【インタビュー】『春待つ僕ら』平川雄一朗監督「若いキャストが頑張ってくれたおかげで、とても気持ちのいい映画になりました」

2018年12月14日 / 15:21

 あなしんの人気コミックを原作に、土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友という注目の若手俳優たちが集結した青春映画『春待つ僕ら』が12月14日から全国公開される。本作は、孤独な女子高生と、バスケットボールに情熱を燃やす男子高校生たちの恋と友情を描いた物語だ。メガホンを取ったのは、大ヒット作『ROOKIES -卒業-』(09)の平川雄一朗監督。公開を前に、作品に込めた思い、撮影の舞台裏を聞いた。

平川雄一朗監督

-オファーを受けたときの感想は?

 原作が僕の得意な少年漫画ではなく、少女漫画だったのでやや戸惑いました。ただ、台本を作る過程で改めて読んでみたら、「今を懸命に生きる若者の話」だと気付いたんです。その中に恋愛や友情の物語がある。そういう人の絆の話であれば、僕にもできるだろうと。

-映画化する上で大事にしたことは?

 この作品の登場人物たちは常に思い悩んでいます。思い悩むのは思春期の特権ですが、高校を卒業した後は悩まないのかといえば、そんなことはありませんよね。40過ぎの僕だって、日々悩んでいる。そんな「みんな背伸びして、頑張って生きているんだ」という雰囲気が映画全体から出せればと思っていました。

-映画は原作をうまく2時間にまとめていますが、主人公の美月(土屋太鳳)が作文コンクールに出場するエピソードは原作にはない部分です。この作文コンクールは、そういう思いの中から生まれたものでしょうか。

 そうですね。原作がまだ完結していないので、1本の映画としてどう決着させたらいいのか模索し、脚本の完成まで1年以上かかりました。その結果、生まれたのが作文コンクール。美月が独りぼっちになったきっかけは、作文を学校で笑われたこと。ならば、美月の成長を描くには、作文コンクール出場がふさわしいのではないかと。

-コンクールで美月が朗読する作文からは、前向きなメッセージが伝わってきます。その内容にもこだわられたのでしょうか。

 かなり試行錯誤しました。もともとは台本を基にした原稿を用意していましたが、それを読んだ太鳳ちゃんが「これは美月の思いだから、自分も考えたい」と。そこから太鳳ちゃんと僕の間で何回かやり取りをした結果、出来上がったのが劇中のものです。映画の中では短く編集されていますが、全部で原稿用紙5枚分。太鳳ちゃんも、「制服を着るのはこれが最後になるかもしれない。だから、これは私の卒業論文」という思いを込めて書いてくれました。

-気持ちのこもった土屋さんのお芝居も印象的でした。

 撮影のときは、僕も太鳳ちゃんも「いいものにしたい」という思いがあったので、「今は声の張りがなかった」、「気持ちが途切れた」と追究し、何回か撮り直しています。だから、あの場面にはものすごくたくさんの思いが詰まっています。

-美月と親しくなる永久(北村匠海)、恭介(磯村勇斗)、竜二(杉野遥亮)、瑠衣(稲葉友)というバスケ部の4人も重要な存在です。それぞれ役に関しては、どんなお話をされたのでしょうか。

 最初にイメージを伝えました。「磯村くんは花沢類(『花より男子』に登場するキャラクター)ね」みたいな感じで(笑)。面白かったのは、稲葉くん。「かわいい弟キャラ」という意味で、「君は(俳優の)志尊淳になれ」と言ったら、「えー!志尊ですか!?」と(笑)。ただ、彼らも原作のキャラクターが持っている魂を忘れずに、生きた人間としてきちんと演じようと必死にやってくれたので、あとは多少修正したぐらい。基本的にはそれぞれの持ち味を生かしました。

-浅倉永久役の北村匠海さんはいかがですか。

 北村くんには具体的なイメージは伝えませんでしたが、『君の膵臓をたべたい』(17)とは変えたかったので、「永久ってそうなのかな…?」と、ずっと問い掛けていました。北村くんは、静と動のバランスをきちんと計算して芝居を作れる人。そこに問いを投げ掛けると、また少し違うものが生まれてくる。それが永久の個性になればと思ったので。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

page top