【インタビュー】『止められるか、俺たちを』門脇麦「これこそ“キラキラ映画”」白石和彌監督「当時の若松さんたちの情熱を焼きつけたかった」

2018年10月12日 / 19:06

 1960年代後半から70年代にかけてエッジの利いた作品を次々と送り出し、若者たちの絶大な支持を集めた若松プロダクション。鬼才・若松孝二を中心に、そこに集った若い映画人たちの型破りで熱い生きざまを描いた鮮烈な青春群像劇『止められるか、俺たちを』が10月13日から全国順次公開される。若松プロ作品初参加で主人公・吉積めぐみを熱演した門脇麦と、若松を師と仰ぐ白石和彌監督に、作品に込めた思いを聞いた。

■メーク:赤松絵利 / ESPER ■スタイリスト:岡本純子 ■衣裳協力:08サーカス

-まず、若松孝二監督を演じた井浦新さんが見事でした。井浦さんの印象は?

白石 こんなむちゃ振り、ないですよね(笑)。でも、それを踏まえて、腹をくくって必死にやってくれました。僕にとって若松孝二は師匠なので、新さんが演じているとはいえ、そんな人に現場でNGを出せるのか、事前に何度もシミュレーションしたんです。その結果、「やっぱり無理」と。それで新さんに「任せます」と伝えたら、「そんなのやめてください」と慌てていましたけど(笑)。とはいえ、いざ始まったら、最後まで見事に演じ切ってくれました。頼もしかったです。

門脇 クランクイン前日に新さんとお話をしたとき、「吐きそう」とおっしゃっていて。心から尊敬している方を演じるということはよほどの覚悟がない限りできないと思います。私だったらやりたくない。でも、それをやると言った新さんの姿を見て、作品の真ん中に立つということがどんなことなのか、改めて教えられました。本当に頼りがいがあったし、新さんを通して、会ったことのない若松さんにお会いできたような気にもなって…。そんなふうに感じたのは、初めての経験でした。

-そんな若松孝二を中心とした若松プロの熱い時代を描きながらも、若松監督ではなく、その下で助監督を務めた吉積めぐみを主人公にした理由は?

白石 これは、吉積めぐみという存在があったからこそ撮れた物語です。若松さんを主人公にするより、何者でもない吉積めぐみが何者かになろうとする話の方が、より間口を広げることができる。さらに言えば、“めぐみ=僕たち”だったので、若松さんよりめぐみに対する思い入れの方が強かった。新宿のゴールデン街で「おまえは何がやりたいんだ」と言われる場面などは、僕ら自身の経験でもありますから。だから、僕の中で若松さんを主人公にするという選択肢はありませんでした。

-それに対して、門脇さんはどのように役作りを?

門脇 まず、物語の中のめぐみを成立させるということを一番に考えました。もちろん、めぐみさんについて皆さんが語った資料などは読み、そこに込められた想いをしっかりと受け止めながら演じたつもりです。ただ、映画の中で自分が演じなければいけないとなったとき、そこは一度、断ち切る必要がありました。何故なら、実際のめぐみさんは、あの時代の真っただ中にいた人で、皆さんが抱いている思いや感傷的な気持ちは知らないはずなので。だから、そういう白石監督たちの思いを感じつつも、「私がやるべきことはそこじゃない」と。その間の道をするするっと見つけながら、やっていた感じです(笑)。

白石 そのあたり、冷静でいてくれたということですよね。確かに当時は、ただただ振り回されているだけだったり、怒られたくないから一生懸命やっていたり、多分その程度のことなんですよ。後から振り返ったとき、その積み重ねが「でもやっぱり俺たち青春していたよね」みたいな見え方になるだけで。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

インタビュー2019年6月19日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top