【インタビュー】『オーシャンズ8』ゲイリー・ロス監督、脚本オリビア・ミルチ「メンバーが、11人ではなく、8人で済んだことがラッキーでした(笑)」

2018年8月9日 / 12:15

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズ。今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック)が新チームを結成し、総額1億5千万ドルの宝石を狙う。チームのメンバーの全員が女性という新作『オーシャンズ8』が8月10日から公開される。監督・脚本のゲイリー・ロスと共同脚本のオリビア・ミルチに、映画製作の舞台裏や、チームワークについて聞いた。

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットらに演技指導をするゲイリー・ロス監督(右端)

-『オーシャンズ』シリーズは多彩なメンバーが集まるところが大きな魅力です。今回、それを生かすためにどのようなことを考えましたか。

ロス監督 最初に考えたことは、どうしたらそれぞれのメンバーの個性を際立たせることができるか、ということでした。そのため、さまざまな経験を持ち、人種や年齢、背景も違う人たちを集めることに気を使いました。私とオリビアにとってラッキーだったのは、メンバーが(『オーシャンズ11』のように)11人ではなく、8人で済んだことでした(笑)。ですから、一人一人の女優に会って、彼女たちが演じる役の背景について、時間をかけて考えることができました。それによって、それぞれの女優に合わせてキャラクターを調整しました。このプロセスはとても楽しかったし、重要だったと思います。

オリビア タレント(才能)の異なる、さまざまなメンバーが集まったことが素晴らしかったです。いろいろなキャスティングを考えながら、みんなでストーリーを練りました。このチームが作り出すマジックのようなものは、脚本の中でも、彼女たちが演じたパフォーマンスの中でも見ることができました。観客にも、さまざまな好みを持つ人がいると思いますが、この映画の多彩なメンバーの誰かしらに共感できると思います。

-サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ…。豪華な女優陣を演出する苦労や楽しみはありましたか。

ロス監督 特に苦労した、と感じることはありませんでした。なぜなら、映画製作にはいつも何らかのリスクが伴います。例えば、真冬に、雪の中で撮らなければならないこともありますからね。ただ、今回のような、いろいろな個性を持った女優が8人も集まると、その集積はとてもダイナミックなものになります。ですから、キャスティングの段階からバランスを取ることを考えなければなりませんでした。また撮影中は、メンバーの全員が、それぞれの感情をきちんと表現できているか、そのバランスを見ることに気を配りました。そういう意味では、彼女たちが奏でるアンサンブルのバランスを考えることが難しかったです。楽しかったのは、自分の目の前で即興的に素晴らしいことが起こることでした。この映画を作りながら、映画作りには特別な瞬間があることを実感しました。

-今回は、女性の視点、思考、趣向などをリアルに描くために、共同脚本にオリビアさんを起用したのでしょうか。

ロス監督 もちろん女性の視点がほしかったこともありますが、もともと彼女は素晴らしい脚本家です。なので、女性だから、ということではなく、一緒に脚本を書くことで、互いのいいところを出し合えることが分かっていたので彼女を選びました。

オリビア 監督とは他のプロジェクトでもご一緒しているので、監督が『オーシャンズ』でメットガラ(世界最大のファッションの祭典)を舞台にしたいと考えていることは以前から知っていました。ですから、そのアイデアを実現させるパートナーに選ばれたことはとてもうれしかったです。監督の素晴らしいところは、『ハンガー・ゲーム』(12)のようなフェミニストとしての考え方を持った映画を、他の人に先んじて作ったことです。今回、私たちは女性の視点や考え方をどう描くかを検討し合いました。映画業界には、私たちのような男女のコラボレーションや、パートナーシップが、もっと必要だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top