「演じる上では、小松帯刀の“気高さ”を大事にしています」町田啓太(小松帯刀)【「西郷どん」インタビュー】

2018年7月29日 / 20:50

 幕府軍と長州が京の町で激突した“禁門の変”をきっかけに、戦乱の火ぶたが切って落とされた大河ドラマ「西郷どん」。主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)は、薩摩軍の総司令官として幕末の動乱を戦い抜くこととなる。そんな吉之助を支え、薩摩藩の実務を取り仕切るのが、家老の小松帯刀。演じる町田啓太が、時代劇初挑戦となる本作に懸ける意気込みと、「花子とアン」(14)以来となる鈴木亮平との共演について語ってくれた。

小松帯刀役の町田啓太

-出演が決まったときのお気持ちは?

 実は以前からいろいろなところで「時代劇をやってみたい」と言っていたんです。だから、お話を頂いたときは本当にうれしかったです。ただ、大河ドラマと聞いて、ものすごく驚き、動悸(どうき)が激しくなりました(笑)。

-小松帯刀の印象は?

 頭脳明晰(めいせき)なエリートで、人格的にも立派な人だと書かれた文献がたくさん残っていました。だから、読めば読むほどプレッシャーを感じて、「大丈夫かな…?」と(笑)。僕はどちらかというと、勉学に励むよりも体を動かすことが多かった方なので。

-ご自身と共通する部分はありますか。

 僕は今、28歳ですが、実は小松帯刀が薩摩藩の家老職に就いたのも28歳。それを知って、同い年の僕は、同じような視点で物事を見ることができるだろうかと、改めて考えさせられました。だから、国のため、藩の将来のために奔走するとはどういうことなのか、しっかり調べて向き合わなければと思いました。

-演じる上で、事前にどんな準備をしましたか。

 普段から役を演じるときは、そのキャラクターにきちんと寄り添うことを心掛けています。今回は実在の人物なので、リスペクトする気持を忘れず、できる限りご本人のことを調べた上で現場に臨もうと。そうしないと、せりふをしゃべっていても説得力が出ませんから。そのため、文献を読むだけでなく、撮影に入る前に鹿児島に行き、お墓参りをして、小松さんが育った土地の空気を肌で感じてきました。そういう経験の中からキャラクターを膨らませていけば、見てくださる方に何かを届けられるはずだと信じています。

-小松帯刀に関するエピソードで印象に残っているのは?

 たくさんありますが、特に印象的だったのが、温泉にまつわる話。温泉が大好きで、霧島温泉や指宿温泉など、いろいろな所に行かれていたそうです。坂本龍馬が夫婦で薩摩を訪れたときも、そのお膳立てをしたという記録まで残っているほど。それぐらい温泉に詳しかった人ですが、単に好きなだけでなく、気取らずに普通の人たちに混じって入浴していたそうです。上級武士でも、裸で温泉に入れば身分は分かりません。だから、そこで地元の人たちが話している本音を聞いて、時には上役に進言するなど、政治に役立てていたのだとか。そういうところからも、広く人の話を聞く耳を持っていたことが分かります。

-時代劇初挑戦の感想は?

 ドキドキでした(笑)。事前に(鈴木)亮平さんから聞いていたのですが、扮装をしてセットに入ると、そこから受けるパワーがものすごい。圧倒される部分もありますが、その中でお芝居ができる喜びの方が大きくて、毎回、気持ちが高揚しています(笑)。

-難しさを感じる部分はありますか。

 全てが難しいです。所作はもちろんですが、せりふ一言でも当時のにおいみたいなものを大事にしなければいけませんし…。現代劇と違い、感情だけでできない部分がたくさんあります。技術が必要だと痛感しました。ただ、第一線で活躍されている先輩方とご一緒させていただけるので、とても勉強になります。

-鈴木亮平さんとは「花子とアン」以来の共演とのことですが、今回改めて共演した感想は?

 「花子とアン」の頃からストイックな方でしたが、今回も初めて会ったとき、本格的に体作りをされている様子を見て衝撃を受けました。完全に西郷隆盛にしか見えません。とはいえ、真面目なだけでなく、チャーミングなところもあり、みんなを笑わせて場を和やかにしてくれる。その包容力はすごいなと…。亮平さんが現場の空気を作ってくださっていたので、僕も思い切って飛び込むことができました。本当にいろいろなことを勉強させてもらっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

朝夏まなと&一路真輝&夢咲ねねが語る、人生を変えるほどの大きな出会い ミュージカル「モダン・ミリー」ではハッピーを届ける【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1920年代のニューヨークを舞台にした、ハッピーオーラ全開のブロードウェイミュージカル「モダン・ミリー」が朝夏まなと主演で再演される。1967年公開のミュージカル映画を原作とした本作は、心に残る数々のソングナンバーと華やかなダンス、そして … 続きを読む

釈由美子「私の原点『ゴジラ×メカゴジラ』からご縁がつながりました」監督のラブコールを受け、日本特撮へのオマージュ満載のアメリカ映画に出演『Iké Boys イケボーイズ』【インタビュー】

映画2024年6月13日

 日本の特撮やアニメが大好きなオクラホマのオタク高校生、ショーン(クイン・ロード)とヴィクラム(ローナック・ガンディー)はある夜、日本のレアなアニメのDVDを見ていたところ、なぜかスーパーパワーを身に付けてしまう。これを機に、彼らは世界の存 … 続きを読む

Willfriends

page top