【インタビュー】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』アリソン・スドル&ダン・フォグラー「クイニーとジェイコブの絆の強さに説得力を持たせようと思いました」

2018年11月29日 / 07:17

 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じく魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描く最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開された。2年前の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に続いて魔女のクイニーを演じたアリソン・スドルと、その恋人のジェイコブを演じたダン・フォグラーに、今回の見どころや、撮影の裏側について聞いた。

アリソン・スドル(左)とダン・フォグラー

-前作に続いての出演ですが、今回はどんな点に重点を置いて演じようと思いましたか。

アリソン クイニーの本質は保ちながらも、今回はキャラクターが発展していくので、それに沿ってちゃんと膨らませられるように意識しました。同じクイニーを演じるとはいえ、今回は状況が違うので、前回とのバランスを考えながら演じました。

ダン 僕は最初の登場シーンが肝心だと思っていたので、そこはかなり意識しました。ジェイコブがクイニーの魔法にかかって恋におぼれている、という状態です。そこから恋人同士のけんかになっていくのですが、そこに説得力を持たせることができれば、その後のシーンは、観客が付いてきてくれると思ったので、そこを一番意識しました。

-今回は、ジョニー・デップとジュード・ロウという2人のスターが撮影に加わりました。現場の雰囲気は変わりましたか。また共演した感想は?

ダン 現場に来れば、1920年代のパリの街並みを再現した巨大なセットがそこにあるわけですから、さすがのジョニーやジュードも「すごい!」とあっけにとられた様子でした。その様子を見て、彼らも僕らと同じなんだと思って楽しかったです。

アリソン これだけ大きなプロジェクトになると、俳優としては、人間性や想像力を保ちながらその役を演じることが難しくなりがちです。ジョニーは大スターですが、「ジョニー・デップだ」とこちらが意識して演じると、2人のキャラクターの関係性を築くことはなかなかできません。それを知ってか、ジョニーの方から冗談を言ってくれたりして緊張をほぐしてくれました。そのおかげで、互いに集中してそれぞれのキャラクターを演じることができましたが、それは監督のデイビッド・イェーツの演出の力も大きいと思います。

-今回も原作者のJ・K・ローリングが撮影現場を訪れたのでしょうか。

ダン はい。彼女の発言はたいてい監督経由で伝わってくるのですが、「前作の俳優の演技にはとても満足しているので、今回も自由に演じてほしい」と聞いたので、俳優として自信を得ることができました。ロンドンプレミアでは彼女の隣にいたので少し話をしました。「今、次回作を書いているんだけど、ちょうどジェイコブのせりふを書いたところなの」と聞いて、とてもうれしかったです。

アリソン 役に対していろいろと聞きたいことがあったので、たくさん質問しましたが、彼女は「大丈夫。あなたはキャラクターをちゃんと理解してくれているから、自分の直感を信じて」と言ってくれました。

-今回は2人の関係に新たな展開が見られますが、この展開は予想していましたか。

アリソン ネタバレになるのであまり詳しくは話せないのですが…(笑)。私たちがこの映画の展開を何となく知ったのは、プロモーションが始まったところからです。それを知って、一番気を付けなければならないのは、クイニーとジェイコブの絆がいかに強いのか、それをいかにして築いてきたのかに、説得力を持たせることだと思いました。今回2人に起こる仲違いは、誰にでもあることなので、それを追求するのはとても面白かったです。彼らはいろいろな選択をしながら、進路を決めていきます。その意味でも、納得できる展開だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top