「運命ですよね!」自身と同名キャラクターに驚喜!ブッチャーとの恋にも期待!? 奈緒(木田原菜生)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月26日 / 14:35

 永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛(すずめ)の幼なじみで、町の洋品店「おしゃれ木田原」の一人娘・木田原菜生(きだはら・なお)役を演じている女優の奈緒。福岡から上京して3年、「まれ」、「わろてんか」に次ぐ3回目の朝ドラオーディションに合格して、自身と同じ響きの名前の役を演じられることを「運命」と喜ぶ奈緒が、朝ドラ初出演への意気込みや、役への思い、撮影時のエピソードなどを、うれしそうに語ってくれた。

木田原菜生役の奈緒

-朝ドラ初出演のお気持ちは。

 上京して3年ですが、今までで一番大きな仕事なので、信じられない気持ちや、緊張、東京に出て来て良かったなという安心とか、いろんな感情がごちゃ混ぜになっています。発表されたときは、母が泣いて喜んでくれました。

-3回目のオーディションで手にした“朝ドラ女優”の称号にプレッシャーを感じましたか。

 プレッシャーよりも楽しみの方が大きかったです。顔合わせのときに、すごい人数の関係者がいらっしゃって驚きましたが、これだけの人が携わっている作品だと考えると心強かったし、みんなで作るものだから頼りたいときは頼ろうと思いました。

-本名と役名が同じ「なお」であることについてはどうでしょうか。

 運命ですよね! オーディションを受けたときから名前が一緒なので、すごくやりたいと思いました。今は、普通のときも、撮影のときも「なおちゃん」と呼ばれるので不思議ですが、この名前が好きなので、すごくうれしいです。私とは、この作品で「初めまして」の人が多いと思うので、たくさんの人に覚えてもらいたいです。

-役柄で自分と似ているところはありますか。

 自分の話よりみんなの話にワクワクしたり、みんなの声を聞くことが好きなところは私に近いけど、素直じゃなかったり、強がったり、言いたいことが言えないところは、なんでもすぐに言っちゃう私とは違うかな。でも、そういう部分を、鈴愛を支えたいというお姉さん的な気持ちから生まれるものだと考えると、いじらしくてかわいいなと思います。

-撮影前にはどのような準備をしましたか。

 方言での芝居をしたことがなく、一番の心配はそこだったので、最初は岐阜弁でしゃべっている動画を探して見ていましたが、ドラマオリジナルの方言も含まれると聞いたので、勉強することで逆に変になるかなと思い、途中でやめました。それからは、高校生の頃の自分を取り戻そうと、当時を思い出しながら過ごしていました。

-実際に演じる際、特に意識していることは何ですか。

 一番手放したくないのは、鈴愛を好きな気持ちや4人(鈴愛、菜生、律/佐藤健、ブッチャー/矢本悠馬)でいる時間が好きという気持ち。なので、菜生よりも鈴愛のことを考えている時間が多いし、台本も4人のところをすごく読んでしまいます。

-永野さんも4人のシーンが楽しいと話していました。

 えー、うれしい! 私もすごく楽しいです。カメラが回っていないときの、4人で普通に話しているときの空気感が撮影中にも出て、リアルな友達感が表れていると思います。

-菜生にとって鈴愛はどういう存在なのでしょうか。

 鈴愛が頑張っていたり、幸せだったりしたら、自分も頑張れたり、幸せになれたりするから、幼なじみというよりは、大好きな家族の一人です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top