「禁門の変で来島又兵衛を討ち取る場面は、大事に演じさせていただきました」泉澤祐希(川路利良)【「西郷どん」インタビュー】

2018年7月22日 / 20:50

 ついに明治維新へ向けて動き出した大河ドラマ「西郷どん」。第27回では長州軍と幕府軍が京の町で激突する“禁門の変”が勃発した。その激戦の最中、長州軍を率いる来島又兵衛(長州力)を得意の銃で討ち取ったのが、薩摩藩士・川路利良。以後、西郷吉之助(鈴木亮平)の下で戦い抜きながらも、明治維新後にたもとを分かち、「西郷暗殺の刺客を送った男」と呼ばれることとなる。演じるのは連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で注目を集めた若手俳優・泉澤祐希。役に込めた思いや撮影の舞台裏を聞いた。

川路利良役の泉澤祐希

-今回の出演が決まったときの感想は?

 大河ドラマへの出演は3回目になりますが、これほどしっかり芝居をさせていただくのは今回が初めて。だから、とてもうれしかったです。歴史上の人物を演じるときは、何をした人なのか実感が湧かないことも多いのですが、川路さんは警察を作った方とのこと。それを知って、責任を感じるのと同時にやりがいを覚えました。

-禁門の変が描かれた第27回では、初登場でいきなり長州の来島又兵衛を討ち取る見せ場がありましたね。

 まるでスナイパーです。僕はアクション映画が好きで、スナイパーが主役の映画を見たときも「かっこいい!」と思っていたのですが、まさか自分がやることになるとは(笑)。とはいえ、来島を討ち取る場面は、その功績で川路が認められていく上に、物語も大きく動く部分なので、大事に演じさせていただきました。

-演じる上で工夫した部分はありますか。

 川路は、銃を撃つときのフォームも他の兵とは違うんです。照準を素早く定められる腕前を持っているので、そういうところで差別化を図るように、どんなフォームがいいのか、銃の先生と相談した上で撮影に臨みました。ただ、その銃がものすごく重くて…。当時の本物と同じ重さなのですが、これを持ちながら走って戦っていたのかと思うと、改めてすごいなと。

-川路はこれから吉之助の下で幕末の動乱を戦い抜くことになりますが、川路にとって、吉之助はどんな存在でしょうか。

 先生です。いろいろな意味で大きい存在で、すごく懐が深い。今は全てを任せて、信じて付いていこうと思いながら演じています。

-史実では、川路は後に西郷とたもとを分かつことになりますが、そのあたりは意識していますか。

 まだ全然考えていません。今は意見の相違もなく、どう一緒に行動していけばいいのかと考えている段階なので。明治維新が実現して警察ができた後は、考えも変わってくると思いますが、それはそのときに考えようかと。ただ、藩のため、みたいな小さな理由ではなく、日本を良くしたいという、国全体のことを考えての行動だったんだろうな…とは思っています。

-吉之助を演じる鈴木亮平さんの印象は?

 とてもストイックです。せりふの言い方はもちろん、歩き方やたたずまいも常に意識されていて。リハーサルの場でもずっと「こうした方がよくなるんじゃないか」と考えていて、「川路がこのせりふを言った方が、場が締まるんじゃない?」などと提案していただいたり…。常に作品のことを考えているその姿勢は、ものすごく尊敬します。

-鈴木さんとはどんなお話を?

 仕事の話はそれほどしていませんが、一緒に筋トレに連れて行ってもらっています。現場に行くと皆さん体がすごく大きいので、一緒にいる僕が子どもみたいに見えてしまうんです。そこで「鍛えたい」と相談したら、トレーニングの方法を親身になって教えていただきました。今はそこが大きなコミュニケーションの場になっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「初めは全く泳げなかったので、用意された分の3倍ぐらい個人で水泳の練習をしました」大東駿介(鶴田義行)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年8月18日

 1932(昭和7)年のロサンゼルスオリンピックで、メダルラッシュの快進撃を続けた日本水泳チーム。その最後を飾ったのが、鶴田義行の200メートル平泳ぎ2連覇だった。ドラマとは言え、その力強い泳ぎに手に汗握った視聴者は多いに違いない。ところが … 続きを読む

【演劇コラム】人気俳優出演作から大人気原作の舞台化まで、2019年秋冬の注目舞台!

舞台・ミュージカル2019年8月16日

 昨今、夏恒例の音楽番組にミュージカル俳優たちが出演し、見事な歌声を聞かせることも多くなった。このように、大きな盛り上がりを見せているミュージカル、演劇業界だが、実際にはまだまだ劇場に足を運んだことがないという人も多いのでは。そこで、舞台初 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

舞台・ミュージカル2019年8月15日

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門 … 続きを読む

【2.5次元】財木琢磨&古田一紀、久々の共演で共に目指す「生演奏」 「この音とまれ!」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年8月13日

 『ジャンプSQ.』に連載中のコミックス(アミュー作)を舞台化し、和楽器「箏(こと)」に情熱を注ぐ高校生たちの青春を描く「この音とまれ!」の公演が8月17日からスタートする。上級生にすら恐れられる不良少年だが仲間思いの優しさを持つ久遠愛を演 … 続きを読む

【映画コラム】日本の近代史を総括するドキュメンタリー映画『東京裁判』

映画2019年8月12日

 ドキュメンタリー映画『東京裁判』(83)が、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復され、4Kデジタルリマスター版として8月3日に公開された。  本作は、終戦後の昭和23年に行われた極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)の模様を、アメリカ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top