【インタビュー】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ロン・ハワード監督 「これは僕がやるべき映画だったんだろうなと感じました」

2018年6月18日 / 10:00

-監督は、『アポロ13』(95)、『ビューティフル・マインド』(01)、『シンデレラマン』(05)、『ラッシュ/プライドと友情』(13)など、いわゆる“実録物”を得意にしていますが、それらと今回の映画の演出に違いはありましたか。

 実は、この映画ではある組み合わせをしました。まず、『スター・ウォーズ』の宇宙世界は、僕が最初から作ったわけではありません。だから、実話物のように、『スター・ウォーズ』を、実在する文化や世界観であるかのように考えて作っていきました。また、ボクシングであれ、F1レースであれ、宇宙物であれ、専門の人がアドバイザーとして付きます。それと同じように、今回は『スター・ウォーズ』に詳しい人をテクニカルアドバイザーにすえて、実話物のようにして作りました。そうすれば観客にとっても、リアルなものとして感じることができるのではと考えました。もう一つは、苛烈なスタントやアクション、スピードなどは、誇張された部分も楽しいので、それは限界まで挑んで、娯楽作としての要素も大切にしました。この二つは違うイマジネーションを使うので、とても楽しい作業でした。そのコンビネーションを大事にしました。

-初代のハン・ソロを演じたハリソン・フォードから、何か言葉はありましたか。

 彼とは「誰にも話さない」と約束したのですが…(笑)。「ハン・ソロというキャラクターは逆説的な側面があるよね」という話はしました。彼は自信たっぷりなふるまいをするけれど、深い感情を抱えていて、それが行動に表れます。だからユーモアがあるし、ソウルフルな、人間的なキャラクターだと感じさせるのです。ハリソンもそうですが、『アメリカン・グラフィティ』の体験はとてもすてきなものだったので、参加した人はみんな、何年も会っていなくても、再会したときは互いに笑顔になれるような関係です。

-では、最後に映画の見どころと、日本の観客に向けて一言お願いします。

 この映画は、今まで『スター・ウォーズ』の映画を一本も見たことがないという人が見ても楽しめると思います。初めて見るという人には最高の一本になると思います。他の『スター・ウォーズ』映画が大好きだという人にとっても、ハン・ソロの性格は、どんなところから形成されていったのかを知ることは、とても楽しいと思います。脚本家たちが“新旧のハン・ソロ”をうまくつなげましたから、どちらの面から見ても楽しいと思います。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top