「糸の気持ちを疑似体験することで、私自身も成長している気がします」黒木華(西郷糸)【「西郷どん」インタビュー】

2018年8月5日 / 20:50

 主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)がついに三度目の結婚をした。その相手は、幼なじみで一度は他家に嫁いだ岩山糸。紆余(うよ)曲折を経てようやく結ばれた2人だが、その前には幕末の動乱が立ちふさがる。演じる黒木華が、革命に向かって突き進む吉之助を支える糸という女性に込めた思いを語った。

西郷糸役の黒木華

-第29回でついに糸は吉之助と結婚することになりました。演じてみた感想は?

 あのシーンは、糸の成長を感じた場面でした。吉之助さんのプロポーズを一度断った後、自分から「西郷吉之助の嫁として、新しい国を一緒に見たい」と告げたわけです。今までの家に縛られる女性とは違い、私はあなたの一番近くで、自分ができることをしてそれを見届けたいという、新しい男女の形を示した。それこそまさに、吉之助が目指す「新しい国」を象徴する言葉。だから、演じていても感極まるものがありました。

-ここまでの糸の成長はどのように考えていますか。

 久しぶりの登場となりましたが、その間、糸は糸なりに結婚して、別の家に嫁いでいた時間があります。だから、昔の雰囲気も残しつつ、いろいろなことを受け入れて大人の女性に成長したことを意識しながら演じています。

-吉之助と再会した場面の感想は?

 まず何よりも「久しぶりだなぁ…」と(笑)。監督からは「少し複雑な気持ちを出してほしい」と言われたので、演じる上ではそういう部分も交えて。ただそれは、「恥ずかしい」といったものではなく、いろいろなことを乗り越えてきた分、昔の吉之助さんとは違うなと…。そんな気持ちです。

-鈴木亮平さんが演じる吉之助の変化はどう感じていますか。

 人を思いやる心はずっと変わりません。ただ、人の上に立つ責任や覚悟といったものを背負っている雰囲気が加わってきました。やはり、人の生死と向きあい続けている分、昔の朗らかな感じとは違うなと。それは、亮平さん自身からも伝わってきます。だから余計に、悩み、苦しむ吉之助さんの姿が、見ていて切ない。なので、糸としてもより一層、強さを出して見守ってあげなければいけないなと、気持ちを新たにしているところです。

-奄美大島で吉之助と結婚した愛加那(二階堂ふみ)の存在を、糸はどう考えているのでしょうか。

 自分には子どもができないという後ろめたさがあるので、気を使っているはずです。吉之助さんの子どもを2人も生んでくれた人なので、やっぱり糸にとっても重要な存在。後にその事実ときちんと向き合って、吉之助さんから愛加那さんの話を聞く場面もありますが、その過程を経て、2人はきちんと夫婦になったような気がします。そういう事実を受け入れられるところが、糸の強さかな…と。

-結婚して家族の一員になったことで、西郷家に対する印象は変わりましたか。

 外から見ていたときとは、関わり方が明らかに違います。革命に向かって突き進む人の家を守るということで、糸自身も大人にならざるを得ません。「西郷吉之助の妻」という肩書は、とても重い。新しい時代を作るという使命に燃える吉之助さんの妻として、糸は大黒柱の代わりにならなければいけない。そのためにいろいろと悩むわけですが、そういう悩みを人に見せないところにも、糸の強さを感じます。

-とはいえ、糸はもともと強い女性でしたよね。

 そうですね。ただ、その強さがさらに増して、人としての器もどんどん大きくなっています。愛加那さんの子どもを引き取ることに関しても、将来を考えて…ということは理解できますが、私が同じ立場だったら「母親から子どもを奪うのか…」と考えてしまうでしょう。そういうところからも、糸の成長の跡がうかがえます。そういった部分をこれからどう演じていこうか、考えているところです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】永田聖一朗&加藤将&小早川俊輔&碕理人、舞台『銀河英雄伝説』新シリーズ始動に「新しい伝説を作る」

舞台・ミュージカル2018年10月23日

 ベストセラー小説『銀河英雄伝説』の新・舞台シリーズ、舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」が10月25日に開幕する。宇宙空間に人類が進出した数千年後の未来を舞台に、銀河帝国と自由惑星同盟による対立、戦争、そして歴史を描いた本作 … 続きを読む

「もっと勇気を出せるように、僕も菊次郎を見習いたいです」城桧吏(西郷菊次郎)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月21日

 戊辰戦争が終結し、薩摩に戻って“隆盛”と名を改めた西郷吉之助(鈴木亮平)。故郷で暮らす彼の下にやって来たのが、奄美大島で愛加那(二階堂ふみ)との間に生まれた息子・菊次郎だ。やがて、父・隆盛の期待を背負ってアメリカ留学に旅立つこととなる。演 … 続きを読む

「西田さんの重みに負けないものを表現したい」鈴木亮平(西郷隆盛)「まさかこういう形で出演するとは…」西田敏行(西郷菊次郎&語り)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月21日

 これまで「語り」を務めてきた西田敏行が、成長した西郷隆盛の息子・菊次郎を演じるというサプライズと共に幕を開けた最終章・明治編。放送に先立って行われた会見で、主演の鈴木亮平と西田が、そのサプライズの舞台裏や撮影の裏話、明治編の見どころなどを … 続きを読む

【映画コラム】ユダヤ人社会の知られざる仕組みを描いた『嘘はフィクサーのはじまり』

映画2018年10月20日

 ニューヨークタイムズが「見たことのないリチャード・ギアにのけぞった」と評したブラックコメディー映画『嘘はフィクサーのはじまり』が10月27日から公開される。  舞台はニューヨーク。しがないフィクサー(仲介者)のノーマン・オッペンハイマー( … 続きを読む

【イベントリポート】「ナラティブガンダム」のコンセプトは? 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公開目前!

イベント2018年10月19日

 「機動戦士ガンダム」を原点に広がり続けてきた「宇宙世紀」シリーズ。その最新作、『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が11月30日から劇場公開される。ちまたで“ナラティブ組体操”と呼ばれるポスタービジュアルなどが話題となる中、16日には都 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top