました。この映画の取り調べのシーンで、松倉のまねをして口を鳴らすところも、本人がアドリブでやったことです。

-監督は『関ヶ原』の際に、「原作をいかに生かすかを考えた」とおっしゃっていました。今回は、例えば原作にはないインパール作戦のくだりが入っていますが、映画と原作との間や関係についてはどうお考えですか。

 今回は、原作を残しているのは基本的には前半までです。それは、登場人物に人間としての魅力がどれだけあるかということに重点を置いたからです。正直に言うと、原作の最上にはあまり魅力を感じませんでした。エリート検事が犯罪を犯したとして、あんなドジを踏むものかと。もっと頭がいいだろうと。そういう意味で、その部分を掘り下げていくと、ブローカーの諏訪部(松重豊)との連帯感というのも、単に取り調べ室で知り合ったというのでは駄目だと考えました。それで、以前から気になっていたインパール作戦を入れてみようと思いました。それは、今の日本を語るときに、清算していない過去の戦争犯罪を避けて通ることはできない。そのうちの一つがインパール作戦であると。つまり今回は、登場人物を生かすために原作から離れたということです。
 ただ、原作の雫井脩介さんから「三つだけお願いできますか」と言われたことの一つが、「最後に沖野に叫ばせてほしい」ということでした。言われてみれば、確かにその通りだなと。沖野がどういう意味で叫んだのか、という点では解釈が分かれるでしょうが、あれで映画が締まりましたから。

-監督は、『関ヶ原』のときに、「(黒澤明監督の)『七人の侍』(54)にいかに近づけるかを考えた」とおっしゃっていました。その意味では、今回は、同じく黒澤監督の『悪い奴ほどよく眠る』(60)と『天国と地獄』(63)を意識したのではありませんか。

 とても意識しました。極端に言えば、タイトルに『悪い奴ほどよく眠る』と付けたかったぐらいです(笑)。また『天国と地獄』は今回も事前に見直して、この映画に、そのニュアンスやトーンをどう取り入れられるかを考えました。『天国と地獄』を今見て感心するのは、役者のバリエーションと深みです。当時の一線級の舞台役者が新聞記者や捜査陣になって出ています。その点でも捜査会議が出てくる映画の最高傑作だと思います。ですから、あの映画ほどの時間はかけられないにしても、できることはあるのではないかと思い、かなりリサーチをして、今の時代の捜査会議のリアルさを追求しました。
 また、歴代の映画で検事を描いた名作はないと思っていたので、検察物の代表作を作りたいと考えました。日本の社会の中における検事とは何かということをテーマに、リサーチをする中で、いろいろな検事や、ヤメ検(検事を辞めて、その後弁護士になった人)たちとも知り合ったので、この映画を作っているときは、検察側の視点を共有して作ることができました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

page top