【インタビュー】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』アリソン・スドル&ダン・フォグラー「クイニーとジェイコブの絆の強さに説得力を持たせようと思いました」

2018年11月29日 / 07:17

 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じく魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描く最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開された。2年前の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に続いて魔女のクイニーを演じたアリソン・スドルと、その恋人のジェイコブを演じたダン・フォグラーに、今回の見どころや、撮影の裏側について聞いた。

アリソン・スドル(左)とダン・フォグラー

-前作に続いての出演ですが、今回はどんな点に重点を置いて演じようと思いましたか。

アリソン クイニーの本質は保ちながらも、今回はキャラクターが発展していくので、それに沿ってちゃんと膨らませられるように意識しました。同じクイニーを演じるとはいえ、今回は状況が違うので、前回とのバランスを考えながら演じました。

ダン 僕は最初の登場シーンが肝心だと思っていたので、そこはかなり意識しました。ジェイコブがクイニーの魔法にかかって恋におぼれている、という状態です。そこから恋人同士のけんかになっていくのですが、そこに説得力を持たせることができれば、その後のシーンは、観客が付いてきてくれると思ったので、そこを一番意識しました。

-今回は、ジョニー・デップとジュード・ロウという2人のスターが撮影に加わりました。現場の雰囲気は変わりましたか。また共演した感想は?

ダン 現場に来れば、1920年代のパリの街並みを再現した巨大なセットがそこにあるわけですから、さすがのジョニーやジュードも「すごい!」とあっけにとられた様子でした。その様子を見て、彼らも僕らと同じなんだと思って楽しかったです。

アリソン これだけ大きなプロジェクトになると、俳優としては、人間性や想像力を保ちながらその役を演じることが難しくなりがちです。ジョニーは大スターですが、「ジョニー・デップだ」とこちらが意識して演じると、2人のキャラクターの関係性を築くことはなかなかできません。それを知ってか、ジョニーの方から冗談を言ってくれたりして緊張をほぐしてくれました。そのおかげで、互いに集中してそれぞれのキャラクターを演じることができましたが、それは監督のデイビッド・イェーツの演出の力も大きいと思います。

-今回も原作者のJ・K・ローリングが撮影現場を訪れたのでしょうか。

ダン はい。彼女の発言はたいてい監督経由で伝わってくるのですが、「前作の俳優の演技にはとても満足しているので、今回も自由に演じてほしい」と聞いたので、俳優として自信を得ることができました。ロンドンプレミアでは彼女の隣にいたので少し話をしました。「今、次回作を書いているんだけど、ちょうどジェイコブのせりふを書いたところなの」と聞いて、とてもうれしかったです。

アリソン 役に対していろいろと聞きたいことがあったので、たくさん質問しましたが、彼女は「大丈夫。あなたはキャラクターをちゃんと理解してくれているから、自分の直感を信じて」と言ってくれました。

-今回は2人の関係に新たな展開が見られますが、この展開は予想していましたか。

アリソン ネタバレになるのであまり詳しくは話せないのですが…(笑)。私たちがこの映画の展開を何となく知ったのは、プロモーションが始まったところからです。それを知って、一番気を付けなければならないのは、クイニーとジェイコブの絆がいかに強いのか、それをいかにして築いてきたのかに、説得力を持たせることだと思いました。今回2人に起こる仲違いは、誰にでもあることなので、それを追求するのはとても面白かったです。彼らはいろいろな選択をしながら、進路を決めていきます。その意味でも、納得できる展開だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『検察側の罪人』原田眞人監督「サッカーに例えれば、木村さんはボランチで、二宮くんは足が速くて突っ込んでいくフォワード」

映画2019年2月18日

 都内・蒲田近辺で強盗殺人事件が発生。被疑者の一人として、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった松倉(酒向芳)の名が挙がる。事件を担当したベテラン検事の最上(木村拓哉)と新米検事の沖野(二宮和也)は、捜査方針をめぐって対立。やがて最上と松倉 … 続きを読む

「夫役の竹野内豊さんとアドバイスし合って、一緒にシーンを作り上げています」シャーロット・ケイト・フォックス(大森安仁子)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月17日

 ついに日本初のオリンピック出場に向けて準備を開始した金栗四三(中村勘九郎)と三島弥彦(生田斗真)。2人の選手と共に開催地ストックホルムへ向かうのが、日本代表監督を務める大森兵蔵(竹野内豊)とその妻・安仁子だ。国際結婚でアメリカからやって来 … 続きを読む

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top