【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

2018年11月9日 / 16:33

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び悩む日々が続いたが、本作で“夢”をかなえ、新たな一歩を踏み出そうとしている。撮影時を振り返るとともに、役者への足掛かりとなった「身毒丸」のエピソードや、役者としての今後の展望などを語ってくれた。

矢野聖人

 矢野といえば、藤原竜也が鮮烈なデビューを飾り、幾度も上演を繰り返した、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」の3代目身毒丸。参加したオーディションは、「高校を卒業してフリーターをやっていたので、早く職に就きたかったし、今の生活から抜け出すチャンスだと思った」という理由から受けたそうで、「蜷川さんのことも、有名な舞台であることも、全く知りませんでした。ただ、『藤原竜也さんがデビューした舞台』『賞金がついてくる』。これが僕のモチベーションでした」と笑った。

 そんなこともあり、8523人の中から栄冠を勝ち取り、稽古に参加するも、「本当につらくて、自分に、この世界は向いていない…と思って、公演が終わったら俳優は辞めようと考えていました。『最近の若者は打たれ弱い』とか言われるけど、まさにそういう人間でした」と回顧した。

 しかし、初日公演後のカーテンコールで、「みんなが拍手をして自分のことを見ていることがすごくうれしくて、また味わいたいと思いました」と俳優・矢野聖人の誕生の瞬間を語ると、蜷川の「自分を信じるな。多角的に物事を考えて自分の殻を破れ」という言葉を今でも大切にしていることも教えてくれた。

 大舞台を踏んだ後、「知名度をさらに上げたい」「もっと上に行きたい」ともがいていた矢野。「それでも、ここ3年ぐらいで流れは変わってきている」と分析すると、技術的にも、ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」(14)に犯人役で出演した際、「今までできなかった逆上がりが急にできるみたいに、やりたいと思っていた演技が突然できて、それが小栗(旬)さんとの一対一でのシーンでもあったから自信につながりました」と笑みをこぼした。

 そしてついに、念願の映画初主演を手にした矢野は、「20代のうちに、ドラマ、映画、舞台の主演をやりたいと考えていたので、それが達成できるうれしさはありました」と喜びをかみしめた。

 本作は、クジラだけを飼育している、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一が、仲間と共に集客に苦戦する博物館を盛り上げようと奮闘する姿を描いた物語。

 クジラにのめり込む太一役は、ともすれば自閉症の青年のように見えるため、役作りには苦労したようで、「(藤原知之)監督からは天才っぽい雰囲気を出してほしいと言われましたが、人とは違うという微妙なラインを表現することが難しかったです」と打ち明けつつも、気持ちを込めて作り上げた太一役に胸を張ると、唯(武田梨奈)と心を通わせることで太一がナチュラルに変化していく様子にも自信を見せた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】小澤廉 映画『新宿パンチ』で初単独主演! 衝撃のパンチパーマ姿も「意外と似合っていた」

舞台・ミュージカル2018年11月20日

 「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さん on STAGE〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」など2.5次元ミュージカルでも活躍する小澤廉が、『新宿パンチ』で映画単独初主演を果たす。本作は、新宿歌舞伎町を舞台に繰り広 … 続きを読む

「西郷と2人のシーンは、いつも楽しみでした」瑛太(大久保利通)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月18日

 朝鮮への使節派遣を巡って大久保利通と対立した西郷隆盛(鈴木亮平)は、派遣の中止を受けて政府に辞表を提出し、鹿児島へ帰郷。以後、幼い頃から友情で結ばれた2人はすれ違い、西南戦争へ向かっていくこととなる。その意味で、第43回の西郷と大久保の対 … 続きを読む

【映画コラム】シーツをかぶった幽霊の摩訶不思議な物語『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』

映画2018年11月17日

 『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』が公開された。不慮の交通事故で亡くなった男(ケイシー・アフレック)が、妻(ルーニー・マーラ)への思いを胸に、幽霊となってさまよい続ける様子を描いた映画である。  そう聞いて、見る前は … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

page top