「運命ですよね!」自身と同名キャラクターに驚喜!ブッチャーとの恋にも期待!? 奈緒(木田原菜生)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月26日 / 14:35

 永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛(すずめ)の幼なじみで、町の洋品店「おしゃれ木田原」の一人娘・木田原菜生(きだはら・なお)役を演じている女優の奈緒。福岡から上京して3年、「まれ」、「わろてんか」に次ぐ3回目の朝ドラオーディションに合格して、自身と同じ響きの名前の役を演じられることを「運命」と喜ぶ奈緒が、朝ドラ初出演への意気込みや、役への思い、撮影時のエピソードなどを、うれしそうに語ってくれた。

木田原菜生役の奈緒

-朝ドラ初出演のお気持ちは。

 上京して3年ですが、今までで一番大きな仕事なので、信じられない気持ちや、緊張、東京に出て来て良かったなという安心とか、いろんな感情がごちゃ混ぜになっています。発表されたときは、母が泣いて喜んでくれました。

-3回目のオーディションで手にした“朝ドラ女優”の称号にプレッシャーを感じましたか。

 プレッシャーよりも楽しみの方が大きかったです。顔合わせのときに、すごい人数の関係者がいらっしゃって驚きましたが、これだけの人が携わっている作品だと考えると心強かったし、みんなで作るものだから頼りたいときは頼ろうと思いました。

-本名と役名が同じ「なお」であることについてはどうでしょうか。

 運命ですよね! オーディションを受けたときから名前が一緒なので、すごくやりたいと思いました。今は、普通のときも、撮影のときも「なおちゃん」と呼ばれるので不思議ですが、この名前が好きなので、すごくうれしいです。私とは、この作品で「初めまして」の人が多いと思うので、たくさんの人に覚えてもらいたいです。

-役柄で自分と似ているところはありますか。

 自分の話よりみんなの話にワクワクしたり、みんなの声を聞くことが好きなところは私に近いけど、素直じゃなかったり、強がったり、言いたいことが言えないところは、なんでもすぐに言っちゃう私とは違うかな。でも、そういう部分を、鈴愛を支えたいというお姉さん的な気持ちから生まれるものだと考えると、いじらしくてかわいいなと思います。

-撮影前にはどのような準備をしましたか。

 方言での芝居をしたことがなく、一番の心配はそこだったので、最初は岐阜弁でしゃべっている動画を探して見ていましたが、ドラマオリジナルの方言も含まれると聞いたので、勉強することで逆に変になるかなと思い、途中でやめました。それからは、高校生の頃の自分を取り戻そうと、当時を思い出しながら過ごしていました。

-実際に演じる際、特に意識していることは何ですか。

 一番手放したくないのは、鈴愛を好きな気持ちや4人(鈴愛、菜生、律/佐藤健、ブッチャー/矢本悠馬)でいる時間が好きという気持ち。なので、菜生よりも鈴愛のことを考えている時間が多いし、台本も4人のところをすごく読んでしまいます。

-永野さんも4人のシーンが楽しいと話していました。

 えー、うれしい! 私もすごく楽しいです。カメラが回っていないときの、4人で普通に話しているときの空気感が撮影中にも出て、リアルな友達感が表れていると思います。

-菜生にとって鈴愛はどういう存在なのでしょうか。

 鈴愛が頑張っていたり、幸せだったりしたら、自分も頑張れたり、幸せになれたりするから、幼なじみというよりは、大好きな家族の一人です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top