「糸の気持ちを疑似体験することで、私自身も成長している気がします」黒木華(西郷糸)【「西郷どん」インタビュー】

2018年8月5日 / 20:50

 主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)がついに三度目の結婚をした。その相手は、幼なじみで一度は他家に嫁いだ岩山糸。紆余(うよ)曲折を経てようやく結ばれた2人だが、その前には幕末の動乱が立ちふさがる。演じる黒木華が、革命に向かって突き進む吉之助を支える糸という女性に込めた思いを語った。

西郷糸役の黒木華

-第29回でついに糸は吉之助と結婚することになりました。演じてみた感想は?

 あのシーンは、糸の成長を感じた場面でした。吉之助さんのプロポーズを一度断った後、自分から「西郷吉之助の嫁として、新しい国を一緒に見たい」と告げたわけです。今までの家に縛られる女性とは違い、私はあなたの一番近くで、自分ができることをしてそれを見届けたいという、新しい男女の形を示した。それこそまさに、吉之助が目指す「新しい国」を象徴する言葉。だから、演じていても感極まるものがありました。

-ここまでの糸の成長はどのように考えていますか。

 久しぶりの登場となりましたが、その間、糸は糸なりに結婚して、別の家に嫁いでいた時間があります。だから、昔の雰囲気も残しつつ、いろいろなことを受け入れて大人の女性に成長したことを意識しながら演じています。

-吉之助と再会した場面の感想は?

 まず何よりも「久しぶりだなぁ…」と(笑)。監督からは「少し複雑な気持ちを出してほしい」と言われたので、演じる上ではそういう部分も交えて。ただそれは、「恥ずかしい」といったものではなく、いろいろなことを乗り越えてきた分、昔の吉之助さんとは違うなと…。そんな気持ちです。

-鈴木亮平さんが演じる吉之助の変化はどう感じていますか。

 人を思いやる心はずっと変わりません。ただ、人の上に立つ責任や覚悟といったものを背負っている雰囲気が加わってきました。やはり、人の生死と向きあい続けている分、昔の朗らかな感じとは違うなと。それは、亮平さん自身からも伝わってきます。だから余計に、悩み、苦しむ吉之助さんの姿が、見ていて切ない。なので、糸としてもより一層、強さを出して見守ってあげなければいけないなと、気持ちを新たにしているところです。

-奄美大島で吉之助と結婚した愛加那(二階堂ふみ)の存在を、糸はどう考えているのでしょうか。

 自分には子どもができないという後ろめたさがあるので、気を使っているはずです。吉之助さんの子どもを2人も生んでくれた人なので、やっぱり糸にとっても重要な存在。後にその事実ときちんと向き合って、吉之助さんから愛加那さんの話を聞く場面もありますが、その過程を経て、2人はきちんと夫婦になったような気がします。そういう事実を受け入れられるところが、糸の強さかな…と。

-結婚して家族の一員になったことで、西郷家に対する印象は変わりましたか。

 外から見ていたときとは、関わり方が明らかに違います。革命に向かって突き進む人の家を守るということで、糸自身も大人にならざるを得ません。「西郷吉之助の妻」という肩書は、とても重い。新しい時代を作るという使命に燃える吉之助さんの妻として、糸は大黒柱の代わりにならなければいけない。そのためにいろいろと悩むわけですが、そういう悩みを人に見せないところにも、糸の強さを感じます。

-とはいえ、糸はもともと強い女性でしたよね。

 そうですね。ただ、その強さがさらに増して、人としての器もどんどん大きくなっています。愛加那さんの子どもを引き取ることに関しても、将来を考えて…ということは理解できますが、私が同じ立場だったら「母親から子どもを奪うのか…」と考えてしまうでしょう。そういうところからも、糸の成長の跡がうかがえます。そういった部分をこれからどう演じていこうか、考えているところです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

【映画コラム】14歳の少年が体だけ大人になって…『シャザム!』

映画2019年4月20日

 「DCエクステンデッド・ユニバース」の第7作となる『シャザム!』が公開された。  14歳の少年ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)は、魔術師に選ばれ、中身は14歳のまま、超能力を備えた大人のヒーロー(ザッカリー・リーバイ)に変身す … 続きを読む

【2.5次元】「メサイア-黎明乃刻-」インタビュー、橋本真一&山本一慶の私生活での「メサイア」は?

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の最新作となる舞台「メサイア-黎明乃刻-」が9月5日から上演される。情報戦争が激化した世界を舞台に、スパイとして生きる「サクラ」候補生を描く本プロジ … 続きを読む

【インタビュー】『愛がなんだ』岸井ゆきの「『この役を逃したら駄目だ!』と思いました」今泉力哉監督「テルコ役は『ぜひ岸井さんで』とお願いしました」

映画2019年4月18日

 友人の結婚式の二次会で出会った田中マモルに恋した山田テルコ。その日からテルコの日常は、マモルこと“マモちゃん”一色に染まり始める。平日の朝でも電話で呼び出されれば、平気で仕事もぶっちぎる。だけど、そんなテルコにマモちゃんは気まぐれな態度を … 続きを読む

page top