「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

2018年11月12日 / 13:25

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初代内閣総理大臣・伊藤博文の姿も…。演じるのは、ミュージシャンとして活動する一方、連続テレビ小説「まんぷく」(18)などで個性派俳優としても存在感を発揮する浜野謙太。初めての大河ドラマの現場で感じたこと、役に懸ける意気込みなどを聞いた。

伊藤博文役の浜野謙太

-大河ドラマ初出演とのことですが、オファーを受けたときのお気持ちは?

 日本の初代総理大臣を務めた方なので、最初は「荷が重いな…」と思いました。でも、プロデューサーさんとディレクターさんからお話しを伺ったとき、「似ている」と言われたんです。若い頃の伊藤博文の写真を見ると、確かに僕に似ている。おかげで「これならできる!」と自信がつきました(笑)。そこで、視聴者の方にも「似ている」と思わせたかったので、初登場の場面ではお札になったあの顔を意識してみました。オンエアを見た玉山(鉄二/木戸孝允役)さんからは「なぜ、あんな変な顔をしてたの?」と言われましたが(笑)。

-周囲の反響などは?

 僕の母が歴史好きなんです。中でも大好きなのが坂本龍馬。そこで、喜んでもらえると思って、「西郷どん」の出演が決まったことを伝えたんです。でも、「伊藤博文だよ」と言った途端、「私、あの人嫌いなの!」と(笑)。

-演じる上で、伊藤をどんな人物と捉えていますか。

 監督が「伊藤はコンピューターオタクのような人間」とおっしゃっていたんです。そういう役はこれまで何度か演じたことがあったので、いけそうだなと。ただ、剛毅な会話を繰り広げる維新の志士たちの中で、そういう雰囲気を出すのはなかなか難しいものがありました(笑)。その一方で、他人の顔色をうかがうのが上手なタイプだと思ったので、明治編に入ってからは、さまざまな思惑が絡み合う政府内で、周囲の様子を巧みに伺う雰囲気を出そうと心掛けています。一つのテーブルを囲んで「みんな、こんなことを考えているんだろうな…」と想像しながら演じるのが楽しくて…(笑)。

-初登場となった第32回「薩長同盟」で、伊藤は薩長同盟の締結に大きな役割を果たしました。演じてみた感想は?

 実は僕、薩長同盟の場面が撮影初日だったんです。しかも、そのリハーサルに参加することができなくて…。後で話を聞いたら、「薩長同盟が結ばれるのは視聴者も分かっているから、どうやったら盛り上げることができるか、ものすごく考えた」というんです。それを知らずに現場入りしたんですが、みんなのすごい気迫に胸が詰まり、ポロポロと涙が出てきました。自分のせりふを間違えないか緊張しましたが、あの現場にいられたことには感動したし、楽しかったです。ものすごく充実した日でした。

-その場面から入ったことで、その後、やりやすくなったようなことは?

 確かに、あれでやりやすくなりました。ただ、明治編に入ってからは、伊藤も変わってきています。あのときは、西郷さん寄りの真っすぐなキャラクターという印象でしたが、明治に入ると、大久保さんと一緒にいることが多くなり、すごみや怖さみたいなものが伝染してきます。やっぱり、ひょうひょうとしているように見えても、総理大臣になったほどの政治家。怖い部分もあるはずです。これからは、そんな部分も出していけたらと思っています。

-伊藤と大久保の関係も見どころですね。

 そうですね。実は、伊藤博文の話をまとめた本があるのですが、そこに大久保さんのことはかなり詳しく書いてあるのに、西郷さんのことは半ページぐらいなんです。しかも「すごいやつだったけど、政治の才能はなかった」みたいに断じていて…。そんなところからも、2人との距離感が伝わってきます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top