【インタビュー】『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』井浦新「千葉さんの姿は、沖縄の基地問題を変えていく原動力になるはず」

2018年6月27日 / 12:00

 1972年、太平洋戦争の終結から続いた米国の占領から解放され、沖縄が日本に返還された。その裏で、米国との返還交渉に尽力したのが外交官の千葉一夫だ。近年、新たに公開された資料で明らかになった千葉の姿に迫った宮川徹志のノンフィクション『僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫』を原案にした映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』が6月30日から公開される。主人公・千葉一夫を熱演した井浦新が、今なお続く沖縄の米軍基地問題の原点を描いた本作に込めた思いを語った。

千葉一夫役を演じた井浦新

-撮影前に沖縄に行かれたそうですが、どんなことを感じましたか。

 一言で言えば、「怒り」です。沖縄の基地問題にはもともと関心があったので、今までも現地を訪れたことはありました。ただ、この作品が決まってから行った沖縄は、今までとは全然違って見えました。千葉さんが感じた怒りに焦点を当ててみて気付いたのは、やはり戦闘機のごう音のすさまじさ。出て行く時、帰って来る時…。頭がおかしくなるんじゃないかと。これはもう、公害と言ってもいいレベル。1日中、金網の前で過ごしましたが、本当に怖くなりました。でも、近隣の人たちはその感覚がまひしてしまい、当たり前のように受け止めている。その姿を見て、ものすごく心が痛くなりました。きっと千葉さんもそんなふうに感じたのだろうなと。

-その上で、千葉一夫という人物を演じるに当たって、どんなふうに役と向き合いましたか。

 千葉さんは、僕が憧れる昭和の時代にいた数少ない豪傑の1人。演じさせてもらうことが決まったときは、まだ僕自身、身体的にもメンタル的にも、千葉さんを受け入れる器としては、不足していると感じていました。魂を削ってやらないと、千葉一夫という人を演じることはできない。ですから、普段の倍のスピード感と分量で役を作っていきました。ここまでやったら納得できるということはありませんが、とにかく千葉さんやご遺族に失礼のないよう、できることは全部やって、自分の心と体を整えていきました。

-具体的な役作りはどのように?

 昭和の豪傑を演じるのは、芝居だけでは無理です。芝居では存在感を補うぐらいのことしかできません。ですから、まずは自分を追い込んで体を大きくすることを心掛けました。そうすることで、それに見合った呼吸や息遣いといった生理的な動きが生まれ、自然に声質なども変わってきますから。

-体作り以外では、どんなことをしましたか。

 いくら頑張っても、千葉さんになれるわけではありませんが、とにかく読める資料は全て読み、千葉さんを知る人たちの生の声を聞きました。その上で、それらを一度全部、僕の体に入れて、発酵させていくように日々イメージを繰り返す。限られた準備期間の中でそれを続けて、自分の心と体をいかに最大値の状態まで持っていけるか。そういう勝負でした。

-そうした努力の結果、劇中の熱のこもった芝居が生まれたわけですね。

 自然に生まれたという感じです。この時期、僕の中ではあのテンションがナチュラルになっていました。無理に「芝居をするぞ!」という気持ちでやっていたら、茶番になり、皆さんに見せられないものになっていたことでしょう。だから、いかに自然体であの芝居ができるか。それが一番大事なことでした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top