若きハン・ソロ演じるオールデン・エアエンライク初来日 ミレニアム・ファルコン号に「ワクワクドキドキ」

2018年6月13日 / 11:07

初来日したオールデン・エアエンライク

 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のジャパンプレミアが12日に都内で行われ、主役のハン・ソロを演じるオールデン・エアエンライク、ハン・ソロの相棒役のチューバッカ、ロン・ハワード監督、日本人ゲストとして及川光博、宇宙飛行士の野口聡一氏、お笑いコンビ・ミキ(昴生・亜生)が出席した。

 本作は『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの、若き日を描いたアクション映画。生涯の友となるチューバッカとの出会いや冒険を描く。

 初来日のオールデンは、日本の熱狂的なファンに迎えられ「ずっと来たかったので嬉しいです」とあいさつ。隣でチューバッカが鳴き声を上げると、客席にいるチューバッカのコスプレをしたファンを指して「そこにいるチューバッカにもあいさつしたようだ」とユーモラスに代弁した。

 ハン・ソロは、シリーズを通してハリソン・フォードが演じた人気キャラクター。ロン監督は「ハリソンから、『今回は、オールデンが自分のハン・ソロを演じられるように背中を押してほしい』と言われた」とコメント。オールデンは「子どもの頃は彼のカウボーイ的なところがとても好きだったが、実際に演じてみるととても人間的なところが魅力的だと感じた。『スター・ウォーズ』の中で最も人間的なキャラクターだと思う」と話した。オールデンはハリソンが本作を2回鑑賞したことを紹介し「とても気に入ってくださり、温かい言葉をたくさんいただいた」とハリソンのお墨付きであることも紹介した。

 また、宇宙船「ミレニアム・ファルコン」のコクピットに初めて座った時の気持ちを聞かれたオールデンは、「最高の気分。ワクワクドキドキしました」と楽しそうに振り返った。

 『スター・ウォーズ』シリーズは、日本の影響を受けていることでも知られる。ロン監督は本作について「出てくる孤高の戦士というキャラクターも侍を思わせるところがあるし、ベケットというキャラクターとハン・ソロが師弟関係というところも、日本文化的。また、悪役であるドライデン・ヴォスのヨットのパーティーシーンで素晴しいファッションが見られるが、その場面の女性のドレスや男性のスーツは日本の影響を受けている」と説明した。

 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日から全国で公開。

(左から)ロン・ハワード監督、オールデン・エアエンライク、チューバッカ


芸能ニュースNEWS

吉田羊“戦友”松永大司監督に感謝 「女優としての原点に立ち返らされた」

映画2018年10月20日

 映画『ハナレイ・ベイ』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、佐野玲於、村上虹郎と松永大司監督が登壇した。  本作は、村上春樹氏の短編小説集『東京奇譚集』に収録された同名小説を映画化。ハワイにたたずむ美しき湾・ハ … 続きを読む

宮野真守「歴史的瞬間に立ち会えた」 『はいからさんが通る』結末までを初アニメ化

映画2018年10月20日

 『劇場版 はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~』の舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優の早見沙織、宮野真守、櫻井孝宏、坂本真綾が出席した。  本作は、大和和紀氏の人気漫画『はいからさんが通る』を映画化した劇場版アニメ2部作 … 続きを読む

佐藤健「一生さんは他人に興味がない人なのかな?」 高橋一生「健くんはずっと怒っているのかな?」

映画2018年10月20日

 映画『億男』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也と大友啓史監督が登壇した。  本作は“お金と幸せのあり方”を問うマネーエンターテインメント。佐藤が3億 … 続きを読む

須賀健太、誕生日のサプライズに「号泣した」 演劇「ハイキュー!!」卒業に「最後まで走り抜けたい」

舞台・ミュージカル2018年10月20日

 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“最強の場所(チーム)”の囲み取材が19日、東京都内で行われ、出演者の須賀健太、影山達也、遊馬晃祐、有田賢史ほかが登壇した。  本作は、古舘春一氏の漫画『ハイキュー!!』を原作に、バレーボール … 続きを読む

小栗有以「アクションシーンに注目して」 舞台版「マジムリ学園」を岡田奈々らとアピール

舞台・ミュージカル2018年10月19日

 舞台版「マジムリ学園」の初日前会見&公開GPが19日、東京都内で行われ、出演者でAKB48グループの小栗有以、岡田奈々、横山由依、武藤十夢、太田奈緒ほかが登場した。  日本テレビで放送された同名ドラマを舞台化した本作は、ニュータウン・ユー … 続きを読む

page top