【インタビュー】『オーシャンズ8』ゲイリー・ロス監督、脚本オリビア・ミルチ「メンバーが、11人ではなく、8人で済んだことがラッキーでした(笑)」

2018年8月9日 / 12:15

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズ。今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック)が新チームを結成し、総額1億5千万ドルの宝石を狙う。チームのメンバーの全員が女性という新作『オーシャンズ8』が8月10日から公開される。監督・脚本のゲイリー・ロスと共同脚本のオリビア・ミルチに、映画製作の舞台裏や、チームワークについて聞いた。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットらに演技指導をするゲイリー・ロス監督(右端)

-『オーシャンズ』シリーズは多彩なメンバーが集まるところが大きな魅力です。今回、それを生かすためにどのようなことを考えましたか。

ロス監督 最初に考えたことは、どうしたらそれぞれのメンバーの個性を際立たせることができるか、ということでした。そのため、さまざまな経験を持ち、人種や年齢、背景も違う人たちを集めることに気を使いました。私とオリビアにとってラッキーだったのは、メンバーが(『オーシャンズ11』のように)11人ではなく、8人で済んだことでした(笑)。ですから、一人一人の女優に会って、彼女たちが演じる役の背景について、時間をかけて考えることができました。それによって、それぞれの女優に合わせてキャラクターを調整しました。このプロセスはとても楽しかったし、重要だったと思います。

オリビア タレント(才能)の異なる、さまざまなメンバーが集まったことが素晴らしかったです。いろいろなキャスティングを考えながら、みんなでストーリーを練りました。このチームが作り出すマジックのようなものは、脚本の中でも、彼女たちが演じたパフォーマンスの中でも見ることができました。観客にも、さまざまな好みを持つ人がいると思いますが、この映画の多彩なメンバーの誰かしらに共感できると思います。

-サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ…。豪華な女優陣を演出する苦労や楽しみはありましたか。

ロス監督 特に苦労した、と感じることはありませんでした。なぜなら、映画製作にはいつも何らかのリスクが伴います。例えば、真冬に、雪の中で撮らなければならないこともありますからね。ただ、今回のような、いろいろな個性を持った女優が8人も集まると、その集積はとてもダイナミックなものになります。ですから、キャスティングの段階からバランスを取ることを考えなければなりませんでした。また撮影中は、メンバーの全員が、それぞれの感情をきちんと表現できているか、そのバランスを見ることに気を配りました。そういう意味では、彼女たちが奏でるアンサンブルのバランスを考えることが難しかったです。楽しかったのは、自分の目の前で即興的に素晴らしいことが起こることでした。この映画を作りながら、映画作りには特別な瞬間があることを実感しました。

-今回は、女性の視点、思考、趣向などをリアルに描くために、共同脚本にオリビアさんを起用したのでしょうか。

ロス監督 もちろん女性の視点がほしかったこともありますが、もともと彼女は素晴らしい脚本家です。なので、女性だから、ということではなく、一緒に脚本を書くことで、互いのいいところを出し合えることが分かっていたので彼女を選びました。

オリビア 監督とは他のプロジェクトでもご一緒しているので、監督が『オーシャンズ』でメットガラ(世界最大のファッションの祭典)を舞台にしたいと考えていることは以前から知っていました。ですから、そのアイデアを実現させるパートナーに選ばれたことはとてもうれしかったです。監督の素晴らしいところは、『ハンガー・ゲーム』(12)のようなフェミニストとしての考え方を持った映画を、他の人に先んじて作ったことです。今回、私たちは女性の視点や考え方をどう描くかを検討し合いました。映画業界には、私たちのような男女のコラボレーションや、パートナーシップが、もっと必要だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

【インタビュー】「デジタル・タトゥー」高橋克実「SNSの問題に弁護士が介在するという話は初めて聞きました」瀬戸康史「普通に暮らしている方も、こういう危険に直面する時代」

ドラマ2019年5月17日

 “デジタル・タトゥー”とは、悪意に基づき、ネット上に誹謗(ひぼう)中傷や個人情報が書き込まれた結果、いつまでも消えずに人々を苦しめる様子を入れ墨に例えた表現である。本作は、この“デジタル・タトゥー”を題材に、50代の弁護士・岩井と20代の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top