ほぼ感覚だけで岐阜ことばを操る永野芽郁に驚きと脱力感… 尾関伸次(岐阜ことば指導/高校教師・山田先生役)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月27日 / 08:35

 岐阜県東部の架空の町・梟(ふくろう)町を舞台にした本作で、岐阜ことば指導を担当するほか、鈴愛(永野芽郁)たちが通う高校の担任・山田先生役で出演もしている俳優の尾関伸次。田舎と東京を舞台にすることが多い朝ドラでは方言指導は必要不可欠だが、指導者の仕事ぶりはあまり知られてない。そこで、そのかわいさにも注目が集まっている方言指導の流れや、生徒としての出演者たちの様子などを聞いた。

岐阜ことば指導/高校教師・山田先生役の尾関伸次

-役者でもある尾関さんが岐阜ことばの指導をするに至った経緯は?

 実は、岐阜県東濃地方を舞台にしたドラマが始まるということで、僕がその方面の土岐市出身ということもあり、勝田(夏子)プロデューサーに「出演したい」と話していたんです。最初は、ヒロインの永野さんに合わせて女性で探していますということだったんですが、東濃地方の方言ができる人がいないということで、勝田さんから「出演は分からないけど、ことば指導でどうですか?」という話を頂き、岐阜ロケの10月20日から指導をすることになりました。

-尾関さんは現在38歳ですが、2003年に上京されていますよね。標準語に慣れると、方言をうまく話せなくなる方もいますが、そのような苦労はありませんでしたか。

 役者の仕事を始めるときに、事務所の社長に「すごくなまっているから直しなさい」と言われて、極力方言を使わないようにしてきたので、その15年後に、今度は「方言を出してください」と言われても…という思いはありましたが(笑)、そんなに大変ではなかったです。仕事で岐阜に帰る機会は多いし、そのときは自然と岐阜ことばが出るし、割とマザコンで、おかあさんと電話で話すので、よく使っています(笑)。

-現場での方言指導の流れを教えてください。

 まずは台本で岐阜ことばが出てくるところを全てチェックして、演者さんにそのイントネーションの音源を渡すための吹き込み作業をします。それを演出部から俳優部に渡してもらいます。そして、月曜日のリハーサルの本読みで皆さんのイントネーションなどをチェックして、さらに撮影現場に立ち会って微調整をします。なので、鈴愛ちゃんのシーンが朝、晴(松雪泰子)さんのシーンが夜だったら、僕は1日中セットの中にいます。

-今回はキャラクターによって方言の強弱が違いますが、どのように工夫されていますか。

 これは僕ではなく、北川(悦吏子)さんによる台本の時点で違っています。律(佐藤健)はとっぽい男の子がしゃべるような岐阜ことばではなく、中流階級の少し気取ったイメージなので、語尾にしか方言は出てきません。逆に鈴愛ちゃんは、リアクションから何から全て、僕の田舎の同級生みたいな濃い目のことばで書かれています。

-2人の習得ぶりはどうでしょうか。

 素晴らしいです。律くんは完璧主義者なのか、細かい語尾のイントネーションやアクセントを気にして、そこは標準語でいいかなと思うようなところでも、「ここも方言の方がいいですか?」と相談しに来たりします。鈴愛ちゃんは1月の会見のときに自画自賛していたように、本当にすごいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top