「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

2018年11月11日 / 20:50

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た岩倉使節団の留守を預かり、後の世につながるさまざまな政策を打ち出しながらも、後に下野して旧士族の反乱「佐賀の乱」を起こすこととなる。演じるのは、これまで「薩摩ことば指導」を担当してきた迫田孝也。ことば指導と出演の二役を経験した感想や、役に懸ける意気込みを聞いた。

江藤新平役の迫田孝也

-薩摩ことば指導の担当から、出演することになった経緯は?

 最初から出る気は満々でした(笑)。イベントなどの機会があるごとに「出たい」と言い続け、中園ミホさん(脚本家)と林真理子さん(原作者)にも「よろしくお願いします!」とあいさつしていたんです。そうしたらある日、「役が決まりました!」と連絡があって。でも、僕は鹿児島出身なのでてっきり薩摩藩士の役だと思っていたら、佐賀の江藤新平。予想外の話にびっくりし過ぎて、一瞬「え?!」と固まりました(笑)。

-その驚きは解消できましたか。

 最初こそ戸惑いましたが、調べれば調べるほど、僕にぴったりな人物だなと。正義感が強いところや、周りを振り回してしまうことがあるところなど、、長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ている。だから今は、演じていてとてもしっくりきています。

-そんな江藤新平を、どんな人物だと捉えていますか。

 教育や司法で実績を残した立派な人物ですが、クールで理論的な人物というのが一番の印象です。その一方で、最終的には佐賀の乱を起こすような一面もある。それを考えると、単にクールなだけではない、内に秘めた熱さや、何としても自分の思いを遂げようとする執念みたいなものも持っているはずだと。台本でも、会議の場面では冷静に周りの話を聞きつつ、自分の番がくれば一気に攻めていくような描写があります。そういう部分は、僕が考える江藤と一致しています。

-薩摩ことば指導から、演じる側に立場が変わるとき、戸惑いはありませんでしたか。

 指導する立場から、ある日急に役者という切り替えは難しいと思ったので、準備段階で一時、現場を離れて距離を置きました。おかげで気持ちの整理はつきましたが、最初のうちは役者陣からニヤニヤしながら見られました(笑)。

-出演者として佐賀の言葉を使う立場になった感想は?

  薩摩と佐賀の言葉は、似ているけど微妙な違いがあります。その点は難しいです。ただ、これまで自分が指導してきた中で、多少間違っていても、方言に捉われ過ぎない方が、芝居の説得力が上がる様子を何度も目にしてきたんです。役者としてはその方が正しいと思ったので、僕もそういう方向で演じるようにしています。

-改めて役者として向き合った鈴木亮平さん、瑛太さんの印象は?

 亮平くんはやっぱり大きい。それは、体格ということではなく、存在感や人間的な器の大きさです。目の前でお芝居をしてみて、この1年で亮平くんの中に西郷隆盛という男がしっかり育ってきていることを、初めて感じました。一方、大久保さんは江藤にとって因縁の相手。だから、そのつもりで臨んでいますが、瑛太くんが演じる大久保の中には、嫌っていながらも、どこか江藤に似たところがあるように感じられるんです。そういうところは、芝居をしてみて初めて分かったことです。芝居の面白さを改めて感じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top