【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

2018年11月9日 / 16:33

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び悩む日々が続いたが、本作で“夢”をかなえ、新たな一歩を踏み出そうとしている。撮影時を振り返るとともに、役者への足掛かりとなった「身毒丸」のエピソードや、役者としての今後の展望などを語ってくれた。

矢野聖人

 矢野といえば、藤原竜也が鮮烈なデビューを飾り、幾度も上演を繰り返した、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」の3代目身毒丸。参加したオーディションは、「高校を卒業してフリーターをやっていたので、早く職に就きたかったし、今の生活から抜け出すチャンスだと思った」という理由から受けたそうで、「蜷川さんのことも、有名な舞台であることも、全く知りませんでした。ただ、『藤原竜也さんがデビューした舞台』『賞金がついてくる』。これが僕のモチベーションでした」と笑った。

 そんなこともあり、8523人の中から栄冠を勝ち取り、稽古に参加するも、「本当につらくて、自分に、この世界は向いていない…と思って、公演が終わったら俳優は辞めようと考えていました。『最近の若者は打たれ弱い』とか言われるけど、まさにそういう人間でした」と回顧した。

 しかし、初日公演後のカーテンコールで、「みんなが拍手をして自分のことを見ていることがすごくうれしくて、また味わいたいと思いました」と俳優・矢野聖人の誕生の瞬間を語ると、蜷川の「自分を信じるな。多角的に物事を考えて自分の殻を破れ」という言葉を今でも大切にしていることも教えてくれた。

 大舞台を踏んだ後、「知名度をさらに上げたい」「もっと上に行きたい」ともがいていた矢野。「それでも、ここ3年ぐらいで流れは変わってきている」と分析すると、技術的にも、ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」(14)に犯人役で出演した際、「今までできなかった逆上がりが急にできるみたいに、やりたいと思っていた演技が突然できて、それが小栗(旬)さんとの一対一でのシーンでもあったから自信につながりました」と笑みをこぼした。

 そしてついに、念願の映画初主演を手にした矢野は、「20代のうちに、ドラマ、映画、舞台の主演をやりたいと考えていたので、それが達成できるうれしさはありました」と喜びをかみしめた。

 本作は、クジラだけを飼育している、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一が、仲間と共に集客に苦戦する博物館を盛り上げようと奮闘する姿を描いた物語。

 クジラにのめり込む太一役は、ともすれば自閉症の青年のように見えるため、役作りには苦労したようで、「(藤原知之)監督からは天才っぽい雰囲気を出してほしいと言われましたが、人とは違うという微妙なラインを表現することが難しかったです」と打ち明けつつも、気持ちを込めて作り上げた太一役に胸を張ると、唯(武田梨奈)と心を通わせることで太一がナチュラルに変化していく様子にも自信を見せた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「FAKE MOTION-たったひとつの願い-」板垣瑞生 単独初主演ドラマで見せる、エモ度100パーセントの「芝居のぶつかり合い」

ドラマ2021年1月27日

 「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」とマルチクリエーター「まふまふ」、漫画家「おげれつたなか」という布陣で2020年に始動した総合エンターテインメントプロジェクト「FAKE MOTION」。これまでにドラマ「FAKE MOTION-卓球の … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十二回「離れゆく心」光秀と信長の運命やいかに? 残り2回でさらに膨らむ本能寺の変への期待と止まらない妄想

ドラマ2021年1月26日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。放送は残り2回となり、最終回で描かれると公表されている本能寺の変に向け、いよいよ準備が整ってきた。現在、番組公式サイトで公開されている次回予告には、「ときは今あめが下知る五月かな」という、明智 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ウェイトレス」宮野真守 舞台では「見た目でもどれだけその人物をかたどれるか」を意識

舞台・ミュージカル2021年1月26日

 映画『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』をベースに制作された、ブロードウェーミュージカル「ウェイトレス」が、高畑充希の主演で3月9日から上演される。本作は、グラミー賞にノミネート歴があり、楽曲を手掛けたサラ・バレリスをはじめ、脚本、 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」八嶋智人 演劇は「人間らしく生きるために必要」

舞台・ミュージカル2021年1月26日

 渡辺えりと八嶋智人が喜劇で初共演する「喜劇 お染与太郎珍道中」2月1日から都内の新橋演舞場で上演される。本作は、作家の小野田勇が喜劇俳優・三木のり平とタッグを組み、落語や歌舞伎のエピソードを加えて作り上げた作品。江戸の街を舞台に、米問屋の … 続きを読む

【インタビュー】映画『ヤクザと家族 The Family』藤井道人監督「綾野剛さんと話したこと、一つ一つの中にヒントがあった」気鋭の映画監督が30代の今、思うことは

映画2021年1月26日

 綾野剛、舘ひろしら、豪華キャストが集結した『ヤクザと家族 The Family』が1月29日から全国公開となる。本作は、やくざの世界に足を踏み入れた山本賢治の波乱の生きざまを、1999年から2019年にわたる日本の世相を背景に描いた骨太な … 続きを読む

page top