「大久保さんの妻らしく、なるべく手際よく振る舞うことを心掛けました」美村里江(大久保満寿)【「西郷どん」インタビュー】

2018年11月25日 / 20:50

 各地で士族たちの反乱が勃発する中、政府の中枢で活躍する大久保利通(瑛太)の家族にも危険が及び始める。難を逃れるため、鹿児島で暮らしていた妻の満寿は、ついに子どもたちを連れて東京へ。だが、東京には大久保との間に息子・達熊をもうけた元芸妓・ゆう(内田有紀)がいた…。物語が緊迫の度合いを増す中、第44回では懸案だった大久保の家族の問題がユニークな形で山場を迎えた。薩摩時代から大久保を支えてきた満寿を演じる美村里江が、これまでの撮影を振り返ってくれた。

大久保満寿役の美村里江

-第44回、東京にやって来た満寿は、ついにゆうと対面しました。

 内田さんも私も「何を話すのかな?」と、とても楽しみにしていたんです。女同士の本音のぶつかり合いは、中園(ミホ/脚本家)さんの得意とされるところ(笑)。どんな台本になるのか楽しみに待っていたら、意外にも何を話したのか明らかにしないという展開。本妻対愛人として思い切りやり合いたかった気持ちもありますが、中身をつまびらかにしないことで、大久保さんに謎のプレッシャーがかかるというのも面白かったです(笑)。

-これまで大久保の妻として満寿を演じてきた印象は?

 大久保夫妻に対する私の印象は「器用になりたい不器用な人たち」。2人ともどんどん変化していけばいいと考えているけど、その実、なかなか変わることができない不器用な面がある。大久保さんは立場も変わったし、ひげを生やして洋服を着たりしているけど、その本質は変わっていない。昔ながらの嫁として大久保家を守ることを考え、ゆうとの対面を避けてきた満寿からも、現状を維持しようとする意識がうかがえます。そういうふうに、先進的に見えて保守的なところがある者同士の2人だったから、夫婦でいられたのではないかなと。どちらかが器用に変わっていったら、夫婦の関係を続けるのは難しかったのではないでしょうか。

-満寿は大久保をどんなふうに見ていたのでしょうか。

 その点で、印象に残っているのが第20回です。「なぜ、自分は吉之助のようにできないのか」と嘆く大久保さんに、ほほ笑みながら歩み寄り「あなたは西郷吉之助さまになりたいのですか?私はそのままのあなたがいい」と告げる場面がありました。満寿としては、「ようやく本当のことを話してくれた」といううれしさがあると同時に、「ほんのこて情けなかなあ」とも思っている。だけど、それは悪い意味での「情けない」ではなく、「しょうがないわねぇ」と、大久保の全てを抱え込もうとする思いが込められている。それこそ本当の愛情ですよね。

-2人の夫婦愛を示す印象的な場面でした。

 ただ、そのときは、まだ大久保さんの全てを受けとめる器としては、満寿自身も不足していて、一生懸命大きくしていきたいという気持ちだったと思います。そして、周りからどんなに「変わった」と言われても、その内側にある、少し臆病で、西郷さんのようになりたいと思っている大久保さんから、自分だけは目をそらさないでいようと。それが妻としての矜持(きょうじ)であり、西郷さんとは別の意味で、一番近くで見守ってきた人間の強さではないかと。

-満寿を演じる上で、心掛けたことは?

 なるべく手際よく振る舞うことです。不器用というのは性格的な意味合いに過ぎません。初登場のとき、囲碁を打つ場面もあったように、日常的なことに関して満寿は、二手、三手先を考えて動ける人。大久保さんのスピードと切れ者感にも付いていける人でなければいけませんし。今もよく覚えているのが、何も言われないのに大久保さんの考えを察して、お漬物を手に「お父さまのところにあいさつに行ってきます」と出掛けて行った場面(第17回)。ものすごい速さでお漬物を包んで、さっさと出ていくんです(笑)。あそこは映像的に少しうそをついていて、普通だったら有り得ないスピード。だけど、満寿ならできるかも…と思える。そういう面白いキャラクターでしたね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『菊とギロチン』木竜麻生、初主演の過酷現場は「必死すぎて覚えていない」そこから得た“度胸とワクワク”

映画2019年4月26日

 人々が貧困と出口のない閉塞感にあえぐ大正末期の日本を舞台に、実在した「女相撲」の一座とアナーキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが心を通わせ、自由を追い求めて生きる姿を描いた映画『菊とギロチン』。同作のブルーレイ・DVDが発売されるに … 続きを読む

【インタビュー】『バースデー・ワンダーランド』杏「チィは『実写でも演じられるのでは?』と思うぐらい、自分に近い印象を受けました」

映画2019年4月25日

 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)をはじめ、大人から子どもまで楽しめる作品を送り出してきた原恵一監督の最新作アニメーション『バースデー・ワンダーランド』が、4月26日から全国ロードショーとなる。本作は、 … 続きを読む

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top