「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

2018年11月11日 / 20:50

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た岩倉使節団の留守を預かり、後の世につながるさまざまな政策を打ち出しながらも、後に下野して旧士族の反乱「佐賀の乱」を起こすこととなる。演じるのは、これまで「薩摩ことば指導」を担当してきた迫田孝也。ことば指導と出演の二役を経験した感想や、役に懸ける意気込みを聞いた。

江藤新平役の迫田孝也

-薩摩ことば指導の担当から、出演することになった経緯は?

 最初から出る気は満々でした(笑)。イベントなどの機会があるごとに「出たい」と言い続け、中園ミホさん(脚本家)と林真理子さん(原作者)にも「よろしくお願いします!」とあいさつしていたんです。そうしたらある日、「役が決まりました!」と連絡があって。でも、僕は鹿児島出身なのでてっきり薩摩藩士の役だと思っていたら、佐賀の江藤新平。予想外の話にびっくりし過ぎて、一瞬「え?!」と固まりました(笑)。

-その驚きは解消できましたか。

 最初こそ戸惑いましたが、調べれば調べるほど、僕にぴったりな人物だなと。正義感が強いところや、周りを振り回してしまうことがあるところなど、、長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ている。だから今は、演じていてとてもしっくりきています。

-そんな江藤新平を、どんな人物だと捉えていますか。

 教育や司法で実績を残した立派な人物ですが、クールで理論的な人物というのが一番の印象です。その一方で、最終的には佐賀の乱を起こすような一面もある。それを考えると、単にクールなだけではない、内に秘めた熱さや、何としても自分の思いを遂げようとする執念みたいなものも持っているはずだと。台本でも、会議の場面では冷静に周りの話を聞きつつ、自分の番がくれば一気に攻めていくような描写があります。そういう部分は、僕が考える江藤と一致しています。

-薩摩ことば指導から、演じる側に立場が変わるとき、戸惑いはありませんでしたか。

 指導する立場から、ある日急に役者という切り替えは難しいと思ったので、準備段階で一時、現場を離れて距離を置きました。おかげで気持ちの整理はつきましたが、最初のうちは役者陣からニヤニヤしながら見られました(笑)。

-出演者として佐賀の言葉を使う立場になった感想は?

  薩摩と佐賀の言葉は、似ているけど微妙な違いがあります。その点は難しいです。ただ、これまで自分が指導してきた中で、多少間違っていても、方言に捉われ過ぎない方が、芝居の説得力が上がる様子を何度も目にしてきたんです。役者としてはその方が正しいと思ったので、僕もそういう方向で演じるようにしています。

-改めて役者として向き合った鈴木亮平さん、瑛太さんの印象は?

 亮平くんはやっぱり大きい。それは、体格ということではなく、存在感や人間的な器の大きさです。目の前でお芝居をしてみて、この1年で亮平くんの中に西郷隆盛という男がしっかり育ってきていることを、初めて感じました。一方、大久保さんは江藤にとって因縁の相手。だから、そのつもりで臨んでいますが、瑛太くんが演じる大久保の中には、嫌っていながらも、どこか江藤に似たところがあるように感じられるんです。そういうところは、芝居をしてみて初めて分かったことです。芝居の面白さを改めて感じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

映画2019年7月22日

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビ … 続きを読む

【映画コラム】今度の舞台は雨が降り続く東京『天気の子』

映画2019年7月20日

 『君の名は。』(16)を大ヒットさせた新海誠監督の新作アニメーション映画『天気の子』が公開された。  天候の調和が狂い、雨が降り続く東京。離島から家出し、東京にやってきた高校生の帆高(声:醍醐虎汰朗)は、雨をやませる能力を持つ少女・陽菜( … 続きを読む

おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月20日

 30年前、「純ちゃんの応援歌」で女優人生をスタートさせた山口智子にとって、朝ドラは特別なステージだ。「ご恩返しをしたい」と、ダンスシーンに挑戦したり、編集でカットされるのも承知の上で、おでん屋のカウンター内で“一人懐メロ歌謡祭”を繰り広げ … 続きを読む

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top